クロノセルの肝斑に対しての口コミや効果まとめ!シミが消えた方の特徴とは?

肝斑はお顔の印象を大きく変えることもあり、悩んでいる方って多いですよね。

それに、肝斑治療と調べると、高額な美容皮膚科のレーザー治療がいくつも出てきて困っている方も多いのではないでしょうか?

そのような方に向けて、肝斑治療への効果が期待できる自宅ケアとして注目されているクロノセルという土台美容液についてご紹介していきます!

▼この記事を読むと以下の疑問を解決できるよ▼

  • クロノセルって肝斑に聞くの?口コミは?
  • クロノセルに配合されているヒト幹細胞エキスってなに?
  • クロノセルはくすみや乾燥にも効果ある?
  • クロノセルの美肌菌とは?

ぜひ最後までお付き合いくださいね!

目次

クロノセルの肝斑に対しての効果は?

クロノセルは肝斑に効くの?

早速ですが、クロノセルは肝斑に効くかどうかについてお話します。

結論から申し上げますと、クロノセルは肝斑への効果が期待できると言えます!

その根拠となる口コミや原理を見ていきましょう!

クロノセルの肝斑やシミに対しての効果や口コミはある?

まずは根拠となる効果への口コミをご紹介します!

自分へのご褒美にと買いましたが、できてきていた肝斑やシミが使うごとに薄くなってきました!

https://www.cosme.net/product/product_id/10182400/review/508842021

クロノセルを塗ると毛穴も目立たなくなりました。

もちろんシミも段々目立たなくなり、ほとんど目立たなくなりました。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R13O7JSS5CE4DW/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07PSGCFN8

このように口コミでも肝斑やシミに実際に効果を感じている方がいるようです♪

クロノセルを使ってシミが消えた方の声は?

シミが消える原理とクロノセルの成分に関係は?

クロノセルを使ってシミが消えた方の声から、だんだん薄くなってきたことが多いことが分かりました。

ここではシミが消える原理とクロノセルの成分の関係について解説します!

シミとは外部要因や加齢によって深層部にできたメラニン細胞をターンオーバーで取り除くことが出来ず、沈着し続けていることです。

そのため、ターンオーバーを正常に戻してメラニンを排出するか、メラニンの合成を抑制することによりそもそもメラニンを作る細胞を減少させてしまうことが有効です。

シミが消える原理
・低下したターンオーバーを正常に戻すことでメラニンを排出する
・メラニンの合成を抑制することでメラニンの産生細胞を減少させる

クロノセルには、ターンオーバーを正常化するための成長因子が3種類も配合されています!

クロノセルに含まれる成長因子

  1. EGF(ヒトオリゴペプチド‐1)…人間が元々持っているもので、肌を整える機能がある
  2. FGF (ヒトオリゴペプチド‐13)…傷の修復など肌の細胞分裂に大きくかかわる
  3. IGF(合成ヒト遺伝子組替ポリペプチド‐31)…ハリや弾力を生み出す

これらの成長因子でターンオーバーを正常化し、メラニン排出によるシミ改善が期待できます♪

また、クロノセルにはメラニン色素の合成を抑制するハイドロキノンという成分が配合されています。

このハイドロキノンによってメラニンの産生細胞を減少させ、シミの減少を期待できるというわけです!

シミが消える原理とクロノセルの成分の関係
・クロノセルに含まれる3種類の成長因子でターンオーバーを正常化し、シミ改善が期待できる
・クロノセルに含まれるハイドロキノンでメラニンの産生細胞を減少させることで、シミの減少を期待できる

クロノセルがうたう3種のヒト幹細胞エキスって?

これまでクロノセルが肝斑やシミに効果があることをお伝えしてきました。しかし、クロノセルには他にも魅力的な成分が含まれています。

それは3種のヒト幹細胞エキスと美肌菌です。

ここでは、まず3種のヒト幹細胞エキスについて解説していきます。

ヒト脂肪細胞順化培養液

この成分は上記で説明した、成長因子の分泌を最も促してくれる培養液です。

クロノセルを使用することで、成長因子を直接取り込むだけでなく、成長因子を自ら分泌する手助けをしてくれるということですね♪

これによりシミや肝斑への効果がますます期待できそうです!

ヒト繊維芽細胞順化培養液

この成分は、美肌には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を肌内で生成するよう促してくれる培養液です。

コラーゲンは肌のハリと弾力、ヒアルロン酸は水分量に大きくかかわるのでこれらの成分を促してくれるのはうれしいですね。

ヒト骨髄細胞順化培養液

この成分は、傷や損傷などを修復してくれる細胞に命令を出してくれるものです

この成分は自体は何も対策しなければ10代のころから減少し、年を重ねるごとに傷やニキビ跡が治りにくくなる要因の一つともいわれています。

この培養液を使用することが肌の修復につながるので、エイジングエアにもつながります!

このようにクロノセルにはくすみや肝斑以外にもエイジングケアや美肌効果も期待できます。

他にもくすみや乾燥にも効果的であると言えます、その理由を具体的に見ていきましょう!

クロノセルがくすみや乾燥に効く理由とは?

くすみの原因として、メラニンやターンオーバーの乱れ、乾燥があげられます。

メラニンとターンオーバーの乱れはクロノセルに配合されているハイドロキノンによるメラニンの産生細胞の減少、3種の成長因子によるターンオーバーの正常化によって改善が期待できます。

クロノセルには保湿成分のヒアルロン酸やサクランが含まれています

また、土台美容液なので、後の化粧水の浸透率を高めてくれるため、乾燥対策にもなります!

クロノセルは乾燥肌に潤いの効果も?

それでは一時的な乾燥ではなく、慢性的に乾燥状態になっている乾燥肌への効果はどうでしょうか。

結論から言いますと、乾燥肌にも効果が期待できます!

その理由は、クロノセルのヒト幹細胞エキスの一つ、ヒト繊維芽細胞順化培養液によるヒアルロン酸の生成促進です。

一時的に保湿成分を取り入れる従来の基礎化粧品とは異なり、肌が自らヒアルロン酸を生成するようにしてくれるため、効果が期待できるというわけです。

クロノセルにある美肌菌と乳酸菌との関係は?

美肌菌とは表皮ブドウ球菌のことで、美肌菌を増やすことによって肌の中にグリセリンが増加します。

このグリセリンは肌の潤いを保ち、皮膚の角質から水分が蒸発しにくくなるため、乾燥による肌荒れを防いでくれます。

また、腸内環境が整うと美肌菌も整うと言われています。

腸内環境を整えるためには、乳酸菌が重要で乳酸菌により腸内の善玉菌を増やすことが美肌菌の安定につながります!

美肌菌と乳酸菌という二つの菌による菌活で美肌になっていきましょう!

まとめ:クロノセルの成分による効果

クロノセルの成分とその効果についてまとめます。

・3種の成長因子でターンオーバーの正常化、ハイドロキノンのメラニン産生細胞減少によるシミ、くすみの改善
・3種のヒト幹細胞エキスによる肌質改善、エイジングケア
・美肌菌、ヒアルロン酸、サクランによる乾燥や肌トラブルの改善

いかがでしょうか。クロノセルが様々な肌のお悩みの改善に期待できる製品であることが分かりましたね!

あなたも肌のお悩みや肌質改善のためにクロノセルを使用してはいかがでしょうか。

今回は、クロノセルの成分や口コミ、効果についてまとめました。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる