2016年12月7日 更新

花粉による肌荒れは○○対策が重要だった!今すぐ行うべき対策法はコレ

花粉による肌荒れは○○対策が重要だった!今すぐ行うべき対策法はコレ

くしゃみや鼻水、鼻づまりなど一般的な花粉症の症状がなくても起こる「花粉による肌荒れ」。 肌荒れするとメイクができなくなったり、肌に違和感が出て困りますよね…。 今回は、花粉の時期に行うべき肌荒れ対策法についてご紹介します。

花粉による肌荒れとは?

花粉による肌荒れとは「スギ花粉皮膚炎」のことをいいます。
スギ花粉皮膚炎とは、スギ花粉によって起こる「かぶれ」です。

花粉が飛ぶ時期にまぶたが赤くなったり、かゆくなったり、カサカサするといった症状が出る人が増えますが、まぶた以外に頬や、あご、首などの部分も症状が出やすいです。
男性より女性の方が症状が出やすく、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人は特に注意が必要です。

スギ花粉皮膚炎の対策に重要なのはバリア機能対策

スギ花粉皮膚炎による肌荒れの対策方法は「外的刺激から肌を守るバリア機能を整えること」です。
スギ花粉皮膚炎は、バリア機能の低下が引き起こすといわれています。
バリア機能の低下を防ぐ、整える、回復させるためには下記のような対策を行いましょう。

具体的な対策方法

肌を擦りすぎない

肌を擦ることでお肌を守っている角質層が傷つきます。
角質層に傷がつくとバリア機能が低下するため、肌を擦るのは良くありません。
洗顔を行う場合は、きめ細かく泡立てた泡をたっぷり肌にのせ、擦らないようにやさしく洗い、タオルで顔や体を拭くときも肌についた水分を吸い取るようにして、ゴシゴシ拭かないようにしましょう。

お湯の温度は適正なものに

熱いお湯は肌のうるおい成分が失われ、乾燥が進行しやすくなります。
乾燥はバリア機能の低下を引き起こします。
そのため、熱いお風呂に入ることや、洗顔時のお湯の温度には注意が必要です。
お風呂の温度は38~40℃程度、洗顔時は32℃程度のぬるま湯で行いましょう。

落としやすいメイクをする

濃いメイクやウォータープルーフのコスメを使用するなど、洗浄力の高いクレンジングを要するメイクは好ましくありません。
「洗浄力の高いクレンジング=バリア機能を低下させやすい」を意味するといえます。

今はお湯で落とせるマスカラなど、落としやすいコスメが多く販売されています。
バリア機能が低下しているときは落としやすいメイクを心がけましょう。

また、フェイスパウダーはファンデーションと違って油分が少ない(または配合されていない)ため、落としやすいです。
ファンデーションを使用せずにフェイスパウダーだけでメイクするのもおすすめです。

外から補う

バリア機能を回復させるためには保湿成分を補うことが大切です。
例えば、化粧品だと細胞間脂質の約半数を占める「セラミド」やNMF(天然保湿因子)の大半を占める成分である「アミノ酸」、セラミドを作り出すのをサポートする成分「ユーカリ抽出液」や「ライスパワーNo.11エキス」などを補給してあげるとよいでしょう。

医薬品だと「ヘパリン類似物質」配合のものがバリア機能回復に役立ちます。
また、保湿を行う際は洗顔後すぐに行いましょう。

最後に

バリア機能対策はほんの少しの心がけでできることがたくさんあります。
もこもこ泡を作るために洗顔ネットを使用する、お湯で落とせるマスカラに変更する、スキンケアをバリア機能対策のものに変更する…など、できるところからで構いませんので対策を行ってみてください。

また、ヘパリン類似物質配合の医薬品には処方薬もありますが、市販薬もたくさん販売されています。
ローション・クリームなど剤形が様々ありますので、使用感の好みで選んでみてください。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
花粉による肌荒れは○○対策が重要だった!今すぐ行うべき対策法はコレ
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

冬でも注意が必要!茶くすみが出来る原因と対策

くすみにはいくつか種類がありますが、その中の茶くすみをご存知でしょうか?茶くすみは誰にでも起こりやすいくすみだからこそ注意が必要なのです。今回は茶くすみの原因と対策についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by竹本 実加

花粉症の時期も美人でいたい!時短・崩れない・艶肌メイクテクニック

春と同時にやってきた辛い花粉症。 目がかゆくてこすってしまったり、鼻のかみすぎでメイクが崩れてしまうときもあるかもしれませんが、「女子力は捨てられない!」という花粉症の方はもちろん、普段にも使えるメイクテクニックを伝授します。

Skin Care

by花田 真理

スキンケアで改善も!青くすみの基礎知識を解説

今日は肌色が悪いな…と思う日はありませんか?くすみは肌の透明感を邪魔するもの。くすんでいる肌は若々しく見えませんよね。くすみは何種類かあるのですが、今回は青くすみについてご紹介します。

Skin Care

by遠山 久美子

乾燥するお肌をしっかり保湿!あなたにピッタリの化粧水と保湿方法をお教えします

「化粧水をたっぷりつけているのに…お肌の乾燥が気になる!」そんなこと、ありませんか?潤い肌になるための化粧水(お肌に必要なオススメ成分)と保湿方法についてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す