2016年12月7日 更新

シミはなぜ頬にできやすくて鼻にはできにくいの?

シミはなぜ頬にできやすくて鼻にはできにくいの?

賢い女性は知っている!?シミを予防する正しい紫外線対策。知っていると得する、肌に優しく効率的にシミを防ぐ方法とは……?

紫外線が気になる季節には、下地やファンデーションにも日焼け止め効果が含まれたものが多く登場しますね。さらに日焼け止めを重ねて塗られる方もいると思います。それでもシミの悩みは、いつの時代も尽きないものです。

紫外線対策をしているのにシミができてしまうのはなぜ?

多くの方が日やけによるシミを防ぐために行っている対策で、見落としがちなポイントがあります。実は、シミが出来やすい方に共通しているのが「乾燥肌」だということ。

男性は、皮脂分泌が多いため女性に比べてシミができにくい傾向があります。一方女性は、早いうちからシミに悩まれている方も少なくないのでは?その証拠に、頬にシミができて鼻にできにくいのは、鼻には皮脂腺がたくさんあり皮脂の分泌量が多いため、紫外線から肌を守ってくれているからなのです。

日焼け止めが逆効果になることも?

日焼け止めはお肌への負担が大きいものもあるため、お肌のデリケートな方は肌免疫を下げてしまい、紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうことも。

日焼け止めを使う場合は、自分のお肌の状態と利用シーンを考慮しながら、普段使いはなるべく少ない数値やマイルドな使用感のものをチョイスするようにしましょう。

最も効果的にシミを予防する

肌に負担をかけず、ナチュラルにシミを予防することができる方法が実はあります!それは日焼け止めの代わりに「良質なオーガニックオイル」を用いる方法です。

特にオレイン酸を多く含むアルガンオイルなどは、紫外線から肌を守り、シミやシワのできにくい肌に導いてくれる効果があるといわれています。

シミは、前後のケアがとても大切です。日焼けする前と紫外線を多く浴びてしまった後にオーガニックオイルでケアしてあげることで、シミの予防はもちろん、ひどく日焼けしてしまったお肌の赤みのケアにも効果的です。

お肌の負担を軽減することは、美しいお肌を保つことにつながります。Enjoy Organic Life.

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
オーガニックビューティスト テルメフェリーチェブランドプロデューサー これまでオーガニックコスメを使用し、肌質改善(特にニキビ、アトピー)に結果を残してきた経験を活かし、オーガニックに特化した「ファンデーションの要らない素肌を引き出す独自のメソッド」で、エステサロンのディレクションとセミナー活動、オーガニックビューティストやセラピストの育成を行っている。
シミはなぜ頬にできやすくて鼻にはできにくいの?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

東福 柚香里さんの新着コラム

Skin Care

by東福 柚香里

シミはなぜ頬にできやすくて鼻にはできにくいの?

賢い女性は知っている!?シミを予防する正しい紫外線対策。知っていると得する、肌に優しく効率的にシミを防ぐ方法とは……?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by大島 有希

ちゃんと知っている?日焼け止めの正しい選び方と使い方【後編】

だんだん日差しが気になる季節。前編では、紫外線の種類と日焼け止めの原料の違い、SPA、PAについてお伝えしました。 今回は日焼け止めの種類と、効果的な日焼け止めの使い方についてお伝えします。

Skin Care

by遠山 久美子

さえないお肌の原因を知っていますか?シミとくすみの違いと対処法

暑くなると気になり始めるお肌のトラブル「シミとくすみ」は、似ているようで似ていないものだということをご存知でしょうか?ここでは、シミやくすみができるメカニズムと、2つを撃退するためのおすすめアイテムを徹底解説します。

Skin Care

by大島 有希

1ヶ月で肌を変える!美肌になるための美容メゾット

誰もが憧れる美肌。肌が美しくなると、印象までも変わります。肌は毎日生まれ変わっているとはいえ、なかなか2.3日で肌変化を感じるのは難しいはず。本気で美肌を叶えるには、約1ヶ月必要です。この1ヶ月をどう過ごすかが、美肌を叶える分かれ道。今回は1ヶ月で肌の生まれ変わりをサポートする方法をお伝えします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す