2016年12月7日 更新

どうにもならない「ゆらぎ肌」は○○のレスキューテクで!

どうにもならない「ゆらぎ肌」は○○のレスキューテクで!

季節の変わり目。気温や湿度の差、室内と室外の環境の差、アレルギーなど、毎年この時期お肌の調子が良かったり悪かったりイマイチ一定しないと悩む「ゆらぎ肌」の方々多いですね。肌が敏感に傾いて化粧ノリも悪い時は、肌のバリア機能も低下しているので、与えすぎは逆効果。いつものアイテムを上手に使うことで賢く乗り切りましょう!

弱った肌には「オイル美容」

本来なら皮脂は自然に分泌され、水分と混ざり合って肌の表面を綺麗に覆って天然のバリアゾーンを作り出してくれます。またこの水分と油分のバランスが整うことで肌のなめらかさも生まれるのです。

敏感肌や乾燥肌、そしてゆらぎ肌のお肌は、皮脂の分泌がうまくいかず、天然のバリアゾーンを上手に作り出すことができません。
そこで助けてくれるのが「オイル」なのです。

オイル美容がなぜいいの?

オイルの成分は肌の皮脂組織に似ているので、肌によくなじみ、肌の皮脂バランスを整えてくれます。

そして肌に塗ったオイルは、私たちの肌の一番外側の角質層をしっかりつないで内側の水分の流出を防いで潤いを閉じ込めてくれます。

オススメは「ブースター」という使い方

「ブースター」とは促進剤や導入剤という意味です。化粧水の浸透を促し、水分をしっかりお肌の中に導入しやすく役割になります。このブースターの役目として、オイルが役立ちます。つまり化粧水よりも先にお肌にオイルを塗布することで、その後の化粧水をお肌の中により浸透し閉じ込めてくれるのです。

「えっ!逆じゃないの?」と驚かれる方も多いですが、肌になじみやすいオイルをブースターとして使用することでお肌の潤いややわらかさが圧倒的に変わりモチッとしたお肌になれますよ!

油分が含まれているものは、水をはじくから最後に使う!と考えている方が多いですが、これは半分正解で半分不正解。油の種類がどのようなものかにより、その使い方も変わります。ブースターとして使用するオイルは、アルガンオイルやココナッツオイルなど肌の皮脂と組成が似ている成分のものがオススメです。

この方法は、季節の変わり目のゆらぎ肌や敏感肌だけでなく、どんなお肌の方にもオススメできるスキンケア法です。

オイルと化粧水の順番を変えるだけでお肌の調子も化粧ノリも良くなるのを実感できるはず!

筆者である美容家 林美保は、免疫学などのホリスティックな観点から、分かりやすく体や肌の仕組みを知り、トラブルのない体と肌を作っていくヒントをお伝えしています。
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
林 美保
美容家・エステティシャン・ネイリスト 美容ジャーナリスト エステサロン“SolJewl”オーナー エステスクール“Beaus'Beau Professional Academy”オーナー 現在二本のTVCMに出演中です! 美容家としてTVや雑誌など数多くのメディアに出演。また、自らがエステティシャンとして芸能人などの美を支える傍ら、美容家を育てるエステスクールを主宰...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

林 美保さんの新着コラム

Skin Care

by林 美保

女性のアレを味方にするだけ!0円でできる毎日の美活術

季節の変わり目や紫外線の強い時期、乾燥の激しい季節に限らず、お肌の調子が良かったり悪かったり安定しない状況、女性ではほとんどの方が感じていらっしゃるのでは?これは「ゆらぎ肌」や「敏感肌」なんて言葉で片付けるのは安易すぎるかも。季節のせいでも、肌質の問題でもない。でもいつもと同じお手入れをしているのに、効果が感じられないのは、女性の生理周期が関連しているかもしれません。一方、生理周期を意識して味方にするだけで、少しのケアがいつも以上に効果を発揮してくれたり、トラブルを事前に防いだり、普段のケアから一歩プラスの美肌術ができますよ!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す