2016年9月6日 更新

髪を傷めないために!正しいシャンプーのやり方をマスターしよう

髪を傷めないために!正しいシャンプーのやり方をマスターしよう

シャンプーは清潔感を保つために欠かせません。しかしシャンプーは大切ですが、やり方を間違えると髪が傷む原因となることをご存じですか?今回は髪を傷めないために正しいシャンプーのやり方をご紹介します。

髪のダメージとは?

ダメージヘアとはキューティクルがダメージを受けた髪のことをいいます。髪表面のキューティクルが剥がれたり、めくれあがったりといった状態です。

キューティクルが損なわれると髪内部を守る働きが低下してしまうので、水分やタンパク質が流出し切れ毛や枝毛が発生しやすい状態となってしまいます。そのため、艶のある健康的な髪を維持するためにはキューティクルを傷めないようにすることが大切です。

シャンプーがダメージの原因になる理由とは?

シャンプーは、洗ったりすすいだりする間に髪同士が擦れやすく、髪に摩擦が起こりやすいのです。摩擦が強いとキューティクルが剥がれてしまいます。

シャンプーの際はできるだけ摩擦を少なくするように自分の髪に合ったシャンプーを選び、正しいシャンプーを行いましょう。

正しいシャンプーのやり方

①ブラッシング

髪は濡れると絡みやすくなるため、シャンプー前にブラシやくしでもつれをとっておきましょう。この時使用するブラシやくしは、目の粗いものを選んでください。

事前に髪のもつれをとることで、シャンプー時に髪が絡まり無理な力が入ることを避けられ、キューティクルが剥がれることを防げます。

②予洗いする

38~40度程度のぬるま湯でシャンプー前に髪と地肌の汚れを落としましょう。

予洗いすることで大半の汚れが落ちます。予洗いを行うと髪と地肌を十分に濡らしておくことができ、シャンプーの泡立ちがよくなります。シャンプーの泡立ちは髪同士の摩擦を防ぐ働きをしてくれるため、泡立ちは重要なポイントです。

③シャンプーを泡立ててから頭皮を洗う

シャンプーを適量手のひらに取って泡立てましょう。その後、何箇所かに分けて泡を地肌からつけていきます。指の腹でマッサージするように頭皮を洗っていくことがポイントです。

髪はシャンプーの泡が行き渡れば汚れは落ちるため擦りすぎる必要はありません。

④しっかりすすぐ

髪が洗えたら、シャンプーが残らないようにしっかりとぬるつきがなくなるまで流しましょう。特に耳の周辺部分、襟足、生え際はシャンプーが残りやすいので注意しましょう。

使用するお湯の温度は予洗いと同じ38~40度程度のぬるま湯が最適です。熱すぎるお湯は髪にダメージを与えますので避けるようにしてください。

最後に

いかがでしたか?今回はシャンプーの正しいやり方をご紹介しました。この記事を読んで正しいやり方でなかったと気が付いた人は正しい方法でシャンプーを行うよう心がけてみてください。キューティクルを傷つける行為を減らしていくことは、綺麗な髪でいるために大切ですよ。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
髪を傷めないために!正しいシャンプーのやり方をマスターしよう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by塚本 昌史

髪のザラつきの正体!「金属イオン」を除去してなめらか髪を手に入れよう

近年、ダメージの正体について色々な専門家の方々がディスカッションされていますが、著者は違う角度から「ザラつき」についてお話したいと思います。実は身近なところに、髪のザラつきの原因が潜んでいるのです……!

by二神 健一

初心者でもこなれ感たっぷり!簡単ヘアアレンジ

今日はおしゃれにアレンジしたい...日常の髪型にも何か変化が欲しい... でも自分でアレンジするのは手間がかかるし難しい...そんなことを考えた経験がある方も多いのでは?そこで今回は簡単にできるアレンジテクニックをご紹介します。使うものは「リングゴムとコテ」だけ!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す