2017年1月23日 更新

知っていましたか?寒い季節にこそ美白ケア♡

知っていましたか?寒い季節にこそ美白ケア♡

夏は美白に力を入れてるけど、冬の間は特にケアをしていないという、そこの貴女。冬の紫外線も油断できないので美白ケアは必須ですよ!また乾燥がシミを悪化させる原因になるって知っていますか?冬もケアを続けて美肌を保ちましょう。

冬の紫外線

夏は念入りに紫外線対策をしていても、冬になると止めてしまったり、さぼりがちになったりしていませんか?
冬は紫外線対策をお休みしても大丈夫だと思っている人が多いようですが、実は夏よりも冬の方が紫外線対策は重要なんです。
その理由は
・冬の日差しの肌への当たり方
・肌内のメラニン
・乾燥
にあります。
一つずつ見ていきますが、まずは紫外線のおさらいをしましょう。

紫外線の種類

紫外線と一括りにされていますが、紫外線には種類があります。
まずUVAとUVBがあります。
そしてUVAには、ショートとロングがあります。

UVB

紫外線で広く知られているのがUVBです。
UVBは全紫外線の約5%の割合を占めています。
UVBの波長は短くて、280~320nmだそうです。
紫外線の防止効果を表す指標はSPF値で表され、何もつけていない素肌の状態と比べて、肌が赤くなり始めるまでの時間をいくら延ばすことができるかがわかります。
UVBはかなり強いエネルギーをもっているので、肌が赤くなって火照ったり、炎症を起こす原因になります。
そしてさらにシミや日焼け、ニキビなどの肌荒れの原因にもなります。

ショートUVA

UVAが占める紫外線の割合は全紫外線の約95%です。
その波長は長く、320~340nmと言われていて、一年中浴びやすいのが特徴です。
紫外線の防止効果を表す指標はPA値で表され、シミやたるみの原因となるUVAをどのくらい防止できるかを表します。
ショートUVAは肌の表面や表皮に影響を与えるので、メラニンが濃くなったり、シミが目立つ原因にもなります。

ロングUVA

ロングUVAは、UVA波の約50%を占めている紫外線です。
ショートUVA・UVBと同じ紫外線ですが、波長が長いのが特徴で、真皮層にまで届くと言われているUVAよりも更に奥深く浸透するので、深刻なダメージを与えてしまうと言われています。
ロングUVAは日焼けだけでなく、肌のハリや潤いを左右するコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えると言われています。
ロングUVAは、UV防止を施しているガラス越しでも肌の深部に届いてしまうので、ロングUVAに対応する商品に注目が集まっています。

冬の日差し

肌を赤くするUVBは季節によって変動が激しく、夏に最大となります。夏に比べて冬は1/5程度になりますが、UVAは一年を通してあまり変化がありません。
また冬の日差しの当たり方は要注意です。真夏は太陽の位置が高いので日差しは頭の上から降り注ぎます。
しかし冬は太陽の位置が低いので、顔全体に日差しが当たってしまいます。このことから冬でもしっかりとした紫外線対策が必要だということがわかります。

メラニン

シミのもとのメラニンは紫外線を浴びると生成され、冬の間も肌に蓄積されたままだとシミになってしまいます。
正常な肌状態だとターンオーバーによって肌の表面に押し出され、アカと一緒に排出されます。
しかしターンオーバーの乱れなどが原因で、排出できなかったメラニンは肌に蓄積されてしまいます。
このことから夏に引き続き、冬もターンオーバーを正常な状態にする美白ケアが大切なのです。

乾燥

冬のスキンケアでいちばん大切なのは潤いです。潤いと美白はどう関係しているのでしょうか?

乾燥はシミだけではなく、くすみにも関係しています。寒くなると乾燥により肌のバリア機能が弱まっています。バリア機能が弱った水分の少ない状態の肌では、美白ケアアイテムの効果は悪くなります。
空気の乾燥が本格的になる真冬は、肌の水分量がますます減っていきます。冬は肌はシミも目立つし、くすんで見える…。
その原因は乾燥によるものです。
肌にたっぷりと潤いを与えて美白効果を高めましょう。シミとくすみ対策には保湿が重要です。肌の保水量をあげるためにも、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

潤い美白ケアアイテム

潤いながら美白ケアできるアイテムで、メラニンと保湿の両方からアプローチしましょう。
自分に合ったケア方法だと長続きしますよ。

角質ケア

顔全体のくすみには角質ケアできる洗顔料を選んでオフしましょう。
メラニンの排出を促し、そのあと取り入れる美白アイテムの浸透が良くなります。
・肌に優しいもの
・角質はオフするけど潤いも与えてくれるもの
・洗顔後のつっぱりや乾燥しないもの
が選ぶポイントです。

潤いたっぷりの美白化粧水

美白ケアできる化粧水は潤いを感じにくいと思っていませんか?しかし最新の美白化粧水は潤い成分も配合されたものが多いです。

・保湿効果が長持ちするもの
・肌の奥まで浸透するもの
を選び、毎日のケアに取り入れましょう。

潤った肌は明るく澄んで見えます。うるうるな肌を目指して、化粧水も保湿力の高いものにしましょう。

高保湿美白美容液

シミの発生を防ぎながら、美容成分も届けられるのが高保湿美白美容液です。
美白美容液は気になる部分を中心に塗り、そのあと顔全体に広げます。

・肌なじみが良くて浸透力が高いもの
・保湿力が高いもの
が選ぶポイントです。
最新の技術が搭載されたアイテムが多いので、いろいろな種類を試してみて、自分に合ったものをセレクトしましょう。

美白マスク

乾燥してしまった日には美白マスクでケアしましょう。
・高保湿タイプ
・美白有効成分
が配合されたタイプがおすすめです。
プチプラのものも多くあるので、使用頻度に合わせて選びましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
知っていましたか?寒い季節にこそ美白ケア♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

稲毛 登志子さんの新着コラム

by稲毛 登志子

【限定品】バレンタインデーに香りをプレゼント♪ゲラン フレグランス「ロム イデアル」がバレンタインコフレを発売!

ゲランから、世界的アーティスト JonOne(ジョンワン)とコラボレーションした、フレグランス「ロム イデアル バレンタインコフレ 2017」が、2017年1月13日(金)より数量限定発売です!躍動感あふれるデザインはバレンタインギフトにピッタリ。今年は大切な彼に香りをプレゼントするのはいかが?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by遠山 久美子

顔がヒリヒリ!チカチカ!これって敏感肌?!

最近、ご自身の肌を「敏感肌」と感じている方が増えています。今回は、敏感肌の肌状態とケアの方法をレクチャーします。

Skin Care

by遠山 久美子

秋こそ保湿!オイル美容でツヤツヤ・しっとり!女子力アップ

夏の終わりは、肌に疲れが出る時期。気候がよくなる秋ですが、肌は紫外線によるダメージで乾燥・くすみが気になりはじめます。そんなときにはオイルケアをプラスしてふっくらお肌を取り戻しましょう!

Skin Care

by@みきてぃ

シワ&たるみ&毛穴よさようなら!オイルケアで手に入れる魅力的なハリツヤ肌

加齢、紫外線、長時間のメイクや精神的ストレスなどが原因で、しわやたるみや毛穴が目立ちだすと、途端に老けて&疲れて見えたりしますよね?もちろん年齢を重ねた大人の女性の魅力はとても素敵ですが、やはり若々しいハリツヤのある肌はとても魅力的です。そこで今回は、高い化粧品を使ったりせずに、いきいきとした...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す