2016年12月7日 更新

抜けない!剃れない!お手上げの「埋没毛」…ムダ毛処理する前に知っておくべき埋没毛の原因と対策

抜けない!剃れない!お手上げの「埋没毛」…ムダ毛処理する前に知っておくべき埋没毛の原因と対策

これから暑くなると、半袖や袖なしのワンピース、またデコルテや背中も大きく開いたチューブトップドレスなど、肌の露出がいっそう増えますよね。そこで気になるのが、ムダ毛のお手入れ。電動シェーバーやカミソリ、ブラジリアンワックスなど、さまざまな除毛・脱毛アイテムがありますが、それでもまだ皮膚に残ってしまう「埋没毛」について、その原因と対策をご紹介します。

ファッションも、肌の露出が増えるこれからの季節、ムダ毛の処理は必須ですよね。カミソリや電動シェーバーで除毛するのが一般的かもしれませんが、最近は、ブラジリアンワックスなどを使用して、デリケートゾーンの脱毛を自分でトライする女性も増えているそうです。

いろいろなアイテムが登場し、サロンやクリニックを訪れなくても、自分である程度ケアできるムダ毛の処理ですが、いろんなツールを用いても難しいのが「埋没毛」の対策です。

そこで今回は「埋没毛」について説明し、その原因と予防法をご紹介します。

「埋没毛」とはどんなもの?

埋没毛(まいぼつもう)、それは皮膚の内部で育ってしまう毛のことを意味します。毛が強くて太い、デリケートゾーンの皮膚に多く見られるかもしれませんね。

埋没毛といっても厳密には2タイプあります。毛穴の中で育ってしまう埋没毛と、肌の下にある皮膚の間で育ってしまう埋没毛があります。

埋没毛が生まれる原因とは?

肌の表面から見ると、ボツボツと黒い斑点のように見えるかもしれません。

この埋没毛は一体なぜできてしまうのでしょうか。それは、自分自身でムダ毛処理をすることで、残念にも生まれてしまうんです。Vライン、デリケートゾーンをはじめ、両脇、スネにも埋没毛がよく発生すると思います。

①カミソリでムダ毛を処理するとできやすい

埋没毛は自分自身でムダ毛の処理をすると出来やすいことをお伝えしました。では、具体的にはどうしてムダ毛の自己処理で埋没毛が生まれやすいのでしょうか?

それは、カミソリなどは特に肌表面を傷つけてしまうことで毛穴が塞がってしまうことが多々あります。そのため、本来肌から顔を出すはずの毛が中途半端なところで切れてしまうのです。毛は毛穴の奥で伸び始める時毛先が鋭く尖っていると、皮膚にそのまま毛が突き刺さった状態で伸びてしまいます。

また、カミソリやシェーバーなどの強い刺激を皮膚に与えることで毛穴が閉じてしまい、必然的に皮膚の中で育ってしまう毛が生まれてくるのも原因です。

入浴時にカミソリで毛を剃るのも大きな原因のひとつ

入浴時はお湯で肌が温まっている状態ですよね。その状態でムダ毛処理をすると、お湯によりふやけた皮膚がはがれやすくなり、カミソリ負けを起こしてしまうことも。すると、その傷から雑菌が入り込んで、炎症になりやすいのです。

さらに、カミソリでムダ毛を剃ると、皮膚表面の必要な角質まで剃ってしまうことが多々あります。カミソリで剃った後に、肌がカサカサしたり赤みやかゆみがあるのはこのためです。

このように、肌が弱まった状態が続くと、余計に埋没毛ができやすくなります。埋没毛を増やしたくない場合は、カミソリの使用はあまりおすすめできないのです。

②毛抜きでムダ毛を抜く行為

ワキの下やデリケートゾーンに生えてくる強くて太い毛。その部分をシェーバーではなく、ピンセット(毛抜き)などで抜こうとする女性も多いはず。しかし、これも残念なことに、毛抜きで除毛する行為はかえって埋没毛を増やす結果に。

