2016年9月6日 更新

肌にもっと潤いを!化粧水の効果がアップする正しい手順とは?

肌にもっと潤いを!化粧水の効果がアップする正しい手順とは?

化粧水の使い方一つで、肌の潤い方も変わります。 肌内部まで化粧水の成分が浸透するようにするには、何に気をつけたらいいのでしょうか? 肌が潤うポイントをまとめてみました。

化粧水だけで保湿はできている?

かさつきやすい季節ですが、肌を潤わせるために化粧水をバシャバシャ与えていませんか?
実は、化粧水だけでは保湿はできていません。
成分の大半が水分である化粧水には、保湿成分はさほど含まれていないのです。

保湿成分が多く含まれている化粧水も中にはありますが、それならこれだけでOK!というわけではありません。どんなに保湿力があろうと、化粧水だけで終わらせてはNGです。
また、もちろん、化粧水を使わなくてもいいというわけでもありません。
化粧水で水分補給することで肌の調子を整え、美容液の保湿成分を入れやすくします。

保湿に効果のある有効成分を肌内部に届けるのは美容液の役目。
凝縮された有効成分がたっぷりと含まれているので「保湿=美容液」と覚えてください。

特に保湿に効果的なのは、セラミド配合のものがおすすめ♪肌にもともと存在しているセラミドは、年齢を重ねるとともに減少してしまうのですが、不足している分を補うためにも、セラミド配合の美容液が欠かせません。

セラミド美容液を買うときは、特に保湿力のある「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」がいいでしょう。数字によって分類されているのですが、これらは、ヒト型セラミドといって、私たちの肌に存在しているものと同じつくりをしているので刺激も少なく、浸透力も期待できるというわけです。

セラミド美容液の効果を高める化粧水とセットで使ったら、さらに潤い効果アップです!
たとえば、水溶性成分の「ヒアルロン酸」「アミノ酸」「ビタミンC誘導体」は、セラミドと相性がいいといわれているのですが、水溶性成分は水に溶けやすい性質なので、水分の多い化粧水に含有させやすいのです♪

ヒアルロン酸は保水力がとても高く、少しべたつきのある成分なので、とろみのある化粧水になります。
一方、アミノ酸配合の化粧水はさらっとしているものが多く、さっぱりタイプが好きな人によさそうです。そしてビタミンC誘導体は美白・ニキビ予防にも効果的といわれ、肌の潤いに期待できます。

ただしビタミンC誘導体はもともと酸性なので、敏感肌の方は刺激を感じることもあるようです。敏感肌の方は、ビタミンC誘導体よりもヒアルロン酸やアミノ酸化粧水の方を使うようにしましょう。

肌が潤うスキンケア

肌が潤うスキンケアの手順は、「化粧水→美容液→乳液またはクリーム」です。
化粧水で水分補給した後に、美容液で水分・保湿成分を補い、さらにその後、乳液・クリームでフタをします。

この乳液・クリームの「フタ」があることで、潤いを肌内部に閉じ込めて保湿成分を蒸発させないようにするのです。化粧水と美容液だけで満足してしまったら、保湿成分が蒸発して乾燥してしまい、また、クリームだけを使っても、肌内部に閉じ込める水分や保湿成分が不足してしまうのです。

①洗顔後すぐに化粧水を乾いた手に取り、顔全体に化粧水をしっかりなじませます。塗り残しがないようにしましょう!手のひらで包みこむようにして優しく押しあてて化粧水を浸透させます。
ニキビや肌荒れがひどいときは慎重につけますが、化粧水をつけることでヒリヒリしたり症状が悪化しそうな場合は、無理につける必要はありません。また、化粧水はつけすぎないように、適量を心がけて下さい

②美容成分が行き渡りやすくなっている肌に、美容液をたっぷりとなじませます。このときも手のひらで浸透させるように包みこんでください。

③乳液・クリームで肌にフタをして、補った水分を肌にとじこめます。顔全体に広げたら、手のひらで包みこみます。

この、「化粧水→美容液→乳液またはクリーム」という手順を守ることで、潤いたっぷりの肌が実現!

保湿による効果

「化粧水→美容液→乳液・クリーム」の手順で保湿をしたら、肌に潤い以外のどんな効果が表れるのでしょうか?
ニキビや毛穴の開き、シミやしわ、乾燥肌と、ありとあらゆる肌トラブルをケアしてくれます。

保湿は、一年中大事です。この時期に保湿を怠っている人はあまりいないと思いますが、「夏は保湿の必要ないかも」と思っている方いませんか?
必ず、一年通して保湿してあげてください。
そして繰り返しますが、化粧水だけでは、保湿はできません。美容液とセットと覚えておいてください。

肌が乾燥していると、乾燥肌・敏感肌になることも否めません。
乾燥を防ぐことは、肌を健康な状態に保つために必要不可欠なことです。

潤い肌になるには
①保湿美容液を取り入れる
②皮脂を落としすぎない
③乾燥が特に気になるときは集中ケア…をするのが一番。

私たちはつい皮脂を悪いものとして捉えてしまいますが、実は「皮脂を落としすぎないこと」で肌は潤うことがあるのです。洗い流すときの温度が高いと、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので注意しましょう。

健康な肌には、肌の角質に20~30%の水分が含まれているといわれています。
一見肌が潤っているようでも、実は乾燥しているインナードライということもあるのです。
コスメカウンターでマメにお肌の水分チェックしてもらうのも、いいかもしれませんね。
一年を通して、水分が20%を切ることのないよう、潤いをキープできる保湿ケアを心がけましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
肌にもっと潤いを!化粧水の効果がアップする正しい手順とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

阿部 裕子さんの新着コラム

Body Care

by阿部 裕子

二の腕をなんとかしたい!自宅で簡単にできるエクササイズでほっそり二の腕♪

薄着の季節になると、気になってくるのが二の腕のたるみ。なんとかしたいけど、ダイエットをしてもなかなかスッキリしない箇所でもあります。そんなときは、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをしてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by小林未来

冬だって要注意!目から日焼け!?紫外線への正しい対策とは

冬になり、夏の時期ほど意識する人が減っていますが、日焼けに関してどのような対策をしていますか?1年中日焼け止めをしっかり塗っている方も多いかもしれません。ですが目から紫外線を吸収しているとしたら…。そんな紫外線の対策をお伝えします。

Skin Care

by石原 翔子

ビタミンC誘導体には種類があること知ってますか?特徴と効果的なスキンケア方...

美肌をつくる万能成分といえば言わずと知れたビタミンCですが、一言にビタミンCと言っても色々な種類と特徴があるのはご存じですか?今回はその種類と特徴を理解することで化粧品選びの参考になるような情報とより効果的なスキンケア法についてご紹介いたします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す