2016年12月7日 更新

今すぐイメージチェンジ可能♪可愛くもカッコよくもなれるアイシャドウ・チーク・リップの組み合わせテクニック

今すぐイメージチェンジ可能♪可愛くもカッコよくもなれるアイシャドウ・チーク・リップの組み合わせテクニック

カラーメイクは、色の組み合わせに悩むところ。上手に組み合わせれば、可愛くもカッコよくもなれます。まずはアイシャドウを決めて、チークとリップのカラーを決めてみましょう。

カラーメイクの組み合わせに悩んでいませんか?

カラーメイクをするときに悩みがちなのが、色の組み合わせ。
いつも決まったメイクになってしまっていませんか?

アイシャドウが同じでも、チークとリップの色味を変えれば簡単にイメージチェンジすることができます。
お家にあるアイシャドウに、何色を組み合わせれば可愛く、何色を組み合わせればカッコよくなれるのかご紹介します。

定番のブラウンアイシャドウ!チークとリップで変幻自在に

ブラウンアイシャドウは定番ですよね。
でも、いつも同じ色のチークとリップを組み合わせてしまっていませんか?
ブラウンアイシャドウこそ、さまざまなカラーと組み合わせができる万能カラーなのです。

ブラウンアイシャドウで可愛いメイクに仕上げる組み合わせ

ブラウンアイシャドウを使った可愛いメイクは、ピンクと組み合わせるのが基本です。
青味ピンクのチークとリップを合わせれば、キュートな印象に。
白味ピンクを合わせればもっと可愛らしいメイクになるでしょう。
黄味ピンクを合わせると、元気な印象も加わります。

チークとリップの色味を変えても構いません。
例えば、青味ピンクのチークに白味ピンクのリップを合わせると、ほんわかした可愛らしさを演出できます。
黄味ピンクのチークに青味ピンクのリップを合わせると、オシャレ感を出すこともできます。

ブラウンとピンクの組み合わせは王道ですが、ピンクの色味を変えるだけでイメージチェンジできるのです。

元気いっぱいブラウンメイクにする組み合わせ

元気さと爽やかさを全面に出したいのであれば、オレンジを組み合わせるのがベストです。
ブラウンアイシャドウを薄めに塗って、オレンジチークを濃いめに塗れば、元気いっぱいな印象になります。

リップをオレンジで合わせるときは、シアーでマットなルージュを選びましょう。
ピンクベージュと合わせるとナチュラルになります。

逆に、チークをピンクベージュで抑えて、リップをオレンジ全開にしてもヘルシーになります。
このときは、ルージュでもグロスでもOKです。
よく発色するものを選んでみてください。

大人っぽさを出せる組み合わせ

大人っぽさを出したいときは、レッドと合わせてみましょう。
マットなレッドチークをサッとひとはけ塗って、濃いレッドルージュを塗ってください。
リップブラシを使うと輪郭がはっきりして、より大人っぽく仕上がります。
「できる女」を演出したいときにもぴったりです。

外国人風の大人っぽさを出したいときはブラウンと組み合わせてみましょう。
ブラウンチークにブラウングロスだと、彫りが深く見えます。
また、ブラウンチークにベージュのグロスを組み合わせると、また違った雰囲気を楽しめます。

涼しげなブルーアイシャドウもイメージチェンジ可能

ブルーアイシャドウを使うと、ケバケバしくならないために色味を抑えたチークやリップを使っている方が多いのではないでしょうか。
実は、ブルーは遊べるカラー。
色んな表情にチェンジしてみてください。

シャーベットみたいな可愛さを演出する組み合わせ

シアーなブルーアイシャドウを使ったときは、ぜひ白味ピンクと合わせてみてください。
白味ピンクのチークに青味ピンクのグロスを合わせると、シャーベットメイクのできあがりです。
シアーなカラーで合わせると、クドく見えないブルーメイクができます。

色っぽさを全面に出せる組み合わせ

ブルーアイシャドウは、色っぽいカラーですよね。
その色っぽさをさらに増してくれるのがローズです。
パール入りのローズチークに、艶感のあるローズルージュを塗れば、色気のある女性になれるかもしれません。

