2016年12月7日 更新

素材まるごと食べるホールフードって知ってる?ホールフードの魅力をご紹介

素材まるごと食べるホールフードって知ってる?ホールフードの魅力をご紹介

毎朝のグリーンスムージーや毎日の食事にホールフードを推奨していますが、その理由はいたってシンプル!体内の老化を促進している「老廃物」を、キレイに処理してくれる働きを持つ「ファイトケミカル」が、野菜やフルーツの皮と実の間にふくまれているからなのです。第7の栄養素とも言われている、「ファイトケミカル」は体内では作りだすことができず、食事でおぎなっていくことでその効果を得ることができます。そのため、毎日の野菜・フルーツの摂取方法がポイントになってきます。

ファイトケミカルって?

ファイトケミカルは第7の栄養素とも言われている、食物栄養素のこと。5大栄養素の、糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルと、その次に認められている第6の栄養素「食物繊維」と並ぶ重要な成分なのです。身体の調子をととのえたり、病気を予防してくれたりします。

人の身体を車にたとえてみると、ボディやタイヤをつくるのが、たんぱく質やカルシウム。エネルギーでもあるガソリンの役割を脂質や炭水化物、そして、これらの栄養を消費する際に、必ず排気ガスやゴミにあたるものが発生してきます。それが「老廃物」です。老廃物はアーユルヴェーダでは「アーマ(毒素)」と呼ばれ、これが「老化」をすすめていく原因になり、これをキレイに掃除する働きをしてくれているのが「ファイトケミカル」です。そのため、デトックスには欠かせないと言われています。
ファイトケミカルはバナナの甘い「香り」、トマトの赤い「色」、ショウガの「辛味」やゴーヤの「苦味」など、野菜やフルーツに含まれている色素や香りの基になる成分でもあります。

ファイトケミカルが多く含まれている食品

ファイトケミカルは、皮と実の間に含まれていますが、特にその含有量の多いフルーツをいくつかご紹介いたします。

アサイ・ノニ・ガック・マキベリー・ゴジベリーなどです。
スーパーフルーツと呼ばれているものが、ほとんどになりますが、普通の野菜やフルーツにも、たくさんふくまれているので、デトックスしたい方は、「ホールフード」で野菜やフルーツを食べるようにするのがおすすめです!
毎日の食生活の中で、溜めない・溜まらないデトックスビューティーをキープしてしまいましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
フランスコスメブランドにて小顔を専門にエステティシャンとして活躍後 エステティシャン育成・スキンケア製品トレーナーののち、世界のコスメセレクトショップをマネージメント。 2007年の大転機を機に、アーユルヴェーダとオーラソーマカラーセラピーのライセンスを取得。 2011年渡米、2013年アーユルヴェーダの聖地スリランカへ渡航。 現在は、「心と身体はつながっている」と「内側から輝くキレ...
素材まるごと食べるホールフードって知ってる?ホールフードの魅力をご紹介
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花咲 美幸さんの新着コラム

Body Care

by花咲 美幸

肌をキープしてくれる!にんじんはあたたかいスープがおすすめ♡

生きた酵素をそのままいただけるということで、毎朝のグリーンスムージーが定番になっている方も多くいらっしゃると思います。生きた酵素を摂取するには「生」のままミキサーにかけたものをいただくのが基本ですが、「にんじん」だけは「温かいスープ」タイプでいただいたほうが身体に良いといわれています。今回は、のどと身体がよろこぶ「にんじん」についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

byPapp Hideko

美と健康の秘訣は“水まわり”にあり!ナチュラル美人が実践する【水まわりのイ...

肌にハリやツヤのあって、健康的で美しい女性たち。日頃からスキンケアにこだわりがあるのはもちろんのこと、美容健康の意識が高い人ほど水回りをキレイに使用していることが多いそう。ハンガリーの人気デザイナーさんのお宅をご覧にいただき、健やかな美肌が生まれる【水回りのインテリア】を説明します。

Body Care

by橋本はづき

ダイエット成功者の習慣を取り入れて脳から改革!

食べたいけど痩せたい。女性の気持ちは矛盾がいっぱい。そこで「食べているのに太りにくい」という体質にしてしまう脳改革ができたらうれしいですよね。一度コツを知ってしまえば「なんだ、ダイエットって簡単なのね」というお声続出です。「ダイエットするぞー!」と意気込みすぎている方にこそチェックしていただき...

Body Care

by橋本はづき

痩せたいだけの人へ!きついヨガやトレーニングはしない方が良いかも…

ハードなヨガや負荷をたくさんかけるようなトレーニングをやってるのに体重が一向に減らない…という方、いらっしゃいませんか?パーソナルトレーニングとヨガの両方を指導する筆者も、そのような方にお会いすることがあります。ハードな運動をする前に、基本ができているのかどうか、薄着になるこの季節にもう一度立...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す