2016年9月6日 更新

髪の毛の傷みと頭皮の痛みや痒み対策

髪の毛の傷みと頭皮の痛みや痒み対策

女性の宝といわれる髪の毛はケアしないとパサパサに傷みやすく、頭皮も痛みや痒みが出ることがあります。そんな時はヘアケアが必要です。日中は紫外線対策が髪にも必要で頭皮は乾燥に気をつけましょう。また、パサパサになった髪は潤いが大切なのでヘアオイルなどを使うのがおすすめです。

油分が不足

髪の毛の傷み、またかゆみや痛みは、頭皮の油分が不足している事から起こるヘアトラブルです。シャンプーやリンスなど頭髪に直接つける洗剤や整髪剤が合っているかどうかを改めて確認し、また過度のストレスにさらされていないか、油っぽい食事に偏り過ぎていないか等、普段の生活を見直す事により、改善の可能性は大いにあります。毎日の何気ない習慣が原因となっている事が多いものです。

精神的ストレス

男女問わず、髪の毛のダメージは特に気になるものです。特に現代社会で多いのは、精神的ストレスが原因の髪の毛の傷みや頭皮の痛み等があります。乾燥などのダメージとは、違いストレスからくるものは、なかなか改善しにくいので毎日の食生活やお風呂での頭皮のマッサージ等、体と心をなるべくリラックスさせ健康的に過ごす習慣をつける事を心がけるのが大切です。

夜更かし

出典 :

髪の毛の痛みや傷みの原因は様々ですが、夜更かしもその要因の一つだと言えます。夜更かしや睡眠不足が続くと肌が荒れるという人もいるかもしれませんが、髪の毛や頭皮も同じようです。十分な睡眠がとれなかったり、睡眠の質が下がってしまうと髪の毛も傷みやすくなっていまいます。もし最近クシ通りが悪くなったり、枝毛が目立つようになったのであれば、夜更かしをし過ぎていないかチェックしてみましょう。

ヘアカラーやパーマ

髪の毛が痛み、傷んでいる人が増えています。なぜなら、今はおしゃれ染めや白髪染めが主流になっており、若い頃から髪の毛を染めている人がたくさんいるからです。やはり髪の毛を染めていますと髪に負担がかかり、傷みの原因になるからです。パーマなどでもとても傷みますのでそのあとのケアがとても大切だと言えるでしょう。日々のヘアケアを行うことで痛みが軽減されます。

間違ったブラッシング

髪の毛の傷みで悩む人は多いです。髪の傷みの原因として一般的になのがカラーリングやシャンプーのしすぎです。しかし、間違ったブラッシングも痛みの原因となります。間違ったブラッシングとしてありがちなのが入浴後の濡れた髪のブラッシングです。濡れた髪は柔らかくなっているのでブラッシングで痛みやすくなっています。また、乾燥して絡んだ髪の毛を強引にブラッシングするのも髪の傷みの原因となります。

間違ったシャンプー

間違ったシャンプーの仕方をすることで、髪の毛に痛みや傷みが生じてきます。お湯をいきなりかけたり、直にシャンプーを頭皮にあてて洗うことは頭皮を傷つけ、のちに地肌トラブルを引き起こす原因につながるのです。シャンプー前の頭皮マッサージや、シャンプーをよく手で泡立ててから髪を洗うなど、利便性の高さではなく髪をいたわった手入れをすることが必要です。

コテやドライヤー

出典 :

髪の毛が傷む原因のひとつとして、コテやドライヤーの使用が挙げられます。しかし、使い方に気をつけるだけで髪の傷みは格段に減るのです。そもそも傷むのは熱を加えすぎたり、あるいは圧力をかけたりすることによるものです。熱を加えすぎると髪に含まれるタンパク質が変性してしまい、圧力をかけすぎると髪が痛み、ダメージを受けてしまいます。根本的な解決策として使用頻度を減らすこと、そして熱や圧力をかけすぎないことが大切です。

紫外線

髪の毛の傷みなどは紫外線が原因の場合があります。髪の毛が痛んできますとぱさぱさになり、髪の色が抜けたりします。紫外線に当たりすぎますと色が抜け、痛み、透明感のある髪の毛じゃなくなります。ですので、紫外線を防止するためにも長時間外にいる場合は帽子や日傘などを差し、直接紫外線が当たらないよう対策をしましょう。そうすることで紫外線から痛むことはなくなるでしょう。

