2017年1月31日 更新

歩き方を少しだけ意識!普段の何気ない移動をエクササイズに

歩き方を少しだけ意識!普段の何気ない移動をエクササイズに

今回お伝えするのは「歩くだけ」ということ。ただ、それだけでダイエットが成功するかというとそうではありません。筋肉の量を増やし、その筋肉をいかに普段の生活で使用する機会を増やせるか。あくまで筋トレを普段から是非行っていただきたいのです。その上で、今回お伝えする歩き方を実践していただければ1日の消費カロリーや筋肉への刺激を増やすことが出来ます。

たかが移動手段ではありますが・・・

歩行はダイエットのツールではありません。人間が移動するための手段ですよね。ですが、その歩き方を意識することで脚が変わってきます。
車椅子バスケの選手たちはあんなにたくましい体ですが、足はすごく細いです。なぜなら、足の筋肉を使わないからです。その代わり車椅子を操作する腕は非常に発達し、たくましいですよね。
誰しも歩いて移動する人であれば筋肉を全く使わないことはないと思いますが、実は歩き方で損をしている方はたくさんいます。

歩き方のポイント

今さら歩き方と言われても…ピンとこない!という方も多いと思います。
ですので、ポイントをお伝えいたします。

歩く前にまず立ち姿勢から。
・頭のてっぺんと踵で引っ張り合いっこするようなイメージをします。そうすると自然と背筋が伸び下腹部が引き締まります。
・デコルテを広く保つようにします。手のひらを前に向けると自然とデコルテが広くなりますので、そのデコルテをキープしながら手のひらの向きを自然に戻しましょう。

①踵からつくことを強調してください。
②親指で地面を蹴ります。その際、お尻の力を使って後ろに蹴るようにします。そうすると親指が地面から離れるタイミングでしっかりと膝が伸びるかと思います。
③腕は後ろに振ることを強調します。

解説

歩く事は、種類の違う立ち姿勢の連続だと思ってください(右足が前、左足が前、片足が浮いている瞬間、両足とも着いている etc...)。その1つ1つがきれいで整っていれば、一連の流れとして歩き方が整います。
そのためには、まず立ち姿勢を整えることが大切です。頭と踵で引っ張り合いっこすることで、猫背姿勢を修正することができますし、姿勢を保つための「抗重力筋群」という筋肉を働かすことにつながります。

① 踵から着くことを強調する事は非常に大切です。ペタンペタンと歩いていては、踵をついた後の足の向きが定まりません。また、膝が進行方向とズレて動いてしまったりすることでO脚・X脚といったラインの崩れが生じます。それを放っておくと、いつか膝の軟骨がすり減るなどのトラブルにもつながります。

② つま先(親指が理想)でしっかりと地面を蹴ること。これが、この歩き方の最も重要なポイントです。多くの方が、最後まで蹴り切っていないのです。そうすると、膝を伸ばし切る事がなく、筋肉を最大限使えません。また、膝の裏側にはリンパ節があるのですが、膝を伸ばし切る事でそこの循環を促すことができるため、むくみ予防も期待できます。

さらに、膝を伸ばす事が重要と言いましたが、それをお尻の筋肉の力で行うことでヒップアップが期待できます。お尻の筋肉で大きく後ろに蹴るようにすることで膝が伸び、つま先で蹴り切る事ができるという流れです。

③ 腕は後ろに振ることを意識しても、自然と反動で前にもふれます。ですが、皆さんの日常で体の前で作業することと後ろで作業することの割合を考えてみてください。圧倒的に前での作業が多いですよね?(PC作業、スマホ、料理、物を運ぶ etc...) また、モデルに対してウォーキングレッスンを行う場合は肘を体よりも前へ出さないようにとされることが一般的です。
これにより、巻き型や猫背(いずれも肩が前に出る)を修正して歩く事ができます。背筋に自然と意識が向きます。

まとめ

歩き方の基本をお伝えしましたが、歩き方は人それぞれです。必ず荷物を持つ人、赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたり、杖を使ったり。
ランウェイ上のモデルさんたちですら歩き方に個性がありますよね?それで構いません。

普段、道端や職場でモデルさんのように歩いていたら違和感も感じますよね。
ですが、上記のポイントを押さえて歩く事で普段の何気ない移動時間で、消費カロリーや脚のライン、姿勢が変わってくると思います。ぜひ試してみてくださいね!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
理学療法士 ローカルに根差した活動が中心.20代後半~40代女性を中心に,身体解剖生理学や身体運動学を基本としたサービスを提供. 美姿勢やウォーキング,体幹エクササイズ,美脚エクササイズなど. また,外反母趾や産後トラブルに対するアドバイスなど,女性特有の問題をリハビリテーションの観点からもサポートを行っている. 【趣味】ゴルフ・スノーボード・アウトドア.週3~4の頻度で...
歩き方を少しだけ意識!普段の何気ない移動をエクササイズに
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

猪又 一志さんの新着コラム

Body Care

by猪又 一志

歩き方を少しだけ意識!普段の何気ない移動をエクササイズに

今回お伝えするのは「歩くだけ」ということ。ただ、それだけでダイエットが成功するかというとそうではありません。筋肉の量を増やし、その筋肉をいかに普段の生活で使用する機会を増やせるか。あくまで筋トレを普段から是非行っていただきたいのです。その上で、今回お伝えする歩き方を実践していただければ1日の消費カロリーや筋肉への刺激を増やすことが出来ます。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

byPapp Hideko

お水大好き♡美肌女性が多いハンガリーから【炭酸水洗顔】のススメ

ハンガリー人はものすごく水が大好き!その理由は、一時、水が健康に良いというイメージが世界的に広まったためです。単純な理由ですが、ハンガリーの人々はいつも炭酸水をよく飲みます。この炭酸水、実は美容効果がとても高いことで知られています!

Body Care

byPapp Hideko

2016年バレンタイン!ハンガリーのおいしいチョコレートブランドレポート!

中央ヨーロッパにある小国ハンガリー。この国の人たちは無類のチョコレート好き!バレンタインにちなみ、ハンガリーのオリジナルブランドのおいしいチョコレートをご紹介。美容と健康にうれしいカカオポリフェノールたっぷりなダークチョコレートや、美肌&ダイエット効果も期待できるフルーツをたくさんトッピングし...

Body Care

by花田 真理

AGE Reader測定を行う際に気をつけるべき4つのこと

糖化度を測定するのに需要が高まっているAGE Reader。 測定したことはありますか? AGE Readerは利便性の高い機械で便利なものですが、測定する際に注意しなければならないことがあります。 これを怠ると測定する意味がなくなってしまうので、今回は測定時の注意点について紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す