2016年9月6日 更新

暑くなると肌の「テカリ」気になりませんか?「テカリ」の原因と対処方法をご紹介します!

暑くなると肌の「テカリ」気になりませんか?「テカリ」の原因と対処方法をご紹介します!

暑くなると、顔や肌などがすぐにテカテカになってしまいますよね。テカリの原因から対処方法までを徹底解明します。

テカリ肌の原因は……?

◆お肌の乾燥
肌の水分量が減ってくると、肌は水分量(潤い)が足りないと感じ、皮脂分泌量を多くし(バリア機能)水分の蒸散を防ごうとします。

◆ストレス
ストレスにより自律神経のバランスが乱れ、それによりホルモンバランスが崩れると、皮膚の新陳代謝が悪くなり皮脂分泌が過剰になってしまいます。

◆生活習慣
脂肪分の高い食べ物・甘いもの・アルコールなどは、体内で中性脂肪に変わって皮脂分泌を多くする原因になります。

肌のテカリの正体は……「インナードライ」?

テカっている肌は、肌表面はベタついているのに、内部はカラカラのインナードライ肌の方が多いのです。これは、エアコンの効いた生活されている方に多くみられます。この肌はオイリー肌のように勘違いされやすいですが、そのままオイリー肌用のお手入れをしてしまうと、症状はどんどん悪化していきます。

下記のチェックで1つでもYESがあれば、あなたはインナードライ肌かもしれません?

◆インナードライチェック◆

① 洗顔後、肌がつっぱる。
② 毛穴の開き・黒ずみが気になる。
③ ついうっかり、紫外線対策を忘れてしまう。
④ エアコンの効いた室内に長時間いることが多い。
⑤ 皮脂でテカったり、化粧崩れが気になる。

どうでしたか?

インナードライ肌解消法

インナードライ肌を解消するには「しっかり保湿」すべし!!

◆とにかく水分補給をしっかりと……。
化粧水でしっかり保湿しましょう。シートマスクを使った保湿パックも効果的です。

◆油分の避け過ぎに注意!
ベタベタするからといって、乳液やクリームを塗らないのはNGです。化粧水でしっかり水分を補給した後は、油分でフタをし水分蒸発を防ぎましょう。ベタつきが気になる方は、つける量や塗り方を工夫してください。

◆紫外線対策はしっかりと……。
紫外線のダメージは肌の乾燥を加速させます。日焼け止めをしっかり使い、UV対策をしましょう。また、UV対策化粧品は肌に負担をかけやすいので、クレンジングで取り除くことを忘れずに行いましょう。紫外線を多く浴びた日は、いつも以上に化粧水で水分補給をしましょう。

テカった肌のスキンケア法

肌を潤いで満たすことで、皮脂を抑えることができます。

① 洗顔
ベタベタするから…といって洗顔のし過ぎは禁物です。脂の汚れはアブラで落とす。クレンジングで脂汚れを取り除きましょう。その次に洗顔です。ゴシゴシこすらず、たっぷりの泡で優しく洗い、すすぎは20〜30回、よくすすぐことがポイントです。洗顔は基本的に、朝・夜の2回で十分です。

②化粧水
肌にしっかり浸透させましょう。化粧水をただつけるのではなく、「染み込ませる」つもりで、しっかりケアをしましょう。乾燥がひどい時には、シートマスクがオススメ!コットンに化粧水を含ませ顔に貼るのもOKです。また、とろみのある高保湿タイプの化粧水は、肌表面にとどまる時間が長いので浸透力がUPします。
※美容液→ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・レシチン・スクワランなどの保湿成分の入った美容液もオススメです。

③乳液・クリーム
潤いを逃さないように、肌にフタをする油分、ベタベタするからといって避け過ぎは逆効果です。化粧水後に、手のひらに乳液を適量取ったら、両手で温めてから塗ると浸透力が増します。乾く部分には多めに、そうでない場所には少なめにつけましょう。

④UVケア
紫外線のダメージははだを乾燥を加速させます。しかし、UV化粧品は、肌に負担をかけやすいのでしっかりクレンジングを忘れずに……。

皮脂分泌と食べ物について

◆皮脂分泌を過剰にさせる食べ物
①脂っこい食べ物
これは主に「動物性タンパク質」です。タンパク質は、体にとって、とても大切なものです。タンパク質には、動物性と植物性の2種類あります。肉・チーズ・卵ような動物性タンパク質を毎日多く摂取してしまうと皮脂分泌が多くなってしまいます。

②お菓子
お菓子の中でも、糖分が多く含まれているもの、スナック菓子は要注意です。

③ラーメン・パスタ・うどん・餅・御飯などの炭水化物
炭水化物の摂り過ぎも、皮脂を過剰に分泌させてしまいます。食べすぎると、炭水化物はブドウ糖に分解されエネルギーになり体を動かしますが、摂り過ぎで使われなく余ったブドウ糖は、お腹の中にたまって、皮脂として分泌されてしまいます。

④刺激の強いもの
辛い香辛料なども皮脂分泌促進します。

⑤アルコール
飲みに行った時などビールなどを飲んでる時に、顔のテカリが激しくなる経験はありませんか?アルコールも皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

皮脂分泌を抑える食べ物

肌代謝を促進して、美肌に効果のある食材はなんでしょうか?それぞれ、多く含んでいる食材もご紹介します。

◆ビタミンB1→炭水化物の代謝を助けてくれる。
焼き海苔・豚ヒレ肉・豚モモ肉・ピーナッツ・うなぎ・えんどう豆・玄米など

◆ビタミンB2→皮脂分泌量をコントロールして、老化の原因でもある過酸化脂質を還元する。
豚レバー・牛レバー・鶏レバー・うなぎ・塩サバ・納豆・カレイ・牛乳など

ビタミンB1やビタミンB2を多く含んでいるからといって、好きなものを好きなだけ…と言ったような偏った食事はNGです。バランスの良い食事を毎日心がけることが、テカリのないツヤのある美肌につながるコツです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
暑くなると肌の「テカリ」気になりませんか?「テカリ」の原因と対処方法をご紹介します!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

見られていますよ!隠しきれないエイジングパーツ!出やすい場所とケア方法をご紹介

最近、スキンケアやメイクアップによって若々しい肌や印象を作り上げている「美魔女」や「年齢不詳」の女性が増えて来ていますね。しかし、ついうっかり!他人に見られてやすい、肌年齢が出てしまう場所があるのです。その場所とケア方法をお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す