2016年12月7日 更新

美容鍼灸師が教える「冷え性を改善させるための3つの方法」とは?

美容鍼灸師が教える「冷え性を改善させるための3つの方法」とは?

暑い季節も終わり、足先が冷たくて寝られないといった方も増えてくるのではないでしょうか?不眠症、肩こり、腰痛、生理不順、不妊症、猫背、視力低下、肥満といった万病のもとである「冷え症」の実態と対策を美容鍼灸師がこっそり伝授します。これであなたも冷え性とさよならできるかもしれません♪

忙しい人は特に注意!「万病のもと=冷え」の日常に潜む原因とは?

腰痛・肩こり・生理痛から癌といった病まで、体のあらゆる不調は「冷え」が関係しているといわれており、その3大原因は「運動不足、食べすぎ、寝不足」と考えられています。

その理由は、血液循環にあります。
運動不足と食べすぎは筋肉を固くして血行を悪くしてしまい、また、睡眠には脳神経と内臓を休める役割があるため、不足すると疲労物質が溜まってしまうのです。
忙しくてつい運動する時間がとれなかったり、睡眠時間も思ったように確保できない、あるいはストレスなどのために食べすぎてしまうことがあるなど、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方々にまずお伝えしたいのは、冷え性改善には「温めること」が大切だということです。
もちろん冷えを感じているため温めることが大事なのですが、その方法は主に3つ挙げられます。

1. 保温
2. 加温
3. 発熱

それぞれくわしく見ていきましょう。

1. 保温

既にお試しの方が多いかと思いますが、保温とはつまり、持っている熱を逃さないように保つということです。
保温におすすめの方法といえば、腹巻を巻いたり、靴下を2枚履きしたり、ひざ掛けやカーディガンなどを身にまとうことです。
グッズさえあれば身につけるだけで、外から簡単に温めることができ、そのふかふかの感触で心まで癒されるような気持ちになりますね。

ただし、厚着しすぎると圧迫されてしまい、かえって血行を悪くして冷えてしまうこともあります。
適度な重ね着でとどめておき、「充分な保温をしているのに温まらない」という方は、次の「加温」をご参考ください。

2. 加温

加温は、お風呂や岩盤浴、カイロなどで体の芯まで温めることを表し、保温よりも効果が高く、熱そのものを加えるので、長持ちさせることができます。
特に体温が低く湯冷めしやすい、または普段バスタブに浸かる習慣がないという方は、1の保温グッズだけではなかなか芯まで温めることができません。充分な熱を加えることによって、しばらく適温を保つことができるのです。

発熱体(お風呂のお湯など)が冷めると一気に保冷剤となり冷えてしまうのでご注意くださいね。
また、加温した箇所だけ赤くなり、加温した熱もなかなか保つことができないという方は、「発熱」をご参考ください。

3. 発熱

体の発熱体は「筋肉」です。そのため、筋肉が薄い方、またはそれ以上に脂肪(セルライト)や水分が多い方は、やはり冷えてしまいがちです。
この筋肉を上手く鍛えて、維持することが冷えに対して一番効果的といえるのです。

しかし、筋肉を鍛えるために筋トレを行うにしても、続けることが難しかったり、あるいは間違った方法でかえって体に負担をかける場合もあります。
いい筋肉とは「よく伸びてよく縮むしなやかさ」があること。ただむやみに固くすればいいというものではありません。

トレーニングジムの鏡の前で、固くなった筋肉をみてウットリしてしまう…という方、ご注意ください。
見せる筋肉と使える筋肉は違います。
ムキッと筋肉を鍛えた後には必ずストレッチが必要です。そうすることにより、常に筋肉に血液が流れて体温が保たれるのです。

体温を保つためによい筋肉を作り出すためには

冷え性を改善し、美と健康に気づかうには、「よい筋肉=血行がよい状態」を作り出すことが必要です。
これを維持することが、見た目年齢を下げ、「若さ」に繋がります。

質のよい筋肉をつけるためにおすすめしたいのは「バレエとストレッチ」です。

バレエは、均整のとれた究極の肉体美を作るトレーニングです。
といっても、華やかなステージに頻繁に立つ必要はありません。大切なのは「いつもだれかに見られている」という意識です。これが、健康美を保つのにとても役立ちます。

また、ほかにもバレエには

◎あらゆるスポーツの修得の基礎能力が鍛えられる。
◎柔軟性が身につくため、転倒や怪我の予防に繋がる。
◎姿勢が良くなるため、様々なファッションが似合うようになる。

などの効果が期待できます。

興味がある方は、是非チャレンジしてみてくださいね!

横浜で隠れファンの多い、臨床25年・診察人数8万人のカリスマ美容鍼灸師が、冷え性の悩みもその人に応じてしっかり診断させていただきます。
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
小澤めぐみ
予防医学カウンセラー・鍼灸師 臨床経験25年8万人 東洋医学サロン あかり堂 ~Garden~ 代表 足とからだの東洋医学研究所 所長 私たちは東洋医学を通じて“ありがとう”のあふれる社会に貢献いたします *当院は、身体のケアだけでなく、身体を作る養生法、養生の基礎となる心の在り方まで段階的にサポートする治療院です STEP1:腰痛・肩こり・冷え性など「身体のつぼケア...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小澤めぐみさんの新着コラム

Body Care

by小澤めぐみ

美容鍼灸師が教える「冷え性を改善させるための3つの方法」とは?

暑い季節も終わり、足先が冷たくて寝られないといった方も増えてくるのではないでしょうか?不眠症、肩こり、腰痛、生理不順、不妊症、猫背、視力低下、肥満といった万病のもとである「冷え症」の実態と対策を美容鍼灸師がこっそり伝授します。これであなたも冷え性とさよならできるかもしれません♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

byみやたけ たつんど

免疫力アップでほうれい線が薄くなる!?胸腺を活性化してほうれい線対策を

ほうれい線は特定の筋肉と深い関係があり、体の不調が顔に反映された結果、口元にシワが刻まれてしまいます。しかし、弱った筋肉と内臓を鍛えることで、体の内側からほうれい線にアプローチすることができるのです!そこで今回は、胸腺を活性化して、内側からほうれい線対策をする方法をご紹介します。

bysAra

いつものバスタイムをちょっと変えるだけ? 綺麗なツヤ髪になれる5つの方法

特別なことをしない。特別なものを使わない。アーユルヴェーダやヨガの世界では、ヘアケアにおいてもそのような考えをもっています。当たり前のことのように思えて、実は改めて振り返るとできていないことが多い、そんなことないですか?そんな、「当たり前」のように思えて、でも実はとっても大切なことや、普段忙し...

Body Care

by辻岡 奈保美

【2016秋 新作発表会】日本人の80%が歯周病?!デキる女性はスタイリッ...

8月18日、フィリップス本社にてフィリップスの人気オーラルケア「ソニッケアー」シリーズの2016年秋の新作発表会が開催されました。歯ぐきケアに特化したブラシとモードが実現した「ソニッケアー ガムヘルス」をはじめ、デザインとイノベーションにこだわるフィリップスの象徴的な人気商品「ソニッケアー ダ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す