2017年2月24日 更新

肌をキープしてくれる!にんじんはあたたかいスープがおすすめ♡

肌をキープしてくれる!にんじんはあたたかいスープがおすすめ♡

生きた酵素をそのままいただけるということで、毎朝のグリーンスムージーが定番になっている方も多くいらっしゃると思います。生きた酵素を摂取するには「生」のままミキサーにかけたものをいただくのが基本ですが、「にんじん」だけは「温かいスープ」タイプでいただいたほうが身体に良いといわれています。今回は、のどと身体がよろこぶ「にんじん」についてご紹介します。

にんじんの肌と身体への嬉しい効果

寒さの厳しい季節は乾燥していることもあり、のど風邪をひいたり、免疫力が下がり風邪がうつりやすくなる方もいらっしゃると思います。
のどの免疫を野菜といわれている「にんじん」の効果についてご紹介していきます。

◯ 肌への効果
・βカロチンによるエイジングケア効果
・βカロチンとポリフェノールによる美肌効果
・βカロチンとビタミンAによる免疫力アップ効果

◯ 人のどと身体への効果
・カリウムによる冷え性・むくみ解消効果
・のどの免疫力をアップする
・疲れ目の解消
・整腸効果

緑黄色野菜の王様!にんじんに含まれる栄養素

・βカロチン
・ビタミンA
・鉄分
・カリウム
・カルシウム
・ポリフェノール
・アスコルビナーゼ(酵素)
・ビタミンB C E K


これだけ見ても栄養素の豊富さがすぐにわかりますね。

にんじんパワーを発揮するには「酸」と「熱」を利用する

にんじんは「あたたかいスープ」でいただくのがおすすめです。理由は「アスコルビナーゼ(酵素)」にあります。

にんじんに多く含まれている「アスコルビナーゼ」は「ビタミンCを破壊してしまう」という性質があるため、働きを抑制する必要があります。「熱」と「酸」を上手に使うことで、ビタミンCを破壊する性質を防止してくれるようになります。
ビタミンCはお肌の土台でもあり、「コラーゲン」のお母さんのような働きをしているので、にんじんを生で食べずに、あたためたものでいただくということが大切なポイントになってきます。

もうひとつ「酸」の働きも上手に利用するとにんじんの栄養素を上手に吸収することができます。
たとえば、生のにんじんをいただくときには「酸」のはいったドレッシングをかけるなどです。具体的にはマリネや酢の物がおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

にんじんは美肌にいい!といって毎朝、コールドプレスジュールにされている方は、せっかくの肌の土台を生成してくれるビタミンCを破壊してしまい、逆効果になってしまっているかもしれないので、是非あたたかいスープにしてみてくださいね!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
フランスコスメブランドにて小顔を専門にエステティシャンとして活躍後 エステティシャン育成・スキンケア製品トレーナーののち、世界のコスメセレクトショップをマネージメント。 2007年の大転機を機に、アーユルヴェーダとオーラソーマカラーセラピーのライセンスを取得。 2011年渡米、2013年アーユルヴェーダの聖地スリランカへ渡航。 現在は、「心と身体はつながっている」と「内側から輝くキレ...
肌をキープしてくれる!にんじんはあたたかいスープがおすすめ♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花咲 美幸さんの新着コラム

Body Care

by花咲 美幸

肌をキープしてくれる!にんじんはあたたかいスープがおすすめ♡

生きた酵素をそのままいただけるということで、毎朝のグリーンスムージーが定番になっている方も多くいらっしゃると思います。生きた酵素を摂取するには「生」のままミキサーにかけたものをいただくのが基本ですが、「にんじん」だけは「温かいスープ」タイプでいただいたほうが身体に良いといわれています。今回は、のどと身体がよろこぶ「にんじん」についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by浦田 みなみ

約80%の女性がボディのむくみ・ざらつきに悩み…「ジューシィクレンズ」でつ...

暖かくなり肌を出す機会が増えると、ボディのむくみやざらつきが気になりますよね。セルフケアにスクラブを選ぶ方も多いかと思いますが、今春登場した「ジューシィクレンズ」を知っていますか?イチゴやココナッツオイル、ザクロなど、フルーツ&ベジタブルエキスを用いたフレッシュな香りのスクラブで、夏までにすっ...

Body Care

by齊藤 みゆき

代謝が悪い方必見!漢方的ダイエットで健康的にやせる方法【1】

人それぞれの体質を重視する漢方では、ダイエットも個々に合ったやせ方があると考えられています。大きく分けると「代謝が悪く排出力が落ちているタイプ」と「やせたいのに食べすぎてしまうタイプ」の2種類に分けられます。今回は代謝が悪く排出力が落ちている方に向けて、食事の方法など負担なく続けられる健康的な...

Body Care

by猪又 一志

バランスの良いボディラインに!スクワットのバリエーションを増やしましょう①

どんなに効果的なエクササイズでも、それ一つで万能な種目はありません。そればかりか、ある種目に偏っていると、特定の動きに関する筋肉ばかりが鍛えられてしまいます。筋肉のアンバランスは、ボディラインだけでなく身体の動きにも影響を及ぼします。  ありがたいことに、スクワットには様々な種類があり、それ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す