2016年9月6日 更新

ダイエット最大の難所!停滞期のメカニズムと乗り越えるための方法って?

ダイエット最大の難所!停滞期のメカニズムと乗り越えるための方法って?

ダイエット中、誰しもがぶつかる壁が「停滞期」。順調に体重が落ちていても、ここを乗り越えられずリバウンドしてしまうという方もきっと多いのではないでしょうか。そこで今回は、ダイエットの大敵である停滞期のメカニズムと、上手に乗り切るための3つのコツをご紹介。「痩せた?」と言われるためにもこの期間は何としてもクリアしましょう!

過激なダイエットほど停滞期が長引く!

https://jp.pinterest.com/

体には、体内環境を一定に保とうと働くホメオスタシス(恒常性)という機能があり、ダイエットもこの働きを作動させる要素の1つです。

体は体重が減ることによって「危機的な状態」であると察知し、これ以上体重が減らないようエネルギーをなるべく蓄える方向に作用します。また、ホメオスタシスは1ヶ月間で体重の5%以上減った場合に活発に反応します。絶食などの過激なダイエットの場合、よりこの機能が活発化するので停滞期はかえって長引きます。

一方、停滞的の間に現在の食生活が正常な量であるということを身体が本能的に判断してくれれば、体重は再び減少していきます。多くの方が体重の減らない停滞期にダイエットを諦めてしまいがちですが、体に「痩せた状態」をしっかり定着させるためにもここは頑張って乗り切りたいところです。

STOP暴食!満腹中枢を刺激する食べ物とは?

https://jp.pinterest.com/

停滞期にぜひ味方につけて欲しいのが「レプチン」というホルモン。別名、満腹中枢とも呼ばれていますが、食欲を抑えたり食べ物の消費を促してくれる機能を持ちます。

このホルモンを促進させてくれる食べ物は、ビタミンの豊富な豚肉、鳥ムネ肉、食物繊維を含んだ野菜や果実、ブロッコリーなど。いずれもカロリーが高くなく、食べ応えは満点。停滞期の時こそ、積極的に摂るようにしましょう。

また、どうしても甘いものが食べたくなったら飲み物などで摂取するのがベスト。温かいココアやハーブティにハチミツを入れるなどして、暴食したい気持ちを落ち着かせてみてください。

なぜダイエットしたいのか?と自分に問いかける

https://jp.pinterest.com/

一番大切なのはやはり「モチベーション」。体重がうまく落ちないとイライラしたり、自己嫌悪に陥ってしまったりしまいがちです。ストレスを溜めてしまったり「自分は痩せにくい」と思い込んでしまうことは、かえってホメオスタシスが機能してしまうので要注意。

大切なのは「痩せるぞ!」と心に決めた時のポジティブな気持ち。好きな人とのデートを取り付けたり、彼と旅行を企画したりして自分の気持ちを明るく保つのも1つの方法ですね。

また、ダイエットはストイックすぎる方法ではなく、「体が心地よいと感じる」ような食生活や運動で痩せましょう。そうすることによって減量後も、ホメオスタシスが痩せた体をキープしようと働いてくれます。

停滞期を越えれば違った世界が見える!

https://jp.pinterest.com/

辛い停滞期も無事乗り越えてしまえさえすれば、自分の理想の体型が手に入ったも同然。また、周りから「痩せた?!」と言われるのもこの頃です。

ダイエットに成功しつつある自分をきちんと褒めながら、楽しくボディメイクを行っていきましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日仏ハーフの海外美容家。 小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本や海外の美容誌やウェブサイトをメインに、取材の現場で得たビューティメソッドや、フランスの最新美容情報などを中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être (心身美容)』を提唱しており、美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。
ダイエット最大の難所!停滞期のメカニズムと乗り越えるための方法って?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小西 俐舞 ナタリーさんの新着コラム

by小西 俐舞 ナタリー

働く女性ほどブラウンマスカラを!陰影豊かなやさしげアイの作り方♡

マスカラは断然ブラック派!という方、きっと多いかもしれません。けれども目を大きく見せたいがゆえに、塗りすぎて逆に目を小粒に見せてしまっているとしたら…?そこで投入したいのが「ブラウンマスカラ」。優しいまなざしのみならず目まわりを美しくしてくれるので、使わない手はありません!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す