2016年12月7日 更新

目のヨガ「トラータカ」でクリアな瞳に近づける秘密♡

目のヨガ「トラータカ」でクリアな瞳に近づける秘密♡

「目」専用のヨガがあるのはご存知ですか?目元は年齢も出やすい部位。日々の疲れ目に効く「トラータカ」でクリアな瞳をめざしませんか♡

目のヨガ「トラータカ」とは?

オフィスワークで仕事中はパソコンとの戦い。疲れ目が気になるな、という方にはたった数分でその悩みを解消できるかもしれません。

その方法とは、ヨガの一種ではありますが、ヨガマットなどの準備は不要!
場所を選ばず、どこでもできて、つらいポーズもありません。

疲れた目を癒す「トラータカ」とは、意識を一点に集中させ、疲れた目を浄化するとともに目の機能も強化するという、ヨガにおける浄化法。
視覚から集中力を高めることで、神経をおだやかに落ち着かせる作用もあるそうです。

やり方はとっても簡単♡

①目の前の対象物に対して意識を集中させます。
②約1分間まばたきをせずに対象物を見つめます。
③涙が出るくらいまで見つめたら、まぶたを閉じてください。
④約1分間まぶたの裏側あたりで対象物の残像を感じましょう。

見つめる対象物にいいものとは?

月、星、太陽、自然の草花などがいいとされています。
また、ロウソクの明かりには心を落ち着かせる効果があるため、トラータカヨガに適しています。
ロウソクなら室内で夜寝る前など気軽にトラータカが行えるのでいいでしょう。アロマキャンドルを使えば優しい光と香りで癒し効果も期待できます。

キラキラした瞳を作るというトラータカの効果とは

慢性的な疲れ目は、ドライアイを引き起こし、涙不足に陥っている場合もあります。
トラータカで涙を流すことで、瞳に潤いを与えて、スッキリとした心地よい感覚とクリアな視界をもたらしましょう。

最近、コンタクトレンズによる疲れ目やドライアイを引き起こしている女性が増えています。
コンタクトがオシャレには欠かせない!という方も多いかもしれませんが、疲れ目を改善することで目の充血や病気の予防にも繋がるため、裸眼でも輝きのある瞳を作れたらいいですよね。

エイジングケアにも有効!?

目の疲れをあまり放置していると、頭痛、吐き気、肩こりなど、いろいろなトラブルを引き起こす原因となりますので、日ごろから瞳のケアを意識してあげたほうがいいでしょう。
また、トラータカで1点を見つめながら集中することは、目の周りの筋肉を鍛えながら目のたるみ予防や改善にもつながるので、若々しい目元を作るためのエイジングケアとしてもオススメです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ネイリスト、サロン衛生管理士、ネイルインストラクター、サロンモデル 長年のネイリスト経験中、最初は手に関する質問が多い中、お客様への的確なアドバイスの為幅広く美容を研究。オーストラリアでの留学をきっかけに他国の情報にも興味を持ち、旬な美容情報や女性が輝く為のサポートとして記事を執筆。 Myinstagram☝︎http://instagram.com/miku.k0815
目のヨガ「トラータカ」でクリアな瞳に近づける秘密♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小林未来さんの新着コラム

Nail

by小林未来

年末年始に向けての人気ネイルデザインカタログ♡

今年もあとわずか、もうすぐクリスマスに年末年始とイベント盛りだくさんですね♪家族でゆっくり過ごす方も、アクティブに旅行を考えている方も、指先までおしゃれをして楽しい休暇を迎えたいですよね♡そこで、近頃人気のネイルデザインをご紹介したいと思います♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

冬の髪色にチェンジした方必見!ダークカラーのヘアに似合うメイク方法

寒い季節となり髪色を暗めにチェンジした方も多いのではないでしょうか。髪色によって似合うメイクは異なりますが、暗めのカラーリングにはどのようなメイクが合うのでしょうか。今回はダークヘアに似合うメイク術をお伝えします。

by西田 彩花

トレンドメイクがしたい♡流行ルージュを取り入れるトータルメイクの方法

今季、流行しそうなルージュのカラーは、レッドやゴシックベリー、ベージュです。ケバケバしくなってしまいそうだったり地味な印象になってしまいそうだったり…。一見取り入れるのが難しそうなカラーですよね。そこで、どんなメイクをすればキレイに取り入れられるのかをご紹介します。

by西田 彩花

着物の日はメイクも変えて♪和服メイクをマスターしましょう

着物を着てお出かけする日は、なんだかワクワクしますよね。メイクも少し装いを変えて、いつもと違う自分を楽しんでみてはいかがでしょうか?今回は、和服に似合うメイクをレクチャーします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す