2016年12月7日 更新

デンタル&オーラルケアで口元から美しく!

デンタル&オーラルケアで口元から美しく!

突然ですが…歯、きちんと磨けていますか?自分では磨いているつもりでも案外磨き残しがあるものです。磨き残しは虫歯や歯垢のほか、口臭の原因にもなります。いつまでも美しい歯を保つために、毎日のデンタルケアを改めて見直し、今日からできることを始めてみませんか?

歯磨きアイテムの選び方と磨き方のコツ

一日に2,3回×365日歯を磨いているとすると、一年間で約1,000回という計算になります。
それだけ多くの回数を磨くので、歯や歯茎にやさしい歯ブラシを選ぶことが大切。歯ブラシのヘッドは小さめのものの方が、届きにくい奥歯までしっかり磨けるのでおすすめです。力を入れると歯や歯茎が傷つくので、歯ブラシは軽く持ってやさしくブラッシングしてください。

ちなみに、普段、口の中は中性を保っているのですが、食後すぐは酸性に傾き、歯のエナメル質が傷つきやすくなっていますので、30分ほど経ってから歯を磨いた方がいいとされています。

また、口の中の粘膜部分には角質がないので、皮膚バリア機能が一切働かず、有害だといわれている成分を吸収しやすくなっているので、デンタルケア製品は化学製品の入っていないナチュラルなものをお勧めします。
一日に数回使用することを考えると、歯磨き粉や口の中に含むマウスウォッシュは、成分を確認して選びたいですよね。

最近では自然食品などを取り扱っているお店で、安心・安全な商品を購入することができますし、インターネットでも商品を探すことができるので、ご自分に合う商品をチェックしてみるのもいいでしょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを併用する

デンタルフロスは、歯の間の歯垢を清掃する細い糸。
歯間ブラシは、歯の間の歯垢を取る小さいブラシのことをいいます。
どちらも歯と歯の間の歯垢を取るためのものなので、使いやすい方を選べばいいでしょう。デンタルフロスは最初は使いにくいと思うので、慣れるまでは持ち手が付いたものや、フロスにワックス加工がされているものを選んでみてください。

フロスが使いにくい、または歯茎まで届かない、例えば歯と歯にブリッジと呼ばれる金属がかかっている場合などは、歯間ブラシをお勧めします。どちらも併用すると、歯ブラシだけでは味わえなかったすっきり感が得られますよ。

ハーブティーでマウスウォッシュが作れちゃう!

ハーブの持つ殺菌作用や口臭を予防する働きは、古くから口腔内ケアに利用されてきました。比較的入手しやすいペパーミントは、殺菌作用もあり、スーッとした清涼感のあるメントールがメインの成分ですので、オーラルケアにぴったりです。このペパーミントのハーブを使って、歯磨き後や気分転換時にぴったりのマウスウォッシュを作ってみましょう。

小鍋で500mlのお湯を沸騰させて火を消し、そこに大さじ1杯のハーブ(ティーバッグなら2個くらい)を入れ、鍋にふたをして5分ほど抽出し、ハーブを茶こしで漉して冷ましてから使ってください。
日本人になじみ深い緑茶に含まれているカテキンやフラボノイドにも、抗菌・殺菌・消臭の効果がありますので、緑茶を煮だして冷ますだけで簡単にマウスウォッシュができます。こちらもおすすめです。
これらは長期保存には向いていませんが、誤って飲み込んでしまった場合も安心ですね。

今回ご紹介しましたお手軽デンタルケアはいかがでしたか?簡単で無理なく続けやすいデンタル&オーラルケアで、歯も息も美しい女性を目指しましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
デンタル&オーラルケアで口元から美しく!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

一時的に増えてしまった体重にも!デトックス効果抜群のダイエットスープ

ついつい食べ過ぎてしまい増えてしまった体重が、なかなか元に戻らないという方も多いのではないでしょうか。ダイエットは摂取と消費のバランスが大事とはいえ、摂取と消費のバランスが大事とはいえ、なかなか思うように運動ができない方もいらっしゃると思います。そこで、食事で調整することができるダイエットスープのご紹介いたします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by秋山 萌々

エイジングケアするなら「酸化」と「糖化」に注目!より深刻なのはどっち?

「酸化=サビる」「糖化=コゲる」 老化とかなり密接した2つの要素。気づかないところで老化は進んでいます。酸化・糖化を予防していつまでも美しく健康的なお体を手に入れましょう。

Body Care

by水野 志音

脱お正月太り宣言!むくみを改善してすっきりボディに…

「お正月はなぜか毎年太ってしまう」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そもそもお正月は、主婦が三が日の間、家事をしなくてもいいように保存食でもあるおせちを食べます。おせちには、保存ができるように塩分がしっかりと入っています。これによって普段より塩分過多になってしまい、体はむくみがちになっ...

Body Care

by小林未来

老化予防・美肌効果で話題の水素美容とは!?

巷で噂の「水素」を使った美容法。エイジングケアや美肌効果など、様々な点で注目されていますが、実際にどのような美容効果や健康効果があるのでしょうか?副作用の心配もないという水素美容についてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す