2016年12月7日 更新

自己流で引いていた方は要注意!基本的なアイラインの引き方をおさらいしましょう

自己流で引いていた方は要注意!基本的なアイラインの引き方をおさらいしましょう

アイラインはアイメイクに必須!そういった方も多いでしょう。しかし、自己流で引いているためきちんと目力アップにつながっていない!ということはありませんか?そこで、基本に戻ってみるのはいかがでしょう。アイラインの基本的な引き方をご紹介します。

アイラインを自己流で引くのは危険!?NGメイクはどんなもの?

アイラインを最初に引き始めた頃は、メイクをさまざまな方向から研究したという方も多いでしょう。しかし、それがルーティン化すると、自己流になってしまいがちです。自己流になると危険なのは、知らず知らずのうちにNGメイクになってしまうことです。それでは、どのようなメイクがNGなのでしょうか。

まず、上下のインラインにラインを引いてしまっている方。これは、逆に目を小さく見せてしまうことがあります。一昔前に流行しましたが、今は「エフォートレス」や「抜け感」という言葉も使われているように、ナチュラルメイク志向。ガッツリアイラインは古くさくなってしまいがちです。
次に、アイラインがガタガタになってしまっている方。アイラインはよく見えないからとなおざりに引いていると、ガタガタのラインになってしまいがち。見た目にも美しくなく、すぐに直した方が良いと言えるでしょう。
また、アイラインを太く引いてしまっている方。太いアイラインは目力をアップしてくれそうですが、二重の幅を消してしまい逆に小さく見えることがあります。ケバケバしい印象になりがちなのもこのメイク法ですよ。

いかがですか?あなたはこのようなアイラインを引いてはいないでしょうか?自己流になってついついマンネリ化してしまうメイク。これを機に、アイラインの基本的な引き方をおさらいしてみましょう。もっと魅力的に、目力アップを図れるはずですよ。

アイライナーの種類別に引き方を学んでみましょう

リキッドタイプ、ジェルタイプ、ペンシルタイプ…アイライナーにもさまざまな種類がありますが、それぞれ引き方が異なります。そこで、アイライナーのタイプ別に基本的な引き方をご紹介します。アイライナーを正しく使いこなせているかどうかをチェックしてみて。

リキッドタイプのアイライナー

リキッドタイプのアイライナーを使用すると、くっきりとした際立つラインを引くことができます。フェルトペンのようにくっきりと発色し、滲みにくいのも特徴。シャープなラインを引くのにも向いているでしょう。

このタイプのアイライナーは、ラインが際立つため、一気に引かないのがコツです。まつ毛とまつ毛の間を点で埋めていくようにして引きましょう。
また、乾くまでは瞬きを我慢して。瞬きをするとまぶたについてしまう可能性があります。そして、ラインの最後を細くするのもポイントです。
キリッとした眼差しで、クールな女性を目指してみませんか?

ペンシルタイプのアイライナー

ペンシルタイプの良さは、なんといっても描きやすさにあるでしょう。色鉛筆のように柔らかな印象になれるのもポイントです。

鉛筆タイプのものは、ラインを引く前に必ず芯を削りましょう。描き方は繰り出し式のものも同様です。目の際にラインを引いた後で、綿棒でボカします。そして、再度ラインをなぞってみてください。自然な深みが出て、ラインにメリハリがつきますよ。

ジェルタイプのアイライナー

リキッドタイプとペンシルタイプの良いとこ取りをした、ジェルタイプのアイライナー。リキッドタイプのようなくっきりとしたライン、そしてペンシルタイプのような馴染みの良さ。引くのが難しそうと思ってしまうかもしれませんが、慣れてしまうと虜になってしまうかもしれません。

まず、ブラシに適量を取って、ティッシュで軽く拭います。こうすることで筆に馴染み、引きやすくなるのです。引くときは、軽いタッチで大丈夫です。使用後は必ず水洗いを。ブラシを長持ちさせる秘訣です。

パウダータイプのアイライナー

濃いめのパウダーアイシャドウをアイライナー代わりにしたいというときのコツをお教えします。このラインは、柔らかな雰囲気になってごくごくナチュラルな仕上がりになりますよ。パステルのようなソフトな発色になるので、さり気なく目元を強調したいときにぴったりです。

チップを使っても、平筆を使っても構いません。チップだとよりソフトに、平筆だとパウダーがしっかりと乗ります。
コツとしては、まつ毛に影を乗せるような感覚で引くことです。上まぶたをしっかりと持ち上げて、粉落ちしないように極細ラインを引いてくださいね。

あなたはどのタイプでアイラインを引いてみる?それぞれのコツをつかんでください

それぞれのタイプのアイラインの引き方をレクチャーしましたが、コツはつかめそうですか?より理想に近い顔になるために、アイライナーのタイプを見直してみても良いでしょう。リキッドタイプ、ジェルタイプ、ペンシルタイプ、パウダータイプの順で柔らかなラインになっていきます。今まで試したことがないタイプでも、上記のポイントを押さえればキレイに引けるでしょう。

NGメイクになってしまわないように、ぜひ上手にアイラインを引いてみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
自己流で引いていた方は要注意!基本的なアイラインの引き方をおさらいしましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

冬の乾燥肌は見せない!潤い肌をメイクして周囲に差をつけましょう

肌がカサつく季節がやってきました。でも、乾燥は決して見せたくない!そういう思いを持った女性も多いでしょう。そこで、冬でも潤った肌に見せるベースメイク術を大公開!冬の乾燥肌をしっかりとカバーしましょう。

by西田 彩花

色を重ねて遊んでみませんか?プラスワンのブレンドアイメイク

アイメイクを同色系でまとめている方は多いのではないでしょうか。実は同色だけを用いるのはもったいないのです!これからは違うカラーをブレンドして、いつもと違うメイクを楽しんでみましょう。

by稲毛 登志子

まだ去年の眉毛のまま?2017年のトレンド眉毛にチェンジ♡

毎年少しずつ変化している眉毛のトレンドですが、今年はどんな形が流行るのでしょうか?眉毛を変えると一気に今っぽい顔立ちになるので、最新のフォルムを要チェックです!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す