2016年12月7日 更新

この冬に注目のアイブロウメイク!ハンサム眉の描き方をマスターしよう

この冬に注目のアイブロウメイク!ハンサム眉の描き方をマスターしよう

2016年冬、注目したい眉の形はハンサム眉です。ハンサム眉って一体どんな眉?どのようにして描けば良いの?そのような疑問にお答えします。あなたもすぐに旬顔になれるはず♪

ハンサム眉って聞くようになったけど一体どんな眉?

ここ数年で耳にするようになったハンサム眉というメイク用語。なんとなくイメージはつくけれど、一体どのような眉を指すのかをご存知ですか?
太眉ブームが長く続いていますが、ハンサム眉も太眉の一種です。しっかりと角度があり、眉山もきちんと作ります。眉頭から眉尻までの太さもほぼ均一でキリッとした、凛々しい印象を与える眉のことです。トレンドとしては、少しボサッとした毛流れにするのがおすすめです。

凛々しさがありながらも、どこか抜け感があって親しみが持てますよね。それは、キリッとした眉ながらも毛流れをボサッとしているところに秘訣があります。毛流れが整いすぎていると、近寄りがたいイメージになってしまう可能性もあります。カッコよくありながら、話しかけやすいような印象を心がけましょう。
また、立体感も出るので、ハーフのような顔にも近づけそうです。

有名人も注目しているハンサム眉、ぜひあなたも取り入れてみませんか?旬顔になりながら、印象アップしてみましょう。

早速ハンサム眉を描いてみましょう!そのポイントを解説

まずは自眉を整えて

ハンサム眉のポイントは、眉頭にあります。この部分はできるだけ触らない方がベター。自然に生やせるだけ生やしましょう。そして、前述した通りしっかりとした角度をつけ、眉山を作ることを意識して余計な毛をカットします。太さはキープするようにしましょう。

毛並みを整えましょう

ハンサム眉は自眉を活かすアイブロウメイクです。長い毛も活かすので、毛流れはしっかりと整えてください。スクリューブラシを使って眉を整えます。眉頭は立たせるように、毛流れに逆らってとかしましょう。

ペンシルアイブロウで眉を描き足します

眉頭はあえて色味を乗せません。しっかりと生やした自眉を活かしましょう。
中間部分から眉尻までは、毛を一本一本描くイメージで描いてください。形としては、弧を描かずに直線的にするのがポイントです。カラーはやや濃いめのものを使いましょう。直線的な眉を描いたら、眉山をしっかりと作ります。黒目外側部分から目尻までを目安にすると自然です。

透明マスカラで毛を逆立てましょう

ハンサム眉は、カラー付きの眉マスカラで色味をつける必要はありません。通常は髪色よりワントーン明るいカラーにするのが基本ですが、ハンサム眉の場合は別です。少し重ためになる方が、凛々しい印象になります。そこで、使いたいのが透明マスカラです。若干毛並みを逆立てながら、眉をホールドしていきます。適度な艶感も生まれるのでこのひと手間を惜しまないでください。

ハンサム眉に似合うアイメイクの方法

ハンサム眉が作れたら、それに似合うアイメイクをしてみましょう。せっかくなら、眉の良さを活かせるメイクをしたいですよね。使うのはベージュ〜ダークブラウンのアイシャドウパレット。パールが控えめのものを使うと、冬らしさが出ます。

まずは、目の際にダークカラーを乗せます。目尻1/3はアイホールまで伸ばしましょう。目頭からなだらかな放物線を描くイメージで乗せてください。次に、ミディアムカラーをアイホールに重ねます。そして、眉下にハイライトを入れ、立体感を出します。最後に、ミディアムカラーを少しだけつけたブラシで、アイカラーの境目を丁寧にボカしていきましょう。これで、少し切れ長なクールアイのできあがりです。
アイラインは目尻を跳ね上げて引いてください。ジェルアイライナーを使うと程よく抜け感が出ますよ。
マスカラは目尻に重点を置いて塗りましょう。ボリュームタイプのもので、存在感をしっかりと出します。

これで、ハンサム眉の良さを引き立てるクールなアイメイクになります。ぜひ併せてマスターしてみてくださいね。

ハンサム眉で流行の最先端!この冬はキリッとカッコよく

ハンサム眉を作るポイントはお分かりいただけましたか?カラーから太さ、毛流れまで細かくこだわってみましょう。太眉は一歩間違えると野暮ったくなってしまいがちなので、一つ一つの行程を大切にしてくださいね。

また、ハンサム眉の良さを活かすアイメイクも覚えてみましょう。せっかく凛々しい眉なのに、甘すぎるアイメイクをしてしまうと、ちぐはぐな印象になってしまいがちです。トータルバランスを考えたメイクをして、みんなの注目を集めちゃいましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
この冬に注目のアイブロウメイク!ハンサム眉の描き方をマスターしよう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

やってみたいのはあえてのノーチーク!?チークを使わないメイク方法

チークはメイクにおいて必需品!そういった女性も多いのではないでしょうか。でも、あえてノーチークにすることで、また違った可愛さを演出することができます。今回はチークを使わないメイク方法をご紹介します。

by西田 彩花

明日は彼ママに会う日!そんなときメイクはどうしたら良いの?

大好きな彼のママに会う日がやってきた!とても緊張しますよね。さまざまなことで悩みが出てくると思いますが、メイクもその一つではないでしょうか?そこで、彼ママに好印象にみられるメイク術をご紹介します。

by西田 彩花

気になる目元の小ジワやくすみ…メイク前に仕込んで解決しませんか?

年齢を重ねると、目元の小ジワやくすみが気になってきます。そして、アイシャドウが滲んでしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方は、メイク前の仕込みをすることで悩みを解決できるかもしれません。その方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す