2016年12月7日 更新

下まつ毛用つけまつ毛で目力UP!上手なつけ方をマスターしましょう♪

下まつ毛用つけまつ毛で目力UP!上手なつけ方をマスターしましょう♪

つけまつ毛は目力アップの強い味方。しかし、下まつ毛のつけまを疎かにしていませんか?下まぶたにつけまつ毛をつけるのは、上まぶたよりも細かいから意外と難しいものです。そこで今回は、上手なつけ方をレクチャーします。

下まつ毛のつけまつ毛にはコツが必要!?特別なテクニックは必要ないのです

つけまつ毛は必需品!そういった方もいらっしゃるでしょう。今はナチュラルなつけまつ毛も多く発売されており、ケバケバしくないアイメイクも可能になっています。今、流行しているのはナチュラルな目力。下まつ毛のつけまつ毛に躊躇していませんか?また、つけるのが難しいということで諦めている方もいらっしゃると思います。上まつ毛に比べて、下まつ毛は細かく生えているので難しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コツさえつかめば、キレイにつけられるのです。特別なテクニックは必要ありません。今まで敬遠していた方も、ぜひそのコツをつかんで下まつ毛のつけまつ毛を付けてみましょう。

下まつ毛用のつけまつ毛は選び方も重要!

下まつ毛用のつけまつ毛はたくさん発売されていますが、よりナチュラルにみえるものを選ぶことが大切です。まず、芯が透明なものを選ぶこと。芯が黒いものはアイライン効果があるのですが、不自然で古くさい印象になってしまいがちです。芯が透明だと、自まつ毛のようなメイクをしやすいので、初心者さんにもおすすめです。そして、つけまつ毛の毛が交差していないものを選びましょう。毛が交差していると毛量が増えたように感じるのですが、一歩間違えるとやり過ぎメイクになってしまうこともあります。

ナチュラルな目力が流行している今、自然に仕上がるつけまつ毛を選ぶことから始めてみましょう。今まで上手くつけられなかったという方は、もしかしたら選び方に問題があったのかもしれません。お店でつけまつ毛を探すときは、ぜひ選び方を見直してみてください。

下準備から始めましょう

上記を踏まえてつけまつ毛を選んだら、次はいよいよ装着していきます。その前に下準備をしておきましょう。つけまつ毛の横幅は商品ごとに違います。大体のものが広めに作ってあり、そのまま使うと自分の目の幅よりもはみ出てしまうということがありがちです。ノリをつけずに自分の目に当ててみて、横幅を調節しましょう。美しいとされている幅は、目尻から黒目内側の下辺りまでです。目頭までつけてしまうとキツい印象になってしまうかも。この幅を意識して、カットしましょう。カットしたらそれを指にぐるりと巻いてキレイなカーブを作ることも重要です。芯が透明なつけまつ毛は柔らかいものが多いのですが、それでもそのまま使ってしまうと目の形に合わせてカーブさせにくくなってしまいます。しっかりとカーブをつけてから使いましょう。

つけまつ毛は丁寧につけることが大切!1ミリの差でも印象が変わります

ピンセットを使ってつけていきます。まず、つけまつ毛用のノリを芯に塗り、透明になるまで乾かします。ノリが白いままだとつけまがしっかりと定着しにくいので注意してください。そして、自まつ毛の下に入れ込むようにしてピンセットでのせていきます。中央部分、目頭、目尻の順でつけていくとやりやすいですよ。つけまつ毛が下まぶた全体についたら、指を使って調整していきます。つけまつ毛と自まつ毛を一緒に軽く持ち上げてみてください。つけまつ毛が下に向きすぎていると不自然な印象になりがちなので、指で角度を馴らしていくのです。自まつ毛の角度を意識しながら調整してみると良いですよ。

下まつ毛のつけまつ毛は繊細なものが多いので、ビューラーは当てない方がベター。指で角度を作るだけで充分でしょう。

ポイントを押さえれば簡単!これで目の縦幅アップ

このように、下まつ毛のつけまつ毛をつけるのに特別なテクニックはいらないのです。選び方や下準備をきちんとして、コツを押さえたつけ方をするとごくごくナチュラルに目力アップを図れます。下まつ毛が長くなると目の縦幅を強調する効果が期待できます。マスカラだけでは満足できなかった方も、つけまつ毛を使ってデカ目を目指してみてはいかがでしょうか?目は第一印象でとても重要なパーツの一つ。ぜひ、つけまつ毛を使ってもっと魅力的なあなたを演出してみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
下まつ毛用つけまつ毛で目力UP!上手なつけ方をマスターしましょう♪
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

ブラウンアイシャドウのマンネリメイクしてませんか?ちょっとの工夫でイメチェ...

アイシャドウの王道カラーといえばブラウン。一つはポーチに入っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、ブラウンアイシャドウはどうしてもマンネリ化しがちです。そこで、ブラウンアイシャドウを使ったさまざまなメイク術をご紹介します。

Skin Care

by辻岡 奈保美

【2017春夏新作】先手必勝!時間を味方にする「KANEBO」のスキンケア...

2017年春、「KANEBO」が提案するスキンケアのメインテーマは「一月(ひとつき)のリズム」。適切なタイミングでケアをする「時間美容」を取り入れて、感動的な美肌を手に入れようというもの。また、メイクアップの考え方は「たおやかで凛とした普遍的な美しさ」。特に「肌」と「ライン」を重要要素としてつ...

by西田 彩花

メイクもトータルコーディネートで♪マンネリ化しにくいメイク選びとは

”トータルコーディネート” というのは、よく聞く言葉ですよね。お洋服全体のコーディネートだと思っている方は、認識を変えてみると良いかもしれません。大切なのは、メイクも含めた全身のトータルコーディネートなのです。ついついメイクはマンネリ化しやすいのですが、こういう考え方だと毎日違ったメイクを楽し...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す