また、レッドも色気を引き立たせる色です。
ブルーの色味が印象に残るので、レッドを組み合わせるときは「滲みレッド」を選びましょう。
血色を良くする滲みレッドのチークとグロスを合わせれば、デートメイクにぴったりです。

ブルーでもヘルシーに!?意外な組み合わせがマッチします

ブルーアイシャドウの印象が強いので、青味系のカラーを合わせがちですが、実はオレンジと合わせるのもよいです。
アイシャドウの色が濃いめの場合も構いません。
チークもリップもシアーでマットなものにすると、よく合うのです。

意外な組み合わせだと思われるかもしれませんが、ブルーアイシャドウでヘルシーなメイクができるのです。

爽やかなグリーンアイシャドウを上手に使ってみましょう

グリーンアイシャドウは、爽やかな印象です。
しかし、合わせる色によっては、やはりイメージが変わってきます。

ヘルシーなグリーンを活かした組み合わせ

グリーンを活かすカラーはコーラルピンクやオレンジでしょう。
黄味がかった色のため、最も組み合わせやすい色味かもしれません。

チークとリップをコーラルピンクにすると、悪目立ちしないカラーメイクのできあがりです。
オレンジを合わせると、元気いっぱいなヘルシーメイクになります。

チークをコーラルピンクにして、リップをオレンジに、といった具合にパーツごとに色を変えてみても表情が変わります。
チークの方が塗る範囲が広く、印象を変えやすいので、おとなしめにしたいときはチークをコーラルピンク、元気な印象を強めたいときはチークをオレンジにしてみましょう。

グリーンで魅せる色っぽメイクを作る組み合わせ

グリーンはヘルシーな印象が強いですが、組み合わせを変えると「色っぽメイク」にもなります。
使うのはブラウンチークとベージュのグロス。

ブラウンチークを頬骨に沿ってサッと塗り、ベージュグロスを厚めに塗ります。
これで、掘り深くて色っぽいグリーンメイクになるのです。

このメイクをするときは、深みのあるグリーンアイシャドウを使うのがポイントです。
目尻に向かって濃くなるように塗ってみてください。

お手持ちのアイシャドウをイメージチェンジしてみましょう

メイクの組み合わせはマンネリ化してしまいがちですが、組み合わせを変えるだけでこんなに印象が変わります。

いつもとは違った自分を演出できるのも、カラーメイクのいいところ。
カラーメイクを思いきり楽しんで、ハッピーな毎日を過ごしましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
今すぐイメージチェンジ可能♪可愛くもカッコよくもなれるアイシャドウ・チーク・リップの組み合わせテクニック
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

顔の形で入れ方が違う!?正しいチーク術で魅力的な表情に

メイクに欠かせないものの一つが、チーク。お顔の広い部分に塗るものだからこそ、表情を大きく左右するといえるでしょう。でも、もしかして「なんとなく」塗っていませんか?実は、顔の形によってチークを入れるべき場所が違うのです。あなたの魅力をもっと引き出せそうなチークの入れ方をレクチャーします。

by浦田 みなみ

2日間限定!イヴ・サンローラン・ボーテが豪華ショー&ライブイベント「STU...

イヴ・サンローラン・ボーテが2016年4月16日(土)・17日(日)の2日間限定でポップアップイベント「STUDIO by YSL Beaute」を開催!その名のとおり、3つの「スタジオ」から構成される会場には、イガリシノブさんら人気メイクアップアーティストやELLI ARAKAWA/エリーロ...

by西田 彩花

「アイホール」「二重幅」をきちんと知って上手にアイメイクしましょう♡

メイクを研究しようと思って見るのが雑誌やウェブサイト、という方もたくさんいらっしゃるでしょう。でも、「アイホール」や「二重幅」など、アイメイク用語のことをちゃんと理解していますか?例えば、一重まぶたの方にとって「二重幅」とはどこを指すのか分かりますか?アイメイクをもっと楽しめるために、アイメイ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す