きちんと乾かす

髪の毛の傷みの原因は濡れた髪をとかしたり、濡れたまま寝てしまい摩擦が起こる事が挙げられます。キチンと乾かす事が対策になりますが、乾かす際にドライヤーの熱風口を頭皮に近づけたり、くっつけた状態で使用すると髪だけでなく頭皮に痛みが起こる原因になりますので注意します。ドライヤーを使う際は髪の毛から20センチ程度離した状態で使用するのがベストです。

優しいブラッシング

シャンプーやトリートメントに気を付けていても、ブラッシングは意外と盲点なのではないでしょうか。髪の毛の傷みは、ブラッシングが原因の場合があります。ブラッシングは優しくおこなうように心がけましょう。間違っても頭皮が痛みを感じるほど強くブラシをかけてはいけません。頭皮に強いダメージを与えると、髪の毛の傷みの原因になり切れ毛やバサバサの髪質の原因になります。

豚毛・猪毛のブラシ

女性で髪がパサパサだとやはり恥ずかしいものです。髪の傷みの原因は何もカラーリングやパーマのし過ぎだけではありません。普段の生活環境やドライヤーの掛け方など色々な所に原因が潜んでいます。また、1日に何回もするブラッシングにも豚毛や猪毛などの柔らかい質感の物を使うと頭皮の痛みも少なく髪の毛にも優しくブラッシングが出来ます。朝の寝ぐせ直しや普段使いなどヘアブラシの使い分けなどをするのも良いかもしれません。

シャンプーをよく泡立てる

シャンプーする際、泡立てるということをあえて意識することは少ないかもしれません。しかし、きちんとシャンプーを泡立てないと髪の毛をこすることになり非常に傷み易くなります。また髪の毛だけでなく、頭皮に直接シャンプーが付着することで頭皮が荒れ、かゆみや痛みの原因にもつながります。シャンプーを泡立てることで髪全体、そして頭皮を包み込むことにより健康な髪の毛と頭皮を維持することが出来ます。

良質なたんぱく質を摂る

髪の毛の傷みは食生活が大きく関係しています。どれだけ早寝早起きをしたり、運動をしていても栄養が不足をしていると良い髪を作ることが出来ないのです。また、髪の毛の状態が悪いと痛みを感じることがあるかもしれません。ですから、食事内容を改善することで髪の毛の状態を良くすることが出来ます。タンパク質を多く含むのは肉類だけではなく大豆製品も該当しています。

睡眠をしっかりとる

健康な体を維持するには睡眠はしっかり取ってストレスを抑えることが大切です。特に髪の毛が抜けやすい人は睡眠不足により頭皮や髪にダメージを与えてしまうことで薄毛の原因を作り出してしまいます。寝ている間に成長ホルモンが分泌されダメージを修復していくので、十分な睡眠時間がないと髪の傷みが修復しにくくなってしまいます。成長ホルモンを正常にするためにも毎日熟睡できる環境づくりが不可欠です。

トリートメントは時間をおく

ケアをしているつもりでも、なかなか髪の毛の傷みが改善されないのは、ヘアケア製品の使い方に問題があるのかもしれません。シャンプーの使い過ぎやゴシゴシ洗いによる頭皮の痛みがある場合は、必然的に髪にもダメージを与えています。洗い方に気をつけたあとは、しっかりトリートメントをしましょう。つけたあとにすぐ洗い流すのではなく、毛先まで丁寧にもみ込んで時間を置くことによって保湿成分が浸透するのです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
髪の毛の傷みと頭皮の痛みや痒み対策
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

bybeauty news

春のイメチェンにおすすめ!新しい自分になれる最旬のスプリングショート集

春は心も軽やかになり、イメチェンしたくなる季節ですよね。長い髪をバッサリ切って、新しい自分を発見するのも悪くないでしょう。そこで、どんな骨格にも似合う、大人かわいい最旬のスプリングショートをまとめてみました。

bybeauty news

誰でも簡単!手抜きだけどオシャレに見えるルーズアレンジ!

時間のない朝など、あまり手の込んだアレンジは難しいけど、オシャレなヘアスタイルにしたい!という時はルーズアレンジがおススメです。ちょっとアレンジを加えるだけで、手抜きには見えないオシャレヘアに変身出来ちゃいます!

bybeauty news

簡単なのに圧倒的男性人気?!簡単モテヘアゆるポニテとは

男性の趣味、ちゃんと理解していますか?いろんな道具を使って綺麗にまとめても無反応では意味がありません!自然体の中にこそ真のモテヘアはあるのです。簡単なのに男性受け抜群のゆるポニテ、ご紹介しちゃいます!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す