2016年12月7日 更新

美肌は朝の30秒できまる!朝の肌色でわかる正しいケア

美肌は朝の30秒できまる!朝の肌色でわかる正しいケア

いつも同じように見えて微妙に変わる朝のお肌。朝30秒じっくりお肌を眺めて、その色に現れる体内の不調サインをキャッチ。正しいケアを行いましょう。

お肌の不調サインは体内の不調サイン

朝起きたとき、今日はなんとなくクマが深いな、お化粧のりが悪いな…など、皆さん朝のお顔に変化を感じているかと思います。
このようなお肌の不調サインは、実は体内の不調サインに繋がっています。

感じやすい大きな変化だけでなく、気に留めずスルーしてしまうような小さな変化もたくさんあります。
ここではお肌色に現れる不調サインと、それに合わせたケア方法をご紹介いたします。

⚫︎顔色が赤い

血液や熱の循環が上手くできていないため、熱が頭の方に上昇してたまり、顔が赤くなっている状態と思われます。

半身浴やウォーキングで汗をかくように心がけましょう。血液をサラサラになるよう促す食材であるアーモンド、青魚を摂るのがおすすめ。頭頂部のくぼみ「百会」というツボをプッシュするのも頭の熱を抑えてくれる方法です。

⚫︎顔色が青い

血液の浄化機能が低下している可能性があります。そのため、老廃物で黒ずみ、お肌が青く見えます。

腹式呼吸で血流を促し、安眠を心がけましょう。ストレスも血液の浄化機能を低下させる原因なので、リフレッシュが大切。ストレス解消に人差し指と中指の骨が交わった部位にある「労宮」というツボをプッシュしてみましょう。

⚫︎顔色が黒い

腎機能低下で余分な水分がたまっている可能性があります。血液によって運ばれる栄養が行き渡らないと、お肌が黒ずんでしまいます。

ウォーキングやジョキングで代謝をアップして老廃物を追い出すのが大切。お食事はカリウムが豊富なものがベストでしょう。「湧泉」という、足の親指と人差し指の間からかかとに向かって指を下ろすとあるくぼみをプッシュしてみてください。顔色に血色が戻るはずです。

⚫︎顔色が黄色い

食べすぎなどで消化吸収機能が低下している可能性があります。栄養不足かもしれません。
造血する栄養が足りず、血液が不足したり薄くなると顔色が黄味帯びてきます。

お食事は揚げ物などの油物を避け、消化のよいものを30回噛んで食べましょう。そして胃腸を元気にするツボ「天枢」をプッシュ。おへその左右に、指3本分離れたところにあります。

⚫︎顔色が白い

過労から呼吸が浅くなり血液循環が悪くなっているかもしれません。
腹式呼吸を行うなど、深い呼吸を心がけましょう。内側の手首のくぼみ、脈を打ってる部位「太淵」というツボをプッシュ。深呼吸を手助けしてくれます。

また、栄養をたくさん摂りましょうといわれる時代ですが、栄養も摂りすぎると不調を招く場合があります。日々変化する身体に合わせ、栄養を足したり引いたりしながら上手にバランスが取れるよう、毎朝のお顔に注目しましょう。お顔があなたの今の健康を教えてくれることでしょう。

参考文献:『顔望診をはじめよう —顔でわかる今日のナチュラルケア』(2014・DECO BOOKS)
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
美容家・エステティシャン トータルエステティックサロン、美容整形外科インストラクターを経て、自身のサロンをオープン。 痩身をメインに『結果を出す』サロンとして会社員からモデル・芸能人まで、幅広い顧客のニーズに応えるかたわら、心理士として「美」を保つためのメンタルケアも行っている。 日本ホリスティックセラピストアカデミー マタニティセラピスト取得 日本能力開発推進協会ダイエットインスト...
美肌は朝の30秒できまる!朝の肌色でわかる正しいケア
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

上原 桃子さんの新着コラム

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す