2016年12月7日 更新

骨盤の調整とインナーマッスルトレーニングで美脚を手に入れる

骨盤の調整とインナーマッスルトレーニングで美脚を手に入れる

骨盤が正常の場合、脚だけでなく姿勢も良くなり、見た目の印象がかなり変わります。毎日の心がけとクイックケアでスタイルアップと美しい姿勢を手に入れましょう。

骨盤の歪みをチェック

体の歪みを簡単にチェックすることができます。
まず鏡の前に立って、左右の鎖骨、肩、バストの高さや位置を見比べます。

骨盤の歪みをチェック

力を抜き、仰向けに寝転がり、足の開き具合を確認します。
足の親指が外に向いている、足の親指が上を向いている、片方の足の親指は内側に、反対側は外を向いている、などを見てみてください。

上を向いている場合は骨盤が後傾、外に開きすぎる場合は前傾、左右の向きが異なる場合はねじれている恐れがあります。

次に、左右の脚の長さを比べます。これはパートナーに行ってもらいましょう。
足首を少し持ちあげ、左右に振り、骨盤を揺らします。その後そっと足を床に戻し、左右の足の親指を合わせ、脚の長さを比べます。

長い方の骨盤が下がっている可能性があります。
そして、正常な場合は、外向きに足が開き、脚の中心線が床から60度になることが理想です。

例)足は上向きで右足が長い場合、骨盤は右下がりで後傾の可能性があるため、後方転位の矯正を行います。

ちなみに鎖骨はまっすぐ横になっている方が正常です。
鎖骨歪みと顔の歪みは関係するので、鎖骨にも注目してみましょう。

骨盤の歪みを整える

自分でできる骨盤矯正(足が上を向いている場合)

仰向きに寝転がり、片方の膝を曲げて両手で抱えこみ、胸の方へ引きつけます。
次に足を胸から離し、膝を曲げたまま外側に開き、下へ伸ばし、また胸元に引きつけるという動きを3回繰り返し、反対側も行います。

次に、床に座りお尻のお肉を後ろ側に流し、坐骨が床に当たるようにします。
膝を曲げ、座禅座り方をします。
左足を下にし、右足のかかとを左足の膝の骨の上にスライドさせておきます。
このとき必ず、骨の上に置くようにしてください。

同時に呼吸を繰り返します。
お腹を膨らませるように鼻から吸って、吸った時間より長い時間をかけてゆっくり鼻から息を吐きましょう。
これを3回繰り返します。

これを行うことで、右足側のお尻の筋肉がストレッチされています。
同じように足をチェンジして行います。

骨盤底筋を鍛える

仰向きに寝転がり、膝を曲げます。
鼻から吸って、お腹をへっこませながら口から息を吐きます。
呼吸は肋骨が開くのを感じ、吐くときも肋骨が閉じるのを感じてください。

たっぷりの空気を肺に送りこみ、肋骨を閉じてお腹をへっこませながら、恥骨を上に向けるように骨盤を動かします。
このとき、股に蓋があるイメージを持ち、その蓋をおへその方に引き込むようなイメージで肛門も引き込みます。

ゆっくり骨盤を戻します。これを10回行います。
このトレーニングはスタイルアップだけに関わらず、女性の下半身の悩み解消にも関係します。
日ごろのトレーニングに加えてみてください

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
maki
代表兼エステティシャン トップセラピストカレッジ認定校講師・AEA上級エステティシャン・美容整体師・登録販売者・医薬品店舗管理者 体質改善と内面ケアのエステサロンと美容のエキスパート育成スクールを営んでいます。
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

makiさんの新着コラム

Body Care

bymaki

「失敗しないダイエット」は実現可能!?リバウンドさせないためするべきことは?

今まで多くのダイエット法が紹介されてきましたが、人それぞれ、結果の出た方法とそうでもなかった方法、さまざまあったかと思います。また、ダイエットは成功したけれどその後リバウンドしてしまったという経験はないですか?そう、世間で注目されている多くのダイエット法において見落とされているところは、リバウンドに対する対策法です。そこで今回は、ダイエット法ではなくリバウンドさせたくないときに行うべき方法をご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す