2016年12月7日 更新

かわいくピンクアイシャドウを施したい!まぶたが腫れぼったくならないコツとは?

かわいくピンクアイシャドウを施したい!まぶたが腫れぼったくならないコツとは?

ピンクのアイシャドウでかわいらしいメイクをしたい気分の日もありますよね。でも、ピンクのアイシャドウは目が腫れぼったく見えてしまいがち。そこで、上手なピンクアイメイクの方法を紹介します。

ピンクメイクのよいところはどんなところ?

ピンクのアイシャドウはかわいらしい印象にしたいときに使いたいですが、実は、ほかにもよいところがあります。

血管が透けるとほんのりピンクに見えますよね。
これを利用して、血色の良さをアピールし、健康的かつナチュラルな印象に見せられるのです。
血色が良く見えると、顔色も明るく見えます。つまり、元気な印象にもなれるのです。
また、くすみをカバーして疲労感のないお顔に見せてくれる効果も期待できます。

こんなによいことづくしのメイクなら、上手に取り入れたいですよね。
それでは、ピンクアイシャドウを使うコツを押さえてみましょう。

ピンクアイシャドウの選び方

「ピンクアイシャドウ」と一口にいっても、色味はさまざまです。
腫れぼったく見せないためには、明るくてパール感が強いものを選ぶとよいでしょう。

アイシャドウパレットを選ぶ際は、ハイライト効果のあるベージュや締め色になるブラウンがセットされたものを選ぶのがベターです。

ブルーベースの方は青みがかったピンク、イエローベースの方は黄みがかったピンクを選びましょう。
肌なじみがよい方が、腫れぼったさを回避しやすいのです。

まぶた全体に円を描くようにして塗ってみましょう

まずは、ハイライトとなるベージュをまぶた全体にのせます。
このひと手間が、くすみを飛ばして肌なじみを良く見せることにつながります。

次に、ピンクアイシャドウを大きめのチップに取ってください。チップを大きめにすることが、ムラなくのせるコツです。
ピンクアイシャドウを塗った部分にムラがあると、濃く塗ってしまった部分が腫れぼったく見えてしまう原因になる可能性があります。

ポイントは、まぶたの眼球の幅に円を描くようにして塗ることです。
円みを意識しながら塗ると、自然な立体感が生まれます。

そして、先ほどのせたピンクを二重幅全体と下まぶたの目尻側1/3に塗ります。
上まぶたは、目頭のまつ毛が生えている部分までしっかりと塗りましょう。

最後に、アイラインを引く感覚でブラウンアイシャドウで引き締めてください。
まつ毛のキワにのせるようにして塗りましょう。
目を開いてブラウンが見える程度が理想的です。

一重や奥二重の方はポイントづかいするのがコツです

一重や奥二重の方がピンクのアイシャドウを使うと、まぶたが膨張して目が小さく見えてしまう可能性があります。
自然に目力をアップさせるためには、ポイントづかいをおすすめします。

まず、ベージュとブラウンでまぶたにグラデーションを作ります。
その後で上まぶた目尻の1/3にピンクアイシャドウを塗るのです。

アイホールの目尻側から目のキワに向かって、チップを下ろすように塗ってみてください。
そして、指でなじませると自然な仕上がりになるはずです。
ポイントづかいするとまぶた全体が腫れぼったくなりにくく、さりげなくピンクを見せることができます。

ピンクの下まぶたメイクもアクセントになります

ピンクメイクは、上まぶたにだけ施すものではありません。
下まぶたにも似合い、かわいらしくなれるメイク術です。
上まぶたよりも、腫れぼったくなりにくいのも利点ですよ。

下まぶたにピンクアイシャドウを入れる場合は、目尻側2/3程度にしましょう。
塗る前に、綿棒で汚れを取っておくと発色が良くなります。
残りの1/3はベージュアイシャドウをオンしてください。

アイシャドウを入れる幅は、涙袋が目安です。
ぷっくりとした可愛らしい印象になるでしょう。

下まぶたに入れるピンクは、少し濃いめでも大丈夫です。
腫れぼったさが気になりにくいため、濃いピンクにもチャレンジしてみてください。

ピンクアイシャドウを上手に使えばモテメイクに

前述のように、ピンクアイシャドウを使うとたくさんのよいことがありそうです。
かわいらしい印象を持たれやすいカラーなので、モテメイクにもなるでしょう。

二重の方と一重・奥二重の方は塗り方が異なるので気をつけてください。
目の形によって、上手な塗り方をマスターしてみましょう。

また、下まぶたメイクは周囲の人に差をつけたいときにもおすすめです。
ピンクの下まぶたメイクは主張が強すぎないので、さり気なくオシャレを楽しめるかもしれません。
腫れぼったくなると敬遠していた方も、ピンクアイシャドウにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
かわいくピンクアイシャドウを施したい!まぶたが腫れぼったくならないコツとは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

アイライン・マスカラで印象は変わる!今日はどんな顔を目指したい?

アイシャドウのカラーを変えると顔の印象は随分変わりますが、アイラインやマスカラの塗り方を変えるだけでもイメージを変えることは可能。その日の気分によって、メイク方法を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

艶肌になりたいならリキッドファンデーションの正しい塗り方をマスターしましょう

艶感のあるお肌はみずみずしくて魅力的ですよね。そんなお肌を叶えてくれるのが、リキッドファンデーション。艶肌に憧れて使っている方もいるかと思いますが、正しい塗り方を知っていますか?きちんと塗ると、理想のお肌に近づけるかもしれません。

by花田 真理

口紅がムラになっている!そんなときにやるべき化粧直しの方法とは?

朝綺麗に塗ったはずの口紅が食事後にはムラになったり取れてしまっている……。そんな経験はありませんか? 化粧は汗や皮脂、乾燥や食事によって崩れますが、口紅は特に食事によって落ちてしまうことが多いです。 化粧が崩れると見た目が汚く感じられるためあまりいい印象を与えません。 今回は「口紅がムラ...

by二神 健一

簡単テク!チークを左右対称に入れる方法(チークテクニック)

チークの入れ方で顔の印象は大きく変わります。 チークが自分の思うようにできなかった日は、ちょっと気持ちが落ち込んだりしますよね。そんな日が無くなるように、初心者さんでも簡単にできるチークの入れ方のコツを紹介します!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す