2016年9月6日 更新

気をつけて!その習慣がブスのもと!?知っておきたいブルーライトの肌影響

気をつけて!その習慣がブスのもと!?知っておきたいブルーライトの肌影響

このごろよく耳にする「ブルーライト」。パソコンや携帯から出る青い光のことで、目を疲れさせてしまうからと、ブルーライトカットの眼鏡なども多く販売されています。 実はこのブルーライト、目だけではなく、肌の老化も進めてしまうことはご存知ですか? 毎日使わないことのないパソコンや携帯。今回は、私たちの生活で切っても切り離せないブルーライトの肌への影響と対処法をお伝えします。

そもそもブルーライトって?

「ブルーライト」とは、波長が380〜500nm(ナノメートル)の青色の光のことです。
目に見える光=可視光線の中でも、最も強いエネルギーを持つ光とされています。

太陽光や、白熱灯にもブルーライトは含まれていますが、特に多く含まれているのは、パソコンやスマートフォン、ゲーム機の液晶画面に使われるLED(発光ダイオード)。
デジタル化が進み、浴びる量や時間が増えているブルーライトは、紫外線よりも防ぐことが難しいともいわれています。

ブルーライトは網膜に到達し、目の疲れを引き起こすだけではなく、身体にも影響を与え、生体リズムを崩したり、睡眠障害、肥満、肩こり、腰痛など様々な影響を及ぼすため、日常生活の中でブルーライト対策をすることが大切です。

ブルーライトがシミを作る!

ブルーライトは「第3の紫外線」とも呼ばれています。
その恐るべきところは、紫外線よりも光のエネルギーが強い上、直進する性質を持っているというところです。

そのため、日焼けやシミの原因になる紫外線B波よりも肌の奥深くに入り込み、色素沈着を引き起こすことになります。
ブルーライトを長時間浴び続けた場合、肌細胞が変色し、1時間で色素沈着を引き起こす研究結果も出ているほど。

また、ブルーライトで作られたシミは、通常以上に頑固に肌に残るということも明らかにされています。

ブルーライトは活性酸素まで作り出していた…!

肌の老化の大きな原因とされている活性酸素。
この活性酸素の生成原因の50%がブルーライトと紫外線、といわれています。

特にブルーライトは真皮より奥の深部まで到達し、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する「一重項酸素」の産生を促すことがわかっており、しわやたるみなどを引き起こします。
一重項酸素はコラーゲンやエラスチンといった、弾力を保つのに欠かせない肌組織を破壊するだけではなく、コラーゲンの量そのものを減少させてしまいます。

また、活性酸素が発生すると肌表面の乾燥やくすみも誘発します。
老化現象の約80%が光老化からくるものといわれていますが、今の時代、紫外線だけではなく、ブルーライトからの老化現象にも注意が必要です。

ブルーライト対策を上手く日常に取り入れよう!

では、日々の生活でブルーライトの影響を軽減するにはどうしたらよいのでしょうか。
有効な方法をまとめてみました。

1. 眼精疲労や、ドライアイ、青グマなどの対策には、ブルーライトカットできる眼鏡を着用するのはもちろん、スマートフォンやパソコンにはブルーライトをカットする液晶保護フィルムを貼るのがオススメ。

2. ブルーライトをブロックする日焼け止めを使用する。

3. ブルーライトによって発生する活性酸素を除去するため、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10、フラーレンなどが配合された化粧品を選ぶ。

4. 一重項酸素を減少させるアスタキサンチンを多く含む鮭や、抗酸化作用があり、ブルーライトを吸収してくれる効果があるルテインを含むホウレン草、ブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜を食生活に意識的にプラスし、体の中からもブルーライトのダメージをブロックする。

また、寝る直前までスマートフォンやパソコンの画面を見ていると、体内時計を狂わせ、睡眠への悪影響も出てしまうようです。
よい睡眠が美肌を作る第一歩でもあるので、寝る前の使用はなるべく避けることが必要です。

厚生労働省の調査でも、デスクワーク中心の仕事に就いている方は、一日に6時間以上のブルーライトを浴び続けているという報告があるそうで、ますますブルーライトの肌への影響は無視できません。

生活から切り離せない光だからこそ、ブルーライトの影響を正しく知って、毎日の中で上手に対策をしていきましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ/サロンモデル 国内大手化粧品会社に就職後、9年間、都内大手百貨店にて美容部員として多くの女性の肌に触れ、1人1人の美しさを引き出すアドバイスを行った経験を持つ。皮膚の知識や化粧品原料、薬事法に至るまで幅広く学びコスメコンシェルジュの資格を取得。美容・オシャレに関することなど「キレイ」を追求し、トータルビューティーを提案、発信中。 読者モデル...
気をつけて!その習慣がブスのもと!?知っておきたいブルーライトの肌影響
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

大島 有希さんの新着コラム

Skin Care

by大島 有希

ちゃんと知っている?日焼け止めの正しい選び方と使い方【後編】

だんだん日差しが気になる季節。前編では、紫外線の種類と日焼け止めの原料の違い、SPA、PAについてお伝えしました。 今回は日焼け止めの種類と、効果的な日焼け止めの使い方についてお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by西田 彩花

あなたは敏感肌?5つの敏感肌タイプ別に解決方法をご紹介

敏感肌に悩む方は、意外と多いそう。一口に敏感肌といっても、それにはいくつかのタイプがあります。自分のタイプがどれかを知った上で、きちんとしたケアをしましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す