2016年12月7日 更新

効果アップ!フェイスマスクの正しい使い方

効果アップ!フェイスマスクの正しい使い方

毎日使えるお手軽な価格のものから、週末やイベントの前など特別な日に使いたい高級なものまで、種類も豊富なフェイスマスク。せっかく使用するなら、より効果のある使い方をしたいものですね。今までただなんとなく使っていたという方に、知ってお得なフェイスマスクの正しい使い方をご紹介させていただきます。

毎日使えるフェイスマスクには「正しい使い方」があります

毎日使用している方もいるほど基礎化粧の一部となっているフェイスマスク。
その需要の高さから、ブランドや種類によって色んな美容成分を配合したものが存在し、みなさまが日々お手入れする中で、かなり力になってくれているアイテムですね。
お掃除しながら、歯を磨きながら、テレビを見ながら…など、なにかをしながらの「ながら美容」にもとっても便利。
ですが、美容液がたっぷり含まれているからといって、それをより多く肌に浸透させようと長時間つけたままにしていると、逆に乾燥を招く原因になってしまうこともあります。
特に高価なフェイスマスクをご使用の際など、長時間つけたままでも乾燥させない方法や効果を少しでもアップさせたいときにおすすめの、正しいフェイスマスクの使い方をご紹介させていただきます。

仰向けで寝ながら行う

フェイスマスクにはたっぷりの化粧水やお水が含まれているので、起きた体勢のまま使用していると、重たいお水は下に下に溜まってしまいます。
ですからせっかくの美容成分があご部分に溜まってしまい、お顔全体をまんべんなく保湿できずにムラができてしまうのです。
また、起きた体勢での使用ではフェイスマスクが浮きやすいという点もあります!このお悩みを解決し、しっかり全体を保湿するにはやはり仰向けに横になって使用するのがベストです。本を読みながら、またはちょっとスマホでメールや調べ物をしながら行えば、「ながら美容」も可能です。

ハンドプレスしながら行う

お顔には凹凸があるため、そのまま放置していたのではどうしてもフェイスマスクの密着度が下がりやすいです。そのため、ハンドプレスでフェイスマスクの密着度を上げるのがとっても大切です。
特に眉間の部分や鼻下など、浮きやすい部分は念入りにしっかりハンドプレス。手の温かみも手伝い、さらに浸透が良くなります。
また、その際に保湿成分が顔ではなく手にばかり浸透してしまわないようサランラップをあてて行うとさらに効果アップです!

フェイスマスクの上から乳液を塗る

水分はどうしても蒸発しやすいので、基本的にフェイスマスクの使用は5分~10分までというのはご存知ですよね?
ですが、あまり手に入らないフェイスマスクや高価なフェイスマスクの場合、なるべく長く、そしてゆっくりお肌に美容成分を浸透させたいものです。
そんなときはフェイスマスクの上から乳液を塗ること!乳液の油分が蒸発を抑え、フェイスマスクを乾きにくくしてくれます。

これからますます乾燥が厳しくなる季節。フェイスマスクの使用も増えることと思います。少しでも効果を上げるため少しの手間をかけてあげることで乾燥知らずのお肌を手に入れることができますよ。是非お試しいただければと思います。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
美容家・エステティシャン トータルエステティックサロン、美容整形外科インストラクターを経て、自身のサロンをオープン。 痩身をメインに『結果を出す』サロンとして会社員からモデル・芸能人まで、幅広い顧客のニーズに応えるかたわら、心理士として「美」を保つためのメンタルケアも行っている。 日本ホリスティックセラピストアカデミー マタニティセラピスト取得 日本能力開発推進協会ダイエットインスト...
効果アップ!フェイスマスクの正しい使い方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

上原 桃子さんの新着コラム

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

目指したいのは「赤ちゃん肌」♪みずみずしい肌の作り方

みずみずしさのある赤ちゃん肌は、女性の憧れでしょう。その肌をメイクで作ってみませんか?ベースメイクのやり方を少し変えるだけで、ふんわりとした赤ちゃん肌に近づけるのです。みずみずしさのある肌は、男性ウケも良いといえます。あなたもうるうるなモテ肌になってみませんか?

Skin Care

by花田 真理

薬剤師が教える!ワセリンにもあるデメリットとは?

ワセリンと聞くと、保湿にいい手ごろな価格の保湿剤で、どこにでも使用できるから万能薬!と思っている方が多いのではないでしょうか? ワセリンにはメリットが沢山ありますが、デメリットもあります。 今回は知っておいた方がいいワセリンのデメリットについてご紹介します。

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す