2016年12月7日 更新

あなたは丸顔?面長?顔型をカバーするメイクや活かすメイクを大解剖!

あなたは丸顔?面長?顔型をカバーするメイクや活かすメイクを大解剖!

顔型は人それぞれ。そのことで悩んだことはありませんか?しかし、どの顔型にも良いところがあります。そこで、自分の顔型を活かしたり、カバーしたりするメイク術をマスターしてみましょう。今回は、丸顔と面長にフォーカスして解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

丸顔・面長…それぞれの悩みと長所ってどういうところ?

丸顔の方には丸顔の方なりの、面長の方には面長の方なりの悩みがあるかと思います。もっと違った顔型だったら…。一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。まずは、丸顔の方と面長の方、それぞれが抱きやすい悩みと長所についてご紹介します。

丸顔の方は、縦横の長さがほぼ同じ比率で、ふっくらとした輪郭であることが特徴です。挙げられる悩みとしては、幼顔に見えてしまうということでしょう。シャープでクールな印象にするのが難しいと言えます。逆に、可愛らしいメイクは得意です。丸顔の方は愛くるしい雰囲気になりやすいので、キュートなイメージを与えられるのが長所でしょう。

次に、面長の方です。面長の方は顎がV字になっており、頬下の肉付きが少ないのが特徴です。パーツ間は狭めですが、頬と顎に余白を感じられるような、凛としたメイクが得意でしょう。しかし、丸顔の方とは反対に、キュートなメイクが苦手です。大人っぽさを感じられる顔型なので、可愛らしいメイクをしようと苦戦した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このように、丸顔の方と面長の方とでは、悩みと長所が正反対。自分の顔型のカバーメイクと長所を活かすメイク、ぜひマスターしてみましょう。

顔型のコンプレックスをカバーしたい方はこちらのメイクで

丸顔編

丸顔をカバーするには、シャープな印象を作ることが大切です。シャープなメイクは難しいと前述しましたが、メイクテクニックさえ覚えてしまえば簡単です。要所要所でポイントを押さえましょう。

眉は左右を近めにします。太さは中太くらいが適切ですよ。目のカーブに合わせて角度をつけ、自然なアーチ眉にすると良いでしょう。目尻は目よりも若干長めにしてください。尻すぼみにするように描くと大人っぽい印象になります。アイシャドウは目尻に重心を置いて。目尻側が一番高く、濃くなるようにアイシャドウを塗ります。目頭に向かってだんだん低く薄くなるようにすると、目の横幅が強調され切れ長クールアイに仕上げられます。

そして、ポイントはチークの入れ方です。おすすめなのはブラウン系のカラー。肌の色味に近いものをチョイスしましょう。こめかみと顎をつなぐようにして入れ、シェーディングのような感覚で入れていきます。正面から見てチークが見えている必要はありません。フェイスラインに、ほんのり影ができる程度にとどめてください。このような、丸顔をカバーするメイクはオフィスメイクにぴったりでしょう。幼顔になってしまい悩んでいた方は、ぜひ実践してみてください。

面長編

面長をカバーするには、柔らかい雰囲気を意識することが重要だと言えます。そうすると、自然とガーリーな印象になりやすいですよ。

眉は、眉頭を若干離して優しい印象にしましょう。眉下側に太さを出して目と眉の距離を縮めます。やや平行気味の眉にすると良いでしょう。こうすることで、顔全体の視線を下方向に持っていかせます。目尻はあまり伸ばさない方がベターです。そして、ここでも重要なのがチークの入れ方です。丸みを出して全体的に愛らしい印象にします。頬は余白が気になる部分なので、ピンクやオレンジなど、健康的なカラーを選んで塗っていきます。しっかり発色するものがおすすめです。頬骨と小鼻を結んだ位置にラインを入れ、幅広めの分断ラインを作ります。顎の出っ張っている部分、額にも真横に入れると良いですよ。

自分らしさが表現できるかも♪顔型を活かしたメイク術

丸顔編

丸顔の方は、キュートさ全開にするメイクをしてみても良いと思います。
眉は目と近づけて重心を下げるようにして描きます。太さのある平行眉にしましょう。眉に角度がある方は、上ラインを眉山から眉頭に向かって平行に描き、下は眉山と眉頭の高さとつなげます。そのまま眉尻まで持っていくと自然に仕上がりますよ。チークは丸く入れてください。高めの位置に、肌の色に合わせた明るめのチークをオン。クリームタイプのものをボカしながら入れるのがコツです。

面長編

面長の方は、シャープさを活かしてクールな印象にしてみましょう。
眉が細すぎると老けて見えがちなので、足りない場合は上下を描き足していきます。中細眉にするのが理想です。眉頭は左右少し近めにして、眉山をしっかりと作り、長めのアーチ眉にしましょう。
チークは肌よりワントーン落としたものを使ってみてください。頬骨から顎、そしてこめかみに縦の帯を作るようにして塗ります。頬骨から頬下が最も濃くなるようにして入れてみてください。
Tゾーンや顎先にハイライトを入れるのもおすすめです。

あなたは顔型をカバーする?それとも活かす?気分によって変えてみても良いかも

このように、丸顔と面長ではメイク方法が随分と変わってきます。あなたは自分の顔型をカバーしたいですか?それとも活かしたメイクをしたいですか?メイクは日替わりで変えても楽しめますよね。その日の気分によって変えてみても良いでしょう。
自分の顔型に合ったメイクをして、あなたの魅力をより引き出してあげましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
あなたは丸顔?面長?顔型をカバーするメイクや活かすメイクを大解剖!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

byまりん

コスメを変えなくてもメイクの美しさを格段にUPさせる4つのメソッド♡

毎日の習慣で行っている朝のメイク。もっと上達させてキレイになりたい!という思いは美容に関心のある女性なら、誰でも1度は感じたことがあるのではないでしょうか。また、ふと鏡に映る自分の顔を見て、なんだか冴えないなぁと思いつつも、何を変えたらいいのかわからず、ちょっとトレンド取り入れてみたり、新しい...

by西田 彩花

真冬になるとしたくなる♪温かくて甘い印象のココアメイク

冬になると飲みたくなる、ココア。アイメイクでも、ココアを思わせるような深いブラウンのアイシャドウはこの時季にぴったりです。こっくりとした色合いを使って、冬らしいメイクをしてみませんか?

by西田 彩花

トレンドメイクがしたい♡流行ルージュを取り入れるトータルメイクの方法

今季、流行しそうなルージュのカラーは、レッドやゴシックベリー、ベージュです。ケバケバしくなってしまいそうだったり地味な印象になってしまいそうだったり…。一見取り入れるのが難しそうなカラーですよね。そこで、どんなメイクをすればキレイに取り入れられるのかをご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す