2016年12月7日 更新

アイシャドウもチークも濡らして使う!?ウエッティーメイクの方法

アイシャドウもチークも濡らして使う!?ウエッティーメイクの方法

パウダリーファンデーションを濡らして使ったことがある方はいらっしゃるかと思いますが、アイシャドウやチークも濡らして使えることを知っていましたか?ウエッティーメイクの魅力に迫り、その方法をご紹介します。

ウエッティーメイクってどんなもの?簡単にできるの?

夏に発売されるファンデーションの中には、水ありや水なしで使用できるものがありますよね。水ありバージョンで塗ってみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?それと同じく、お粉タイプのアイシャドウやチークも、濡らして使うという方法があります。アイシャドウやチークはそのまま塗るのが王道と思われがちですが、水に濡らしてから肌に乗せると、質感が変わって、まるで他の商品を使ったかのような仕上がりになることがあります。
具体的には、色味が濃いめに発色し、艶感が増すのです。いつも同じアイシャドウやチークを使っていてマンネリ化してしまうという方。水に濡らして使うだけで、また違ったメイクを楽しむことができるでしょう。用意するものはチップやスポンジ、固めのブラシです。水を含みやすいものを使用します。水の量は、コツをつかめば簡単に調節できるでしょう。特別な技術が必要なわけではないので、ぜひ試してみたいメイク方法です。

ウエッティーメイクのやり方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウエッティーメイクに向いているアイシャドウやチーク

まずは、どのようなアイシャドウやチークがウエッティーメイクに向いているのかをご説明します。基本的にお粉タイプなら大丈夫なのですが、より魅力的になるアイシャドウ・チークの種類があるのです。アイシャドウは、ラメがたっぷり入ったものがおすすめです。水に濡らすことでラメ感が増し、キラキラとした目元を演出できるからです。また、シアーなタイプのアイシャドウも良いでしょう。前述の通り、アイシャドウの発色が良くなるので、いつもとは違ったメイクを楽しめそうですよ。

チークはパール感があるものを使ってみてください。よりキレイな艶感に変化し、また違った表情を楽しめるはずです。ビビットなカラーは避けた方が無難です。
このように、アイシャドウやチークの選び方にもコツがあります。ウエッティーメイクを最大限に生かしてみましょう。

ウエッティーアイシャドウメイクの方法

アイシャドウを濡らして使う場合は、チップか固めのブラシを使います。チップやブラシに水を含ませ、滴り落ちない程度になるまでティッシュオフしてください。その後、いつも使うのと同じくらいの量のアイシャドウをチップかブラシに取ります。おすすめなのは、二重幅にノーグラデーションで乗せる方法です。ノーグラデーションは今年のトレンドなので、オシャレ感が増すでしょう。広い範囲に塗りすぎるとケバケバしい印象になりがち。二重幅程度がちょうど良いのです。グラデーションにしたい場合は、水分が完全に乾いてからワントーン明るいアイシャドウで境目をボカしましょう。
また、細筆を使ってアイライン風にするのもおすすめです。固めのブラシに水を含ませたら、1、2度ティッシュオフ。ラメ感たっぷりの濃いアイシャドウを取って、目の際にスッと引きましょう。カラーアイライナーほどビビットな発色にはならないので、気軽にカラーメイクを楽しめそうです。

ウエッティーチークメイクの方法

チークを濡らして使う場合は、スポンジか固めのブラシを使いましょう。アイシャドウのときと同様に、水が滴り落ちない程度になるまでティッシュオフしてから塗っていきます。発色が良くなるので、チークを塗りたい範囲の中央部分から塗っていき、外側に向かってボカすと良いでしょう。何も考えずに塗ると「おてもやん」になってしまいがちなので注意してください。
チークを塗った後で、水分が飛んだらベージュのチークやパウダリーファンデーションで境目をボカしてください。自然な仕上がりを目指せますよ。もし、塗りすぎてしまったと感じたら、チークの上からパール入りのフェイスパウダーを叩きましょう。フェイスパウダーを含ませた柔らかいブラシを、濃さが落ち着くまで往復させてみてください。艶感を損ねることなく色味を調節できるでしょう。

ウエッティーメイクでいつもと違う質感を楽しもう!メイクの幅が広がるかも

このように、ウエッティーメイクは簡単に施すことができます。おすすめのアイシャドウやチークがどのようなものか、というのもご紹介しましたが、まずはお手持ちのものから始めてみても良いでしょう。
水に濡らすだけで違った質感になるのであれば、ぜひ試してみたいですよね。マンネリ化したメイクの幅を広げてみましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
アイシャドウもチークも濡らして使う!?ウエッティーメイクの方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

カッコいい「大人クール」!引き算メイクを利用して品良く仕上げましょう♪

クールなメイクは憧れるでしょうが、ともすればやり過ぎメイクになってしまいがちです。これからは、大人の女性らしいクールメイクを心がけてみましょう。そのメイクの肝は引き算。引き算メイクを上手に使ってみてくださいね。

by西田 彩花

この秋冬はワインレッドルージュがブームに!?ルージュメインのメイク方法

今季ルージュで注目のカラーはワインレッドです。ワインレッドは別名バーガンディと呼ばれ、紫味の強い赤のことを指します。一見難しそうなカラーですが、使いこなせると女っぷりがアップするかも!ぜひメイクに取り入れてみてください。

by西田 彩花

チークメインのメイクってどうすれば良いの?トータルのバランスの取り方

ときには、チークをメインにしたメイクもやってみたくなりますよね。チークに力を入れたいけど目力もしっかり欲しい!という方もいらっしゃると思います。チークメインのメイクはバランスの取り方が難しいので、どのようにバランスを取れば上手にメイクができるのかをレクチャーします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す