2016年12月7日 更新

痩せたいだけの人へ!きついヨガやトレーニングはしない方が良いかも…

痩せたいだけの人へ!きついヨガやトレーニングはしない方が良いかも…

ハードなヨガや負荷をたくさんかけるようなトレーニングをやってるのに体重が一向に減らない…という方、いらっしゃいませんか?パーソナルトレーニングとヨガの両方を指導する筆者も、そのような方にお会いすることがあります。ハードな運動をする前に、基本ができているのかどうか、薄着になるこの季節にもう一度立ち止まり自分の体の機能をみつめなおしましょう。運動の呪縛から心を解き放ち「無理なくやせる」体に変化させる方法をお伝えします。

勉強も運動もガリ勉タイプより要領のいいタイプに

「なんで彼女はたべているのに痩せてるの?」長きにわたり筆者もこの疑問から心が離れない20~30代をすごしました。ハードな運動をしながらどうにか保っている体重、しかししなやかな体つきとは程遠いタイプでした。生まれながら受けついたDNAを恨みながら、時にはダイエットドリンクだけで夕飯をしのぐこともありました。そんな生活も40歳を前にして精神的な苦痛となりでむくむくと体重が増加。運動をすることも20代の頃にくらべて減ってきて中年太りの一歩手前まで体重が増えた時代がありました。

身体のずれがないか自分でチェック

ヨガを指導している時に非常に多いのが軸がぶれている方。
なかなか自分では気づきにくいのですが、これが整わなくしてはヨガをしていても効果が十分に感じられるとは言えません。
では軸をぶらさない身体づくりをするには何が効果的なのか、答えは簡単「揺らす」ことです。
仰向けになり骨盤を左右に揺らす。このときに右と左に倒れる角度に注意しましょう。
自分の身体を知りそして整える、意外と簡単なようで難しいのです。

要注意!軸を締めようとして違う筋肉が発達してしまう方

軸、つまり背骨から骨盤にむかって通っている一本の線です。この軸をととのえるのに無駄に力をかけて腕や太ももを鍛えてしまう方がいます。
筋肉を男性的に大きくすれば、代謝はあがりますがしなやかな身体という感じではありませんよね?そして筋繊維は脂肪よりも重いので体重も増加してしまいます。
まずは薄い筋肉を呼び起こすように等尺性運動を心がけましょう。過度なウエイトトレーニングをしている方はウエイトを軽くして使いにくい筋肉を目覚めさせるように動かします。

トレーニング中毒の方にとっては負荷を軽くすると、「運度をやった感」「満足感」というものが薄れていきます。しかし動かし方と頭の指令の出し方でかなり「運度をこなした達成感」というものが出てきますのでやってみましょう。
道具も何もいりません、使うのは呼吸と自分の身体だけです。

基本姿勢!お腹をへこませた状態でどれぐらいキープできるか

どの動きをおこなうにしても、まずは立ち姿を整えてから始める様に指導します。
その立ち方ですが、あばら骨を触ってみてください。そこから両手であばら骨を上に持ち上げるようにお腹をへこませてみます。すると肩があがります。そしてお腹の伸びをキープしながら肩だけを下ろしていきます。この態勢がどれだけ維持できるか。腹斜筋というあばら骨と骨盤を引き離してくれる衝立のような筋肉が鍛えられれば、もう内臓が下垂する心配はなくなります。この姿勢で肩をグルグルまわしても良いですし、ひざをあげて足ぶみするだけでも良いです。
油断するとお腹が出てしまうので、気を抜かないようにしてみましょう。

達成感は充分!お腹ペタンコ運動

こちらを読みながらおこなってみた方にはわかると思いますが、この簡単な運動、予想以上にかなりハードです。
まったく負荷をかけていないのにもかかわらず、手をうごかす、足をうごかすとお腹がぽこっとでてしまうのです。
この意識を変えていきましょう。手や足はお腹と背中の筋肉からのびているという意識へ。そしてお腹をへこませた状態で、肩の力を抜きながらどんな運動もできるようになれば軸はかなり締まってきます。その結果内臓の下垂はふせげますし、骨盤が開きにくくなります。
無駄な物がたまりにくくなるのでお通じが良くなったり、子宮周りの血行が良くなり生理による痛みなどが軽くなることも期待できます。

運動する時間がない人は"ながら運動"で実践しましょう

時間が無いときに無理に時間を作って運動をしなくても良いのです。普段から私たちはかなり身体を移動させて「運動」をしています。
通勤電車の中で立っている時や座っている時、こんな時こそ意識をかえてお腹ペタンコ運動です!これが無意識にできるまで何度でもチャンレンジしてみてください。本当にびっくりするほどお腹がスリムになっていきますよ。水着の季節まであと少し!みなさん頑張りましょう♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
アウェイク鎌倉主宰 ヨガインストラクター ラフィール代官山パーソナルトレーナー
痩せたいだけの人へ!きついヨガやトレーニングはしない方が良いかも…
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

橋本はづきさんの新着コラム

Body Care

by橋本はづき

長袖で見えないからって油断してませんか?冬こそ二の腕を引き締めておきましょう!

厚着の季節ほど油断してしまい二の腕から背中のラインがだぶついてしまうのではないでしょうか。寒い季節は背中が丸まってしまいがち、だからこそ代謝が落ちて背中のお肉が一層増えるのです。来年の薄着の季節にあせらないように今から代謝もアップする、肩や二の腕のラインを美しくするエクササイズはじめましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by橋本はづき

痩せたいけど実はヨガはちょっと苦手!次なる「アウェアネス・トレーニング」に挑戦!

筆者はヨガ講師ですが、ヨガ嫌いな人が多いことに最近気づきました。「ヨガってなにがいいの?」「あんなにキツイことは二度とやりたくない!」という方も。これだけヨガスタイルがあると、その中で自分にマッチするヨガをみつけるのも大変ですよね。しかしヨガを嫌いになってもらってはもったいない。そんな思いから...

Body Care

by癒野 のばら

今日から始めよう!女性らしい曲線美を作る方法

適度に筋肉がついていて、なのに見た目は柔らかそうな体つきは女性にとって理想的ですね。 「でも私には無理…」とあきらめてしまったらもったいないですよ。ストレッチで筋肉をほぐしてアクティブになれば、消費エネルギーも増えてダイエットにつなげることができます。

Body Care

bymaki

骨盤の調整とインナーマッスルトレーニングで美脚を手に入れる

骨盤が正常の場合、脚だけでなく姿勢も良くなり、見た目の印象がかなり変わります。毎日の心がけとクイックケアでスタイルアップと美しい姿勢を手に入れましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す