2016年9月6日 更新

リフレクソロジストが伝授!自宅で出来る簡単セルフケアでかかと美人を目指そう♡

リフレクソロジストが伝授!自宅で出来る簡単セルフケアでかかと美人を目指そう♡

8月になり暦では立秋を迎える頃になりました。街は少しずつ秋色に移り変わり始めながらも、まだまだ暑い日が続く中、足元は軽やかなおしゃれを楽しみたいものですよね。サンダルの出番もまだしばらく続きそうですが、かかとのケアはいき届いていますか?気になる角質について、リフレクソロジーの観点からお伝えします。

角質の正体は「鎧」だった?!

足裏には全身の臓器や器官と繋がる「反射区」と呼ばれるものが存在しています。ここを刺激すると、各臓器や器官に直接触れずに、間接的に刺激することができます。かかとは骨盤腔内の臓器の反射区ですが、ここに角質がついている方は筆者が今まで施術をしてきた経験では、冷え症や女性特有のお悩みを持っている方が多いです。

合わない靴を無理に履いていた結果、角質ができるという考えもありますが、リフレクソロジストの観点からすると、その対応する部位が弱っている、疲れが残っているという見方をします。弱っているから「鎧(よろい)」である角質を身に着けて守ろうとしているのです。

角質ケアのコツ

外側からのアプローチとして、角質をケアすることで気になる症状もラクになるといわれていますので、まずは角質を削るところから始めてみましょう。

軽石は手軽に購入できて簡単に使えますが、雑菌やカビが生えやすい形状ですので、できればファイル(やすり)を使用した方がよいでしょう。両面にやすりがあるファイルですと、角質の形状に合わせて使い分けられるので大変便利です。削った後はクリームなどでしっかり保湿をしましょう。

アロマを取り入れたフットバスで足裏美人度アップ!

本来ならば肌のターンオーバーで自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が、そのままどんどんたまって厚くなると、その結果血行不良となり冷えの原因になってしまうので、足を温めることも大切です。

手軽にできる方法はフットバス。重曹とクエン酸を混ぜた手作り入浴剤や、スーパーなどで売っている粗塩を入れてフットバスを行うと、温め効果が高まります。

さらにアロマテラピーも活用してみましょう。柑橘系の精油には末梢血管を広げる性質があるため、血行が良くなり温まりやすくなります。冷えにお悩みの方にはぴったりの精油です。フットバスに1,2滴入れてよくかき混ぜ、足を入れるだけで冷え対策にもなりますし、さらに柑橘系の精油にはケラチンというたんぱく質を分解する効果もあるので、角質ケアにはピッタリの精油です。

仕上げはセルフリフレクソロジーでリラックス♪

一日の終わりに、セルフリフレクソロジーで足を休ませてあげることも大切です。反射区がわからなくても、足裏の気持ちいいところをほぐすだけで一日頑張ってくれた足の疲れがとれてリラックスできるでしょう。

角質ケアを丁寧に、その後の保湿をしっかり、そしてセルフリフレクソロジーで足裏をやわらげて、一年中すべすべのかかとをキープしてくださいね!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
リフレクソロジストが伝授!自宅で出来る簡単セルフケアでかかと美人を目指そう♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

肌トラブルと胃腸の関係って?カラダを守るための内側からのケア

乾燥が深まる冬。冷たく乾いた空気が肌に触れると、乾燥などの肌トラブルなどの声が多く聞こえてくるようになります。基礎化粧品やコスメなど外側から荒れた肌をケアする前に、内側からのケアでもしっかり対策できるのです。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by濱田文恵

本物の美容上級者がこぞって愛用♡美肌をつくる海綿スポンジとは?

知らずのうちに、お肌を乾燥させてしまう危険な体の洗い方をしていませんか?美容ケアに徹底したこだわりを持つ上級者は、体に溜まった汚れを、お肌に負担なく落とす優秀なアイテムを使っています。ではそのアイテムとは一体…?

Body Care

by齊藤 みゆき

体だけじゃない!ひそかに注目を浴びている手にも乾燥対策を!

お顔だけでなく手にも年齢が現れやすく、そして、手は思っている以上に顔の次に注目を浴びているパーツです。「第2の顔」ともいわれる手は、男性も密かにチェックを欠かさないのだとか。今から5年後、10年後も美しくキープし続けていられるように、将来に備えたケアを心がけて透明感あふれる手を目指しましょう!

Body Care

by森田 博美

「脚がパンパンでつらい…」という人におすすめ!夏のむくみ撃退法

どんどん暑くなるこれからの季節。夏のファッションを楽しみたいところだけど、脚がいつもよりむくんで太くなっている気が・・・ということはありませんか?ここでは、露出が多くなるこの季節にこそ行いたい対処法をお教えします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す