2016年12月7日 更新

晴れの日の強い味方!美肌を守る日焼け止めを正しく使えていますか?

晴れの日の強い味方!美肌を守る日焼け止めを正しく使えていますか?

紫外線は肌の大敵であるということは、雑誌やTV等メディアでも数多く取り上げられ意識している方も多いと思います。しかし、きちんと対策しているつもりでも、間違った塗り方を続けていると実はシミやシワの予防になっていなかったり、お肌の負担になっていることも!毎日の努力を無駄にしないためにも、正しい塗り方をご紹介します。

今までの塗り方では足りていないかも!適切な使用量とは

http://www.photo-ac.com/
出典 :
http://www.photo-ac.com/

日焼け止めを塗るときに、一番大切なポイントは使用量!

日焼け止めを選ぶ基準として、SPF・PA値というものが使われていますが、これらは1㎠あたり2mgを塗った際に期待できる効果とされています。ちなみに、SPF値とはシミや皮膚ガンの原因となるUVB波をブロックする程度の指標。PA値とはシワやたるみの原因にもなるUVA波をブロックする程度の指標です。

SPF・PA値が高くても使用量が守られていないと、その効果は発揮できません。必要な使用量は、顔全体で約0.8g、500円玉大くらいになりますが、実際には多くの人が必要量の1/3~1/4程しか塗っていないといわれています。

一日一回はNG!こまめに塗り直す

SPF値が高いものを朝塗ったことで安心して、一日中そのままということはありませんか?

日焼け止めの持続時間は、SPF30で10時間程度とされていますが、実際には汗や皮脂で落ちることで効果は減少していきます。そのため、2〜3時間毎に塗り直す必要があります。拭き取り化粧水や乳液などで一度ベースメイクを落とし、塗り直すのが確実な方法です。

時間がなくてそこまでできないという際には、汗や皮脂をティッシュオフした後、UVカット効果のあるパウダーを重ねたり、最近は便利なUVカットスプレー等もありますので、それらを使ってみるのも1つの手です。

敏感肌の人へ 負担の少ない日焼け止めを

http://www.photo-ac.com/
出典 :
http://www.photo-ac.com/

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものが使用されています。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し化学反応を起こし、他のエネルギーに変えてくれる成分ですが、その反応で生じた物質が肌への刺激になる場合もあるといわれています。それに対し、紫外線散乱剤は紫外線をはね返すもので、お肌への刺激になりにくいものが多いとされています。

ただ、紫外線吸収剤は汗に強くさらさらしており、白浮きしにくいなどのメリットもあります。最近は、低刺激のものも増えてきているようですが、日焼け止めによる肌への負担が気になるという方は、紫外線吸収剤フリーのものを選んでみるといいかもしれないですね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
コスメコンシェルジュ 美容ライター オーガニックセラピスト 1歳の男の子ママをしながら、様々なWebメディアにて美容ライターとして美容記事を執筆しています。また、美容雑誌 MAQUIA 公式ブロガー「チーム★美セレブ」のメンバー としても活動中。 理系大学出身、製薬会社勤務の経験から、お肌の構造やコスメの成分をきちんと把握し、本当に効果のある美容法を見極めるのが得意です。生活...
晴れの日の強い味方!美肌を守る日焼け止めを正しく使えていますか?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

まりんさんの新着コラム

byまりん

笑顔が似合う!幸せオーラを放つハッピーフェイスの作り方

あなたの周りに、なんだかいつもとってもキラキラしていて幸せそう!というオーラを放っている人っていませんか?幸せそうな女性の周りには自然と人も集まり、その場の空気も明るくなりますよね。そんな女性に憧れる人も多いはず。毎朝のメイクの工夫できっとあなたもそんな幸せオーラを放つことができますよ…!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by@みきてぃ

肌の火照りの救世主♡超簡単!カモミールティーパックの方法とは?

海山などリゾートはもちろん、街中でも帽子、日傘などでカバーしていても、このところの強い日差しでは、少し外出するだけでも肌がほてりがち。今回は子どもも大人も身近なもので安心して行える、肌のほてりをさまし、鎮静させる簡単パック方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す