2016年9月6日 更新

気軽に受ける人が増加中!美容医療の基礎知識とメリットとは?

気軽に受ける人が増加中!美容医療の基礎知識とメリットとは?

綺麗になりたい女性なら、美容医療に興味を持ったことがある人もいるのではないでしょうか? しかし、美容医療に興味はあるけれど、実際どんなものが美容医療なのか、メリットがあるのかなど詳しいことがわからないという人も多いようです。 そんな人に向けて、今回は美容医療の基礎知識とメリットについてご紹介します。

美容医療とは?

美容医療とは、美容を目的とした「医療」のことをいいます。美容を専門とした医師が施術を行います。
一般的な医療は、病気やケガなどを治すために行われる治療のことをいいますが、美容医療は美しさに近づくために行われる行為のことをいいます。

美容医療の内容

美容医療といっても、行われる内容は様々です。
では、どのようなものが美容医療に当てはまるのか見ていきましょう。

メスを使用する美容整形手術

理想的な見た目に近づけるために行う施術です。

具体例は下記になります。
・一重まぶたを二重まぶたにする
・脂肪吸引
・鼻を高くする
・たるんだ皮膚を切って吊り上げる(リフトアップ)
・豊胸
……etc

メスを使用しない施術

しわ、シミ、ニキビ、たるみ、毛穴の開きなど、老化や肌荒れを改善するために行う施術です。
注射や点滴、レーザーを使用した施術が多いです。

具体例は下記になります。
・脂肪融解注射
・涙袋を作るためのヒアルロン酸注入
・しわを改善するためのボツリヌストキシン注入
・ほくろ除去やニキビ跡改善のためのレーザー治療
・レーザー脱毛
・美肌目的の点滴
……etc

内服薬や外用薬の使用

ホームケア用に薬を使用します。

具体例は下記になります。
・ビタミン剤
・ホルモン剤
・保湿剤
……etc

美容医療のメリット

上で紹介したように美容医療には様々な種類があります。
これらを受けるメリットとしては、コンプレックスであった部分を変えることによって、自分に自信をつけたり、エステでは叶わなかった自分のなりたい姿に近づけるということが挙げられます。

美容医療とはどんなものか、なんとなくイメージがついたでしょうか?
美容整形だけが美容医療なのではなく、医師が美容のために行う施術が美容医療です。

また、注意していただきたいのが、美容医療にはメリットもありますが、デメリットもあります。
安易に飛びつくのではなく、デメリットも理解した上で、美容医療を行うか判断してくださいね。
美容医療のデメリットについては別の記事でご紹介しているので、よろしければ併せてご覧ください。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
気軽に受ける人が増加中!美容医療の基礎知識とメリットとは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す