2016年12月7日 更新

肩こり知らずのエレガントなデコルテに!バレエ的・美しく首を伸ばすための2つのポイント

肩こり知らずのエレガントなデコルテに!バレエ的・美しく首を伸ばすための2つのポイント

バレリーナのデコルテは、いつでもエレガント。その秘訣は、首の姿勢の保ち方を研究しているからです。大事なポイントは2つ、頭と首の「つけね」を高くすることと、耳と肩を引き離すようにまっすぐ伸ばすことです。日常生活からいつでもどこでもエレガントなデコルテを整えましょう。

バレエでは首筋が「優雅さ」を醸し出す

バレリーナの首筋、デコルテは、とても優雅な印象を与えます。
首というのは、人の心を表すようなパーツです。

例えば、激しい運動をして息苦しくなったり、気持ちが焦っていたりすると、肩がすくんでしまうことは多いでしょう。
すると、エレガントさがなくなってしまいます。
また、最近ではスマホを下向きに見る癖で、首が丸まってしまう女性がたくさんいます。

でも、舞台上のバレリーナはどんな動きをしても、エレガントなデコルテを保っています。
それは、子どものころからレッスン中に首筋をしっかり立てておく訓練をしているので、肩を下げて胸を開く習慣が身についているのです。

首を長く伸ばすことが優雅なデコルテを作る第一歩

バレエの基本的な姿勢は、肩を左右に開いて、肩甲骨をヒップの方へ下げるように背筋の力を鍛えます。

多くの人が肩こりになってしまうのはその逆の、肩がすくんで胸が閉じてしまうことが原因で、猫背の人に多い状態です。
バレエのエレガントなデコルテを保つ姿勢をキープすると、肩こりも防ぐことができます。

首の姿勢を整える方法

(1)首と頭の「つけね」をまっすぐに!首の軸を整える習慣をつけよう

首の骨は、背骨のS字カーブにつながっている大事な部分でもあります。
中でも、頭と首がつながっている「つけね」の位置を感じましょう。
(首の一番上の骨のことを、「第一頸椎」、「環椎」とも呼びます)

首の骨が前に倒れていませんか?
高く持ち上げるように、まっすぐに整えてみましょう。

よく猫背でストレートネックになってしまっている人は、あごが前に突き出てしまいます。
あごを軽く引いて、首を縦に伸ばし、耳の高さを真上に持ち上げるようにします。
そうすると、頭と首の「つけね」のあたりが、まっすぐ中心で高い位置に整います。

(2)耳と肩を引き離すように首を縦に伸ばす

首を長く伸ばすには、まっすぐに伸ばす必要があります。
多くの人は、まっすぐ伸ばそうとしているつもりが、反ってしまったり、丸くなってしまったりします。

まっすぐの方向に伸ばすコツとしては、耳と肩をできるだけ長く引き離すようにすることです。
例えば、ご自分のデコルテを鏡で観察してみましょう。
わざと、肩がすくめてみてください。
耳と肩が近くなってしまうのがわかりますか。

できるだけ、耳たぶと肩が離れるようにすると、首がまっすぐ縦に起き上がり、長く伸びる感覚が生まれてきます。
これは、直立したまっすぐの姿勢を作るための基本でもあります。

きれいなデコルテは美意識の結晶!

首筋を整えることは、肩こり防止と、エレガントなデコルテを作る一番速い方法です。
ただ、なかなか習慣にするまでは大変かもしれません。
女性のデコルテの美しさは、美意識の結晶です。

バレリーナも、ダイナミックに運動して、手足をさまざまな角度へ持ち上げたりしますが、首筋・デコルテはいつもエレガントでいられるように訓練しています。
レッスンの最中はもちろんのこと、日常生活でも意識しているのです。

家でもオフィスでも姿勢は心がけることができます。
まずは鏡を見てセルフチェックすることから始めていきましょう!

【ご案内】ナチュラルエレガントな姿勢を作る!女性限定・バレエヨガビューティーレッスン

バレエとヨガのエッセンスを組み合わせた新しいエクササイズ!
ナチュラルエレガントな体を作る「女性限定・バレエヨガビューティーレッスン」を体験されたい方は、筆者がレッスンで直接指導します。
ぜひお気軽にご参加くださいませ!
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
バレエヨガインストラクター クラシックバレエを3歳から始める。バレエ・オペラ等の舞台に出演。 バレエ指導の経歴と、会社員時代にストレスマネージメントとして実践したヨガを融合させたボディメソッドを展開。 大自然のヨガ・リトリート in 乗鞍、京都勝林寺ヨガ・坐禅ワークショップなどの企画運営を手がける。
肩こり知らずのエレガントなデコルテに!バレエ的・美しく首を伸ばすための2つのポイント
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

三科 絵理さんの新着コラム

Body Care

by三科 絵理

垂れないおしりになる!バレリーナのヒップアップトレーニングをご紹介

毎日イスに座りっぱなしでは、お尻の筋肉が緩みがちになってしまいます。「気づいたらヒップのサイズが大きくなっていた!」とならないために、ヨガ「橋のポーズ」でキュッと丸く引き上がったヒップを作りましょう。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by杉本 絵美

白い草履で足もときりり♪これで初心者でも着物姿が格段に美人に

洋服の着こなしで「おしゃれは足元から」というように、着物の着こなしでも足元はとても重要です。着物初心者の方でも「目立たないけど質の良いもの」を選びだす方法をご紹介します。

Body Care

byPapp Hideko

健康的に美しく痩せるなら「春からダイエット」!成功しやすい3つの理由

だんだんと日が延び始め、春の気配を感じられるようになりましたが、暖かくなると気になるのは、薄着で目立つボディライン。でも、実は春はダイエットを始める絶好のタイミングなのです!その主な理由を検証し、解説したいと思います。

Body Care

by千葉 祐子

すっきり小顔に見せたい!お顔の「むくみ」対策

鏡を見て、「太った!?」と思うことがあるかもしれませんが、もしかしたらそれは「むくみ」かもしれません。お顔がむくんでいるとすっきり見えないし、メイクも決まりませんね。普段から気をつけていてもなかなか解消しない方も多いのではないでしょうか。まずは原因を知って、自分に合った対策を実践していきましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す