2016年12月7日 更新

UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方

UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方

美容の大敵である夏の強い日差し!日焼けしない為に日焼け止めを塗るのは、美容というよりも当たり前の一般常識ですよね。しかし、UVケアしているのに薄っすら焼け始めている…というあなたは、間違った”当たり前”で夏のおブス肌まっしぐら!?そうならない為に、まず下の4項目をチェック!

その1!顔も体も、同じ日焼け止めでまるっと完了?

「顔用」、「ボディ用」、「顔・体兼用」…日焼け止めの種類にはパーツごとに様々な種類があり、購入の際にみなさん一度は悩まれたことがあるのではないでしょうか。顔・体兼用を一つ持っていれば、全身に塗れてお得感もあるから、いつもコレを選んでる!というそこのあなた!実は△です。
そもそも顔用と体用の日焼け止めの違いとは…

ー顔用ー
●化粧崩れを押さえる成分が配合されている
●肌をワントーン明るくみせるコントロールカラー効果がある
●低刺激の成分
●SPF20~30程度のものが多い

ー身体用ー
●汗に流れない様、ウォータープルーフ効果が入っている
●SPF値が顔用より高い(SPF40~50程度)
●テクスチャーがやや重めで厚みがしっかりと出る

肌は部分によって皮膚の薄さや皮脂量、表面の状態は異なります。皮膚が薄く皮脂や汗もかきやすい顔に、汗をかかない体用の重たい日焼け止めを塗ることで、刺激となり肌荒れの原因になる事があるそうです。だからこそ、本当に肌ケアのことを考えるなら、日焼け止めは塗るパーツごとに使い分けてほしいのです。自分の日中の肌のコンディションを考えて、日焼け止めを選びましょう。

その2!カラカラの乾燥肌にゴシゴシ擦りこみ?

夏は、肌の内側がカラカラの乾燥肌状態に陥りやすい時期。潤いの足りない肌は、いつも以上に刺激を受けやすく、紫外線の影響もダイレクトに受けてしまいます!
日焼け止めはテクスチャーが重たく、特に乾燥している肌の上では伸びにくいため、ゴシゴシと刺激を与えながら擦りこんでいませんか?均一に塗れず、塗り漏れで肌が日焼けしてしまったり、擦りこむことで摩擦のダメージを与えてしまうことになりかねません。

肌の潤いを守るためには、お風呂上りなどに必ずオイルか、ボディクリームで保湿しておくのが正解です。顔だけでなく身体のケアも日頃から心がけましょう。

その3!SPF50を朝しっかり塗れば、1日の外出も安心?

もちろん×です!日焼け止めは、塗り直しが必要なことはかなり知られるようになりましたが、実践している人は少ないのが実情。女性はメイクをしているので、拭き取って、また一からメイク…というわけにはいきませんよね。ですが、時間が経つとともに日焼け止め効果は減ってくるので、こまめな塗りなおしが透明感のある肌を守る秘訣です。

額や目元、頬の高い部分など崩れやすい部分に日焼け止めをポイントで薄く指で塗り重ね、カラーレスのパウダーで軽く押さえば、メイク仕立ての肌に。手を汚したくなければ、携帯用のポンポンパウダリータイプの日焼け止めも手軽に塗り直せるのでおすすめです。

その4!そもそもSPFとPAって?

● SPF(Sun Protection Factor)
シミやそばかすの原因となる紫外線B波。
人によって個人差はありますが、紫外線が当たってから日焼けするまで、だいたい15分~20分といわれています。SPFは、たとえばSPF30ならその時間を30倍遅らせることができる、という意味合いになります。


● PA(Protection Grade of UVA)
しわやたるみなど、光老化の原因となるのが紫外線A波です。大きくPA+~PA++++まで設定されており、多いほどにブロック効果は高くなります。

数値が大きければ大きいほど効果は高くなりますが、肌への負担もおおきくなります。肌の透明感を守るためには、肌をキチンと保湿すること、適度な数値の日焼け止めをなるべくこまめに塗り直すことです。もし日焼けをしてしまったと感じたら、その日のうちにしっかりと保湿ケアをしましょう。日焼け止めの正しい塗り方が肌の分かれ道です。露出のおおくなるこの時期、夏の日差しからキレイな肌を守りましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーアップスタイリスト ヘアメイク 静岡県出身。 昔から憧れだった美容師を目指し、16歳の頃よりサロン業務に従事。 上京、2010年BEAUTRIUMに入社後、更なる美容の魅力を追求すべく、同年にヘアメイクへの転身を決意。 サロンで実務経験を積みながら、エステスクールへのWスクールをスタートさせ、『協会認定エステティシャン取得、化粧品検定1級、アロマ検定1級』など、...
UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

竹本 実加さんの新着コラム

Skin Care

by竹本 実加

UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方

美容の大敵である夏の強い日差し!日焼けしない為に日焼け止めを塗るのは、美容というよりも当たり前の一般常識ですよね。しかし、UVケアしているのに薄っすら焼け始めている…というあなたは、間違った”当たり前”で夏のおブス肌まっしぐら!?そうならない為に、まず下の4項目をチェック!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

これだけは知っておこう!化粧品を手作りする際の注意点

近年手作り化粧品をつくる方が増えていると聞きます。簡単な化粧品であれば、本やネットで得た情報などをもとに手作りすることが可能ですが、その際の注意点はご存じでしょうか?今回は化粧品を手作りする際に、気を付けたいことについてご紹介します。

Body Care

by花田 真理

あなたは大丈夫?期待した効果が発揮されない日焼け止めの使い方とは

紫外線が強い季節になりましたね。毎日日焼け止めを使用することは大切ですが、使用方法によっては期待した効果が発揮されていない……なんてことがあるのをご存知ですか?今回はそんなポイントを押さえておくために効果を発揮しない日焼け止めの使い方をご紹介します。

Skin Care

by花田 真理

これって大丈夫?日焼け止めによくある素朴な疑問5つ

もうすぐ夏本番。日焼け止めをこれから購入するという人も多いのではないでしょうか。日焼け止めを使用する時「これって大丈夫……?」とふと疑問に思うことはありませんか?今回は日焼け止めに関係する疑問点についてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す