2016年12月7日 更新

美白やエイジングケアも?!注目のアーモンドオイルの魅力

美白やエイジングケアも?!注目のアーモンドオイルの魅力

アーモンドオイルとは、アーモンドの種子から絞られるオイルのことです。栄養豊富で低刺激のため、食用としてだけでなく、お肌にも安心して使用できます。また、ほかのオイルよりも浸透力が圧倒的に高いため、肌の奥に(表皮のさらに下の真皮まで)しっかり届くのが特徴です。では、実際にどのような特徴があるのかご紹介していきます。

肌を柔らかく潤すエモリエント効果

アーモンドオイルは、エモリエント効果という、水分や栄養分を肌の中に閉じ込めて柔らかく滑らかにする力があるとされています。そのため、しっとりハリのある肌へと導いてくれます。また、傷にも効果があり、手術後のケアなどにも使用できます。

オイルなのに美白効果も抜群!

メラニンとはシミの原因となる物質ですが、アーモンドオイルには、このメラニンを形成するメラノサイトの育成を抑制する効果があります。さらに、メラニンを黒く変化させる酸化酵素のチロシナーゼの働きも抑制するため、肌の美白効果に期待がもてます。
オイルで、美白ケアができるとは嬉しいですね!

日焼けやニキビ・肌荒れなどの炎症を鎮静

アーモンドオイルには、肌の炎症を抑える効果があるため、うっかり日焼けしてしまった際にも効果的。日焼け後、肌に塗布し優しくマッサージするようにしましょう。
また、日焼け以外にもニキビや肌荒れ、湿疹、痒みなど皮膚の消炎作用に優れており、「炎症」全般に幅広く使用することが可能です。

シワ・たるみを防ぐ!エイジングケア

肌を老化させる原因とされている「酸化」や「糖化」。これらの現象が進むと肌にハリがなくなり、シワ・たるみが加速するといわれています。
アーモンドオイルには、抗酸化力に優れた「ビタミンE」や、糖化を防ぐ「アルギニン」といったアミノ酸が豊富に含まれているため、エイジングケアにも期待できます。

クレンジング・マッサージオイルとしても活用!

◆クレンジング
アーモンドオイルは低刺激のため、敏感肌や全ての肌タイプに使えるクレンジング剤としても活用できます。
通常のクレンジングと同様に2,3分程メイクと馴染ませたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

◆マッサージオイル
定期的にマッサージをすることによって、肌は血行がよくなり、くすみが解消され柔らかく滑らかな肌へと生まれ変わります。好きなエッセンシャルオイルを少量足して使用するのもオススメです。

購入しやすい価格も魅力的!

植物オイルの中には少量で高価なものもありますが、アーモンドオイルは大体50mlで1,000円程度という価格設定。リーズナブルなため、日々のお手入れにも取り入れやすいですね。

まとめ

いかがでしたか?「オイル=保湿」というイメージが強いかと思いますが、アーモンドオイルは、美白、抗炎症作用、エイジングケアなど様々な効果が期待できる優れものです。ぜひ、毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
コスメコンシェルジュ 美容ライター オーガニックセラピスト 1歳の男の子ママをしながら、様々なWebメディアにて美容ライターとして美容記事を執筆しています。また、美容雑誌 MAQUIA 公式ブロガー「チーム★美セレブ」のメンバー としても活動中。 理系大学出身、製薬会社勤務の経験から、お肌の構造やコスメの成分をきちんと把握し、本当に効果のある美容法を見極めるのが得意です。生活...
美白やエイジングケアも?!注目のアーモンドオイルの魅力
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

まりんさんの新着コラム

Body Care

byまりん

美容成分の代表格!ビタミンCの上手な取り方 〜インナーケア編〜

美容や健康に気を使っている人なら、誰もが知っている美容成分の代表格ビタミンC!意識的に日々の食事に取り入れたり、サプリメントで補ったりしている人も多いのではないでしょうか。ビタミンCは、あらゆる美容効果を持つ万能成分!でも実は、取り入れ方1つでその効果は大きく変わってきてしまうのです。今回は、そんなビタミンCの体の中からの上手な摂取方法をご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

そのドライヤーの使い方間違っていない?髪を傷めない正しいブロー方法

毎日お風呂から上がったら髪を乾かしますよね。でも、繊細な髪の毛に熱をあてると、傷めてしまう可能性もあります。正しい方法で乾かして、美髪を手に入れましょう。

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

Body Care

by古谷 暢基

ダイエットのプロが教える年末年始太りの本当の話「太りやすいけど痩せやすい!?」

日本人にとって年末年始とは、旧年をリセットし、新年に向けて気持ちを整えていく大事な節目。実家や懐かしい仲間たちと過ごすのんびりした時間でもあります。しかし同時に、忘年会や新年会、お正月の親戚周りや同窓会など、一年のなかで最も暴飲暴食に注意したい季節といえるかもしれません。この時期に気になるのが...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す