2016年9月6日 更新

原因は「睡眠不足」だった!やせ体質を手に入れるための7つの極意

原因は「睡眠不足」だった!やせ体質を手に入れるための7つの極意

仕事に家事にと、忙しい女性が多い30~40代。自分の時間もあまり取れず、睡眠時間を削って何かの時間に当てるという方も多いのでは?ですが、ダイエットを意識しているのになかなか痩せられないという人は、もしかしたらその睡眠不足が原因かもしれません!そこで今回は、しっかり質の良い睡眠をとって理想の体型を手に入れる、「睡眠ダイエット」についてご紹介します。

なぜ寝ると痩せられるの?

結論からいうと、「睡眠でもカロリーが消費されるから」です。

30~40代の女性が7時間の睡眠をとると、約300kcal消費するというデータがあります。300kcalを運動に置きかえると、ジョギング40分、サイクリング60分、水泳30分に相当し、お食事で言うとご飯2.5杯分、食パン6枚切り2枚に相当します。なかなか大きな消費カロリーになりますよね。

また、これを一か月で考えると、300kcal×30日=約9,000kcalというエネルギー消費になり、体重を1.2kg減らすのと同じ量になります。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

成長ホルモンのはたらきで寝ながらダイエットできる?!

寝ている間に分泌される「成長ホルモン」はダイエットにも有効だといわれています。

成長ホルモンというと体の成長を促すだけのものと思いがちですが、実は代謝のコントロール(脳の疲労の回復、脂肪の燃焼、病気への抵抗力、肌や筋肉など体組織の修復・再生)にも関係しています。

よって、ダイエットのために食事制限などをしていても、十分に睡眠を取らないと成長ホルモンが分泌されず、脂肪が分解されないので、その効果が発揮できないのです。これには、「睡眠4時間の人は7時間の人に比べて肥満になる確率が倍以上になる」という研究データもあります。

ただし、やみくもに睡眠時間を増やそうとしても効果はありません。貴重な睡眠時間を最大限に活かすことができるように、次で効果的な睡眠のとり方についてご説明します。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

睡眠を味方にする「睡眠ダイエット」の7つの極意

①ゴールデンタイムに入眠する

22〜2時の間は、一般的に成長ホルモンが分泌されるといわれます。これがいわゆる、睡眠のゴールデンタイムです。この時間帯に深い睡眠をとることができると、成長ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

※最近では、成長ホルモンの分泌は22〜2時ではなく、睡眠後就寝後1~3時間後の体温低下時にピークになるという説もあります。

②睡眠の3時間前までにお食事を済ませる

胃にものが残っている状態で眠りにつくと、消化のために血液外に集中して体温も上昇するため熟睡の妨げにもなりますし、脂肪の蓄積にもつながります。

その他、お酒やコーヒーなど体を覚醒させる飲み物も寝る直前は避けましょう。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

③入浴は睡眠1時間前までに

ぬるめのお風呂で体をリラックスさせ副交感神経を刺激し、さらに、入浴で温められた体温が緩やかに下がることにより自然な眠気を誘い、熟睡へと導くことができます。

反対に、シャワーだけでは体の中から温まることができず、入眠効果が得られないばかりでなく代謝も下がり、結果としてヤセ体質からは遠のいてしまいます。

④お昼寝は15~20分で

昼間眠くなってしまっても、お昼寝は20分以内にしましょう。それ以上は夜の睡眠に差し支えます。また、布団に入って横になると眠りが深くなってしまうので、座ったままなど、安定していない姿勢のほうがよいでしょう。

⑥~⑧は次ページへ

⑤室内の明るさを調節する

夜にぐっすり眠るためのホルモン「メラトニン」の分泌は光の強さによって調節されてしまいます。ですので、睡眠時は室内を真っ暗にするのがオススメです。

また、夜間になっても強い照明を浴びていると、脳がまだ活動時間と判断してしまい、本来分泌されるはずだったメラトニンの量が減ってしまいます。その結果、体が睡眠に入る準備をしなくなってしまうことにもなりかねません。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

⑥ブルーライトを避ける

パソコンやスマホのブルーライトはメラトニンの生成を抑制し睡眠を妨げます。ですので、少なくても寝る1時間前はパソコンやスマホの画面を見ないようにしましょう。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

⑦締めつけないパジャマを着用する

寝る際にブラジャーをそのままつけていたり、パジャマや下着などの締めつけが強い物を選んでいると、血流不良を起こし安眠の妨げになります。また寝ている間は汗も大量にかきますので、吸水性の良い天然素材のものを選ぶといいでしょう。

おわりに

この7つの極意を参考にし、上手に睡眠の質を上げて、睡眠によるダイエット効果を感じてみてください。

ですが、「眠らなければ!」と思いつめると、逆に寝つきが悪くなったりしますので、寝る環境を整えた上でも眠れないときは、「眠くなったら寝ればいい」くらいの楽な気持ちでかまえているようにしましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
林 美保
美容家・エステティシャン・ネイリスト 美容ジャーナリスト エステサロン“SolJewl”オーナー エステスクール“Beaus'Beau Professional Academy”オーナー 現在二本のTVCMに出演中です! 美容家としてTVや雑誌など数多くのメディアに出演。また、自らがエステティシャンとして芸能人などの美を支える傍ら、美容家を育てるエステスクールを主宰...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

林 美保さんの新着コラム

Skin Care

by林 美保

女性のアレを味方にするだけ!0円でできる毎日の美活術

季節の変わり目や紫外線の強い時期、乾燥の激しい季節に限らず、お肌の調子が良かったり悪かったり安定しない状況、女性ではほとんどの方が感じていらっしゃるのでは?これは「ゆらぎ肌」や「敏感肌」なんて言葉で片付けるのは安易すぎるかも。季節のせいでも、肌質の問題でもない。でもいつもと同じお手入れをしているのに、効果が感じられないのは、女性の生理周期が関連しているかもしれません。一方、生理周期を意識して味方にするだけで、少しのケアがいつも以上に効果を発揮してくれたり、トラブルを事前に防いだり、普段のケアから一歩プラスの美肌術ができますよ!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す