2016年9月6日 更新

あなたのシミはどれ?シミの種類を知っておこう

あなたのシミはどれ?シミの種類を知っておこう

美肌を目指す人にとってシミは憎き敵です。シミ対策を行うことは重要ですが、シミにも種類があるのをご存じですか?どのシミが出来ているのかを知っておくとシミ対策にも役立ちます。今回はシミの種類についてご紹介します。

老人性色素斑

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は薄い茶色から黒っぽい色をした境界がはっきりしたシミです。
紫外線が原因で出来ます。
顔に限らず紫外線が当たりやすい体にも出来やすいです。
中年以降に出現することが多いですが、紫外線を沢山浴びている人や色白の人など早い人だと20代でも出現します。
一般的にシミというとこれを指します。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)は、にきび・かぶれ・火傷など皮膚が炎症を起こし症状が治まっても色素が沈着してしまい出来てしまうシミのことをいいます。
炎症が原因なので、顔以外の体にも出来ますし、年齢は関係なく発生します。
ターンオーバーによって徐々に消えていくことが多いですが、皮膚の炎症が悪化してしまうと長期間消えないこともあります。
また紫外線には注意が必要で大量に浴びると色が濃くなることがあります。

そばかす

そばかすは別名「雀卵斑(じゃくらんはん)」ともいいます。
小さい点状のシミが鼻周りや頬に散らばるように出現します。
遺伝によるもの体質が原因ですが、紫外線によって濃くなることもあります。
子供の頃から現れるシミです。

肝斑

肝斑(かんぱん)は30~40代に現れやすいシミです。
頬や頬骨上、額、口周りなどにほぼ同じ形大きさで左右対称に出来るのが特徴です。
広い範囲に輪郭がはっきりしない形で出現します。
目の周囲には出来ません。
女性ホルモンの影響が原因の1つに考えられています。そのため妊娠やピル(経口避妊薬)の使用で悪化することもあります。

ADM

ADMは後天性真皮メラノサイトーシスのことで、別名「両側性太田母斑様色素斑」ともいいます。
左右対称に出現するため、肝斑と間違えやすいシミです。
一般的なシミはメラニンが表皮内に増えてますが、ADMでは真皮に増えているのが特徴です。
成人以降に両側の頬に小さな斑点状のシミとして出現しますが、そばかすより大きく、灰色や紫褐色や青みがかった色をしています。

脂漏性角化症

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は老人性いぼともいわれる皮膚の良性腫瘍です。
皮膚の老化が原因で出来ますが、早い人だと20代でも出現します。
顔だけでなく、全身どこにでも出来ます。
形は平らなものから表面が盛り上がっているものまで様々で、色も肌色に近いものから黒色まであります。

いかがでしたか?
今回はシミの種類についてご紹介しました。
シミの種類によって治療法が異なるので、種類を知っておくことは大切ですよ。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
あなたのシミはどれ?シミの種類を知っておこう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

美白成分にはタイプがある!シミ予防に効果のある美白成分とはどんなもの?

夏になると「美白」という言葉を聞く機会が増えますよね。美白対策に欠かせない美白成分ですが、タイプが分かれているのをご存じですか?製品を選ぶときにも役立つのがこの知識!今回は「シミができないように予防する美白成分」についてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す