2016年12月7日 更新

目指したいのは「赤ちゃん肌」♪みずみずしい肌の作り方

目指したいのは「赤ちゃん肌」♪みずみずしい肌の作り方

みずみずしさのある赤ちゃん肌は、女性の憧れでしょう。その肌をメイクで作ってみませんか?ベースメイクのやり方を少し変えるだけで、ふんわりとした赤ちゃん肌に近づけるのです。みずみずしさのある肌は、男性ウケも良いといえます。あなたもうるうるなモテ肌になってみませんか?

大人の肌も赤ちゃん肌になれる!?

赤ちゃんの肌をみていると、みずみずしくて、ふんわりとやわらかそうで……。こんな肌になれたらいいのになと思う方も多いのではないでしょうか?

大人可愛いメイクをしたい方もいるかと思いますが、そのメイクの肝は肌作りが大切なのです。肌が乾燥していたり、ベースメイクが雑だったりすると、その他のポイントメイクをしっかりとしても映えにくいのです。ポイントメイクを生かすのは、ベースメイクだといっても過言ではないでしょう。

赤ちゃん肌を作るのに必要なのは、スキンケアのみと思いがちです。スキンケアはもちろん大事なのですが、ベースメイクのやり方も重要なのです。たっぷりと保湿を行った後で、化粧下地とファンデーション、パウダーを塗る。この行程の中にコツがいくつかあります。

そのコツをご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

まずは下準備!水分補給をして滑らかな肌に

化粧の前にスキンケアをするかと思いますが、そこでは保湿を重視してみてください。乾燥肌の方はもちろん、脂性肌の同様です。脂性肌の方はさっぱりしたタイプの化粧水などを使い、油分過多にならないように注意しながら、しっかりと水分を与えてあげましょう。そうすることで、過剰な皮脂分泌を抑えることも期待できるのです。

保湿の方法は、まず大判のコットンにたっぷりと化粧水を取ってください。肌に軽く押し付けるようにしながら顔全体に馴染ませましょう。耳や首にもつけると良いですよ。そして、乳液かクリームを指に取り、乾燥する部分から塗り始めます。フェイスラインまで伸ばしていき、最後に手のひらで顔を包み込むようにして馴染ませます。乾燥肌の方はクリーム、皮脂が気になる方は乳液がおすすめです。

保湿が終わったら、2、3分ほど時間を置いて肌をチェック。脂っぽい部分はティッシュで押さえ、潤いが不足している部分には油分をプラスしましょう。目元の乾燥にはオイル1滴弱を手に伸ばし、指に残った油分を押し当ててみてください。

保湿力の高い下地でファンデーションのノリを高めましょう

赤ちゃん肌になるための化粧下地でおすすめなのが、保湿効果が高く伸びの良いタイプです。肌に負担がかかりにくく、ファンデーションのノリが良くなるからです。脂性肌の方で皮脂を抑える化粧下地を使いたい場合は、部分塗りしましょう。鼻や額など、皮脂が出やすい部分にのみ塗るのです。このとき、塗りすぎずに少量乗せることがコツです。

使用する化粧下地はパール大程度。少量を薄く伸ばして、肌にフィットさせると良いでしょう。化粧下地を手に取ったら、額、両頬、顎に指で4点置きします。顔の外側に向かって全体に薄く伸ばしてみてください。フェイスラインは耳の前までしっかりと塗ります。

乾燥が酷い方は、化粧下地の代わりにオイルを使うのをおすすめします。オイルを1滴手のひらに伸ばし、顔を押さえつけるようにして塗ると、肌にぴったりと馴染むでしょう。

クリームタイプのファンデーションでしっとり感赤ちゃん肌に近づく

赤ちゃん肌を作るときは、クリームタイプのファンデーションがおすすめです。油分とカバー力があり、伸びも良いからです。潤った感触をキープしたいので、速乾性のものは避けた方がベター。また、ゆっくり塗るとムラの原因になりますので手早く塗りましょう。

まず、パール大のファンデーションを指に取り、額と両頬、鼻、顎にポンと置きます。額や頬などの広い部分は、指の腹を使って大きく塗ります。顔の外側に向かってサッと塗るのがポイントです。

下まつ毛の際は、全体に塗り終わった指で、目の下を往復させるようにして塗ります。その残りを小鼻の周りに薄く伸ばしてください。髪の生え際やフェイスラインはスポンジを使って外側へ向かってボカしていきます。ファンデーションが溜まりやすい小鼻は、スポンジを二つ折りにして馴染ませてみてください。

毛穴が気になる部分は、下から上へ向かって場所をずらしながら指を滑らせていきましょう。何度か指を滑らせると、毛穴の中にもファンデーションが薄く残り、毛穴の陰影を明るく見せる効果が期待できます。

テカりが気になる部分にはフェイスパウダーを少量オン!

仕上げのフェイスパウダーは、ごく少量使います。肌に粉をたくさんつけてしまうと潤った肌が乾燥し、小ジワやヨレが目立つ原因になるからです。

赤ちゃん肌には、艶感が大切。それを生かすために、フェイスパウダーは部分塗りするのです。額の中央部分から眉間にかけてと、鼻筋以外の鼻周り部分のみに塗っていきましょう。塗る量は、パフにフェイスパウダーの穴の形が付く程度で良いでしょう。その量をしっかりともみ込んで、パフを二つ折りにして軽く押さえ込みましょう。

マットすぎない、適度にパールの入っているフェイスパウダーを使うのがおすすめです。

キーワードは「潤いと艶」赤ちゃん肌も夢じゃない!?

このように、保湿からフェイスパウダーを塗るまで赤ちゃん肌に近づくコツがあります。化粧下地などは、商品の選び方にも注意しましょう。

キーワードは「潤い」と「艶」です。この二つを意識して、赤ちゃん肌を目指してみませんか?ポイントメイクも生きて、もっとキレイなあなたに出会えるでしょう♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
目指したいのは「赤ちゃん肌」♪みずみずしい肌の作り方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

この秋冬はワインレッドルージュがブームに!?ルージュメインのメイク方法

今季ルージュで注目のカラーはワインレッドです。ワインレッドは別名バーガンディと呼ばれ、紫味の強い赤のことを指します。一見難しそうなカラーですが、使いこなせると女っぷりがアップするかも!ぜひメイクに取り入れてみてください。

Skin Care

by花田 真理

これはOK?NG!?気をつけるべき乾燥肌対策とは?

乾燥が気になってくると方法はいろいろでも、みなさん乾燥肌対策をされていると思います。 でもその対策自体がもしも間違っていたら意味のないことですよね…。 今回は乾燥肌対策をする際に気をつけるべきことをご紹介します。

by稲毛 登志子

CANMAKE「グロウフルールチークス」から限定色の青みピンクカラーが20...

CANMAKEの人気チーク「グロウフルールチークス」に、これまでなかった青みピンク系カラーが限定登場です。ブルーベースさん待望のカラー。2017年1月1日の発売が待ち遠しいですね♡

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す