まず、抜け落ちる前のムダ毛を無理矢理抜こうとするため、毛穴周りの皮膚が毛と一緒に引っ張られ、根っこから出血したり炎症を招いてしまいます。

また、脱毛ワックスやテープ等も同様です。ムダ毛を無理矢理に引き抜く行為には変わりがないので、それらのムダ毛処理もまた、埋没毛ができやすくなってしまうのです。

埋没毛ができてしまった時のケア

では、実際に埋没毛ができてしまったら、まず、自分で行える範囲のケアをお伝えしましょう。

埋没毛ができてしまったら、まず肌の代謝を上げる、つまりお肌の再生を促すようなケアを行うことです。肌の再生サイクルが早まると、自然と毛も肌の外に出やすくなりますよね。

肌の代謝を上げるには、ゆっくりとぬるめのお風呂に浸かる、または軽い運動やお肌のマッサージがおすすめです。そして、毛がある程度肌表面に顔を出したら、針を火であぶり殺菌消毒を行ったうえで毛を引っ張り出してみてください。

その際に気をつけたいのは、絶対に血が出るまで強く行わないこと。出血してしまったら逆効果で、自分で除去する自信がないときは時が解決するまで待つしかありません。

ボツボツと目立ってしまう埋没毛のない素肌を目指しましょう!

自分で安易に行うムダ毛処理が、埋没毛を増やしてしまう原因になっていたのがわかったはず。カミソリもワックスもダメなら、何で処理すればいいの?という声が聴こえてきそうです。

これからの季節、埋没毛が出来やすいワキの下やVゾーンの脱毛はとても気になるところ。しっかりと脱毛されたい場合は、しっかりとした医療クリニックでの施術がベストかもしれません。

厄介な埋没毛は、できてしまうと、肌表面に見えるそのボツボツは大変目につくし、実際に目立ちます。できるだけ埋没毛を作らない、原因を招かない、そんな毎日を心がけたいものですね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ハンガリー在住コラムニスト ネイル・コスメブランド “Moyra” プレス。ハンガリー情報ウェブササイト“FinoMagazin”(フィノマガジン)編集長。Yahoo! Beauty &TRILLライター、住まいの大学インテリア講師、ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定ハイアー・サーティフケート)、コピーライター、ディレクター...
抜けない!剃れない!お手上げの「埋没毛」…ムダ毛処理する前に知っておくべき埋没毛の原因と対策
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

Papp Hidekoさんの新着コラム

Nail

byPapp Hideko

2017年の干支ネイルは意外と簡単?新春を寿ぐ超繊細“バード”ネイルの作り方

2017年は酉年。干支であればニワトリのイメージですが、今回は縁起物の干支にちなんだ、“トリ”模様、“バード”を集めてみました。しかも、いずれも少し練習すれば自分でできてしまうものばかり。早速、ご紹介していきますね。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by遠山 久美子

暑くなると肌の「テカリ」気になりませんか?「テカリ」の原因と対処方法をご紹...

暑くなると、顔や肌などがすぐにテカテカになってしまいますよね。テカリの原因から対処方法までを徹底解明します。

Body Care

byPapp Hideko

お水大好き♡美肌女性が多いハンガリーから【炭酸水洗顔】のススメ

ハンガリー人はものすごく水が大好き!その理由は、一時、水が健康に良いというイメージが世界的に広まったためです。単純な理由ですが、ハンガリーの人々はいつも炭酸水をよく飲みます。この炭酸水、実は美容効果がとても高いことで知られています!

Skin Care

by花田 真理

正しく理解しよう!ニキビと吹き出物・大人ニキビの違いについて

ニキビは思春期にできるものと思われがちですが、最近は大人になってもニキビで悩む人がいます。 ニキビといっても原因は様々。正しいケアをしないと逆に悪化することも考えられます。 今回はニキビと吹き出物・大人ニキビの違いについてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す