2016年12月7日 更新

冬にこそモノトーンメイク!クラッシックな魅力を引き出してみませんか?

冬にこそモノトーンメイク!クラッシックな魅力を引き出してみませんか?

ホワイト、グレー、ブラック…。たまにはモノトーンなメイクをしてみたくなることもあるでしょう。実は、冬にこそぴったりのメイクなのです!モノトーンなのに柔らかい、そういったメイクを目指してみませんか?

モノトーンメイクはキツくなる!?そんなことはないのです

モノトーンメイクと聞くと、思い浮かべるのはゴシックなキツめのメイクではないでしょうか。大人の女性には難しいかも、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?たまにはモノトーンでまとめてみたいときもありますよね。
実は、モノトーンメイクは、冬にこそ施してほしいメイク術。キツい印象にならない方法を覚えてしまえば、ヘビーローテーションしてしまいたくなるかもしれません。そのポイントは、ラメ感です。特に、この冬はグレーのラメがトレンドです。重たさを軽減し、雪のような輝きを表現できるでしょう。また、澄んだ印象になるのも特徴です。グレイッシュなアイメイクは、デカ目効果も期待できます。ブラウンアイメイクとは違った掘り深さをメイクできるのです。

クラッシックでありながら洗練されたモノトーンメイク。これなら大人の女性でもチャレンジできそうですよね。ぜひ、この冬はこのメイクレシピを参考にしてみてください。旬顔にもなれますよ。

モノトーンはアイメイクで表現!ホワイトラメを活かして

モノトーンメイクで用意するのは、ホワイトラメがたっぷりと入ったパウダーアイシャドウと、透明感のあるグレーのクリームアイシャドウです。重ね塗りをして、澄んだ目元を目指します。

まず、ホワイトのパウダーアイシャドウをブラシやチップを使わず指で直接、アイホール全体に塗ります。指で塗ることによって、密着度がアップして、よりラメ感を出すことができます。
次に、グレーのアイシャドウを同じ範囲に重ね塗りします。今度はブラシを使ってふんわりと乗せ、シースルー感を出してください。こうすることで、下地として塗ったホワイトラメが透けて見え、雪のような輝きを表現できます。そして、上まぶたで使ったホワイトアイシャドウを涙袋にオン。白目に透明感が出て、澄んだ大きな瞳に見えます。
アイライナーは漆黒のものを使いましょう。ハッキリと発色するリキッドタイプがおすすめです。ただし、アイラインは極細にしてください。太く引きすぎるとかえって不自然な印象になりがちです。まつ毛とまつ毛の隙間を埋める程度にとどめ、オーバーラインもしないようにしてください。ナチュラルに目が大きく見えるのです。

このように、ホワイトのラメ感を活かしたメイクをすると冬にぴったりなメイクになります。また、透明感のあるグレーアイシャドウを使うことでキツくならない大人のメイクができます。トレンドカラーでもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

モノトーンメイクのときのベースメイクやチークなどはどうしたら良いの?

上記では、モノトーンなアイメイク方法をご紹介しましたが、ベースメイクやチーク、リップにも悩むのではないでしょうか。

ベースメイクは透明感を出してみましょう。クリームファンデーションを塗り、モノトーンメイクに合う質感を作ります。指の腹で丁寧に塗ると、透明感が出て適度な艶感も出ます。アラはコンシーラーでしっかりとカバーしてくださいね。
チークとリップはシアーな青みピンクがおすすめです。同系色にして統一感を出しましょう。チークはクリームタイプのものにしてください。手の甲に塗り、少しずつ指に取って頬に乗せていきます。内側から発色しているようなチークメイクをすると良いですよ。きちんとボカすのが秘訣です。
また、リップはラメが入ったルージュを使ってください。そのままの発色になるように、ブラシを使って丁寧に塗っていきましょう。輪郭はしっかりと取った方がベター。グレーのアイメイクは力強い印象もあるので、リップメイクもしっかり感を出してみてくださいね。

雪が降る日にこそ施したくなる♡旬にもなれるモノトーンメイクで決まり!

ご紹介したメイクレシピは、キツくなりにくいモノトーンメイクです。やってみたかったけど抵抗があったという方にもぜひ試してもらいたいものですよ。
ラメ感や他のパーツとのバランスを考えれば、たちまち透明感のある仕上がりに!雪がよく似合うメイクになります。この冬にこそ、ぜひやってほしいメイクなのです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
冬にこそモノトーンメイク!クラッシックな魅力を引き出してみませんか?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

冬の乾燥肌は見せない!潤い肌をメイクして周囲に差をつけましょう

肌がカサつく季節がやってきました。でも、乾燥は決して見せたくない!そういう思いを持った女性も多いでしょう。そこで、冬でも潤った肌に見せるベースメイク術を大公開!冬の乾燥肌をしっかりとカバーしましょう。

by遠山 久美子

秋から冬に気になる髪の乾燥!あなたはどうしてますか?

秋から冬にかけて、肌と共に気になるのが髪の乾燥……髪の乾燥は頭皮の乾燥にもつながり、かゆみ・フケ・抜け毛などの原因や髪のスタイリングにも影響し見た目も悪くなり女子力が下がってしまいます。そんな時の救世主にヘアケアアイテムについてお伝えします。

by二神 健一

簡単テク!チークを左右対称に入れる方法(チークテクニック)

チークの入れ方で顔の印象は大きく変わります。 チークが自分の思うようにできなかった日は、ちょっと気持ちが落ち込んだりしますよね。そんな日が無くなるように、初心者さんでも簡単にできるチークの入れ方のコツを紹介します!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す