2016年12月7日 更新

人気ヘアサロン「air」「Belle」協力!サロン向けヘアカラー新ブランド「THROW(スロウ)」2016年6月1日より全国発売開始

人気ヘアサロン「air」「Belle」協力!サロン向けヘアカラー新ブランド「THROW(スロウ)」2016年6月1日より全国発売開始

株式会社ビューティーエクスペリエンス(旧 株式会社モルトベーネ)は、人気ヘアサロン「air」「Belle」の協力のもと、こだわりのニュアンスヘアカラーブランド「THROW(スロウ)」発売するにあたりブランドリリース発表会を開催。(2016年6月1日より全国のサロンに向け発売)同日には「air/LOVEST」Directorである木村 直人氏が編集長を務めるバーティカルメディア「THROW journal(スロウ ジャーナル)」のローンチも発表されました。

「THROW(スロウ)」とは

近年、ファッションやメイク、生き方や考え方へのトレンドにもなっている“エフォートレス”や“ノームコア"。こなれ感や抜け感などとも表現されるそのスタイルはヘアカラーやヘアスタイルにも反映され、特にそのスタイルを表現しやすい外国人風のアッシュカラーには人気が集まります。

サロン用ヘアカラーの新ブランドである「THROW」は、アッシュをはじめとする、色みの表現が困難だったクールカラーを内部からしっかり染め上げ「思い通りの発色」を実現するニュアンスヘアカラーブランドとして誕生します。

開発メンバーは「air」「Belle」のスペシャリストたち

今回開発メンバーとして名を連ねたのは、業界を代表するカラーのスペシャリストたち。今、本当に求められているカラーを開発するにあたり、情報やトレンドに関する鮮度と感度の高さ、技術力の確かな面々によるコラボレーションが実現しました。

開発メンバー(写真左から)

Belleカラーリスト 樺井 英樹 氏、Belleカラーリスト 堀 加奈子 氏、air/LOVEST Director IT Dept.Manager 木村 直人 氏、Belle代表 堀之内 大介 氏、Belle代表 飯田 尚士 氏

「THROW」のこだわり

求めるアッシュカラーの発色をかなえることをプロフェッショナルヘアカラーの本質と捉え、たった1本で実現できるニュアンスヘアカラーシリーズとして生まれた「THROW」。
開発者たちは、発色、ツヤ、香り、配合成分(5種類のオーガニックと8種類のボタニカルエッセンスを配合)からそのプロダクトデザインに至るまで深くこだわり抜いたそう。
時には開発工程のやり直しが発生しても貫き通したというこだわりの開発秘話からは、現場をよく知るからこそ時代の先を見据えニーズを叶え続ける開発者ならではの姿勢を垣間見ることができました。
気になる「THROW」のヘアカラーは6月1日より全国のヘアサロン向けに発売開始。

「THROW journal(スロウ ジャーナル)」

株式会社ビューティーエクスペリエンスは「THROW」誕生をひかえ、自分らしい美を追求する女性のためのヘアカラー特化型WEBメディア「THROW journal(スロウ ジャーナル)」をローンチ。編集長には多くの人気モデル・芸能人を顧客に持ち、美しくこだわりのカラーを提供する美容室air/LOVESTの「木村直人氏」が就任しました。

同メディアからは消費者である女性たちもヘアカラーに関するリアルな情報を手に入れることが可能です。日頃何気なく施術を受けているヘアカラーの情報をもっと身近なものにすることで、より希望に合ったスタイルを実現することができるかもしれません。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティー&ウェルネスライター 日本化粧品検定協会認定 コスメコンシェルジュ 「VoCE」公式ブロガー VOCEST! Platt!BEAUTY編集部ライター F1層向けアパレル業界の実店舗とWebショップにて販売・バイイング・マネジメントを経験し、女性の様々な欲求や悩みに触れること10数年。 Webショップでは美容部門の新規立ち上げを行い、マーケティング・商品企画・PRまで...
人気ヘアサロン「air」「Belle」協力!サロン向けヘアカラー新ブランド「THROW(スロウ)」2016年6月1日より全国発売開始
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

辻岡 奈保美さんの新着コラム

Skin Care

by辻岡 奈保美

【2017春夏新作】先手必勝!時間を味方にする「KANEBO」のスキンケア&メイクアップ

2017年春、「KANEBO」が提案するスキンケアのメインテーマは「一月(ひとつき)のリズム」。適切なタイミングでケアをする「時間美容」を取り入れて、感動的な美肌を手に入れようというもの。また、メイクアップの考え方は「たおやかで凛とした普遍的な美しさ」。特に「肌」と「ライン」を重要要素としてつくりあげるためのアイテム設計がされています。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by竹本 実加

ペタンコ髪にさようなら!自宅ヘッドスパで頭皮ヂカラUP!

髪がぺたんとしてしまう…そんなお悩みを持つ方も少なくないはず。実は髪がボリュームダウンしてしまうのは髪質のほかに、頭皮にも原因があるかもしれないことをご存知ですか?毛髪メカニズムを踏まえて、美容師も実践している簡単自宅ヘッドスパをレクチャーします。

by竹澤 幸佑

童顔丸顔さんにおくる「大人めショートにするための3箇条」その3

「おでこを隠したい…頬骨を見せたくない…」お顔をカバーするのに鏡で見えるところばかり気にしていませんか?でも、大人っぽい雰囲気にするにはえりあしがとても重要なのです!これからは見えない部分こそこだわってみてはいかがでしょう?

byPapp Hideko

世界の人気都市第2位に輝いたブダペストの面白スポットVol.1 “廃墟バー”

アメリカの権威ある旅行雑誌が毎年発表する、観光都市の人気ランキング。今年はブダペストが世界第2位に選出されましたが、ブダペストって一体どんな都市で何が有名なのか、継続的にお伝えしていこうと思います。第一弾の今回は、ブダペスト市内の面白スポット“廃墟バー”について。不思議な気分に包まれる異空間ス...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す