2016年12月7日 更新

クマができちゃった…そんなときはどのような対策をしたら良いの?

クマができちゃった…そんなときはどのような対策をしたら良いの?

目の下のクマは、目立ってしまいたちまちお疲れ顔にみえてしまいます。一刻も早く改善させたいですよね。クマには3種類あります。そのタイプ別に、効果的な対策方法をご紹介します。

クマには3種類あった!あなたはどのタイプ?

クマには色素沈着型の茶クマ、たるみ型の黒クマ、血行不良がたの青くマがあります。目の下にクマがあるからといって、そのタイプを見極めないと正しいケアができません。というのも、クマのタイプ別にケア方法が異なるからです。
まずは、あなたのクマがどのタイプかをきちんと把握しておきましょう。

茶クマタイプ

・メイクはアイメイク重視
・ポイントリムーバーを使わずにクレンジングをしている
・目がよく痒くなる
・シミやそばかすができやすい
・アウトドアが好き
・クマを引っ張っても上を向いても薄くならない

黒クマタイプ

・ほうれい線が気になる
・目元のたるみやシワが気になる
・目元専用美容液を使っていない
・目元が乾燥しやすい
・肌がくすんでいる
・上を向くとクマが薄くなる

青クマタイプ

・毎日長時間パソコンに向かう
・寝不足気味
・疲れがなかなか取れない
・冷え性
・運動はほとんどしない
・目尻を横に引っ張るとクマが薄くなる
・毎日クマの濃さが違う

以上がクマの見分け方です。あなたはどのタイプでしたか?これからタイプごとに対策方法をご紹介します。早くクマを治せるよう努力しましょう。

必見!クマのタイプ別原因と対策

茶クマタイプ

原因は、シミが集まって茶色く見えたり、目への摩擦で色素沈着や角質肥厚が起こったりするところにあります。メラニンによって茶色く見えている状態です。対策としては、美白ケアがおすすめです。ビタミンC誘導体などが入った化粧水や目元専用美容液を使ってみましょう。また、アイメイクはポイントリムーバーを使って優しく落とし、擦らないことが大切です。UVケア用品で目元も紫外線対策を念入りに行いましょう。

黒クマタイプ

加齢とともにハリや弾力が低下し、目の下に凹凸ができてしまっていることが原因です。さらに、もう一つの原因として、眼輪筋が衰えて眼窩脂肪がずり下がり、下まぶたにヘルニアを起こしていることも挙げられます。影ができて黒く見えてしまっています。むくみも加わるとさらに目立ちます。
このタイプの方は、眼輪筋トレーニングをしてみましょう。瞳だけを上下左右に動かすのです。塩分や冷たい飲み物を控え、むくみ対策をするのも有効だと言えるでしょう。

青クマタイプ

目の周りの毛細血管の血流が滞ったり、目が疲れたりしていることが原因として挙げられます。また、冷えや寝不足も大敵です。滞った血液が、目の下の薄い皮膚を通して青黒く見えてしまうのです。
対策は血行促進と温めケアをしましょう。血行を良くするため、ツボを押してみるのもおすすめです。睡眠をしっかりと取り、目を酷使しない生活を心がけてください。カプサイシンなど、血行を促進する成分が入った化粧品を使ってみてください。炭酸パックやホットアイマスクもおすすめです。

放っておくともっと酷くなるかも!早めの対策をしましょう

まぶたの厚さ、彫りの深さなどで個人差はありますが、どのタイプにクマも、年齢とともに目立ちやすくなります。

眼球の周りはクッションのような役割を果たす、柔らかい脂肪で覆われています。また、まぶたには汗腺がなく、皮脂腺も少ないです。角層も薄いので乾燥しやすく神経も敏感。さらに、瞬きで常に動く部分でもありますよね。このことから、シワやたるみができやすいです。さらに、まぶたはメラノサイトが盛んな場所のため、色素沈着も起きやすいと言えます。
つまり、どのタイプもクマはできやすいので、クマがない方はしっかりと予防をしておくことが大切なのです。目元のUVケアをしておく、強く擦らない、アンチエイジングケアをしておく、規則正しい生活をする、などです。
クマができてしまっている方は、まず自分のタイプを見極め、それに合った対策をきちんとしましょう。正しい対処をしないともっと酷くなり、自力で治すことが難しくなってきます。特に、黒クマタイプの方は化粧品ではケアに限界がきやすく、美容外科に行くことになるかもしれません。そうなる前に、お家でケアをして早めに治してしまいましょう。クマがあると疲れた印象になるだけでなく、老けても見られます。元気で若々しい表情を保ってくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
クマができちゃった…そんなときはどのような対策をしたら良いの?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by大島 有希

ちゃんと知っている?日焼け止めの正しい選び方と使い方【前編】

紫外線は4月から一気に増え始めるといわれていますが、日焼け止めはもうしっかり塗っていますか? 「とりあえず塗っているけど肌にいいの?」「どうやって選べばいいのか本当はよくわからない」「塗っているのに毎年日焼けをしてしまう…」そんな疑問に対するお答えをここではまとめてお伝えします。

by西田 彩花

メイクの仕上がりを左右するのはマッサージ!?むくみ解消やリフトアップ効果の...

朝起きて、顔を洗って、スキンケアをして…その後すぐにメイクをしていませんか?起きたてのときは、お顔がむくんでいてお疲れ顔に見えてしまうことがあります。そのままメイクをすると仕上がりも上手くいきません。マッサージをしてからメイクに取り掛かることをおすすめします。

Body Care

by軽部 幸菜

ザ・ボディショップと日本の伝統が生んだボディケアの「お作法」とは?

日本上陸25周年を迎えるザ・ボディショップから、日本の伝統と美意識にインスパイアされた新ボディケアシリーズ「フジグリーンティ」誕生!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す