2016年12月8日 更新

今シーズンはコレ!バレンタインデートにも…♡女子力はまつ毛で魅せる!

今シーズンはコレ!バレンタインデートにも…♡女子力はまつ毛で魅せる!

まつ毛がたっぷりあると目力もアップ。まつ毛メイクの仕方で顔の印象、ニュアンスは変わります。バレンタインも近くなり、今のまつ育ブームにも乗って、ちょっとまつ毛を意識してみませんか?

まつ毛のこと

まつ毛の寿命は3~4か月。
普段ゴシゴシこすっていないかどうかはもちろん、つけまつ毛・まつエク…ビューラーの扱いも意識していますか?

3か月の間、まつ毛は様々な刺激を生き抜いてまぶたにとどまっています。
負担がかかりすぎるとしっかりと伸びきる前に抜けたり切れてしまうので、長さや本数が十分ではなくなってしまいます。

そこで役立つのがまつ毛美容液です。
まつ毛美容液は、今あるまつ毛に栄養を与え、ハリやコシをもたらしてくれるものです。
また、長く使っていくことによって、まつ毛をダメージから守ることも可能です。

まつ毛がしっかりしていると、メイクの仕上がりが違いますよね!

理想のまつ毛メイク

理想のまつ毛は、上まつ毛も下まつ毛も放射状に360度広がっている状態。
そのためには、ビューラーできれいなカールが作れるかどうかが重要なポイントとなります。

ビューラーを使うときは、まつ毛の根本から毛先をしっかりカールするようにしましょう。
方法としては、ビューラーの上の部分を固定させて、ゴムの部分を根本→真ん中→毛先とずらしていきます。
このときまつ毛を引っ張ることのないように!

マスカラはまつ毛の上から下になでおろすようにつけてから、下から上に持ち上げるようにつけます。
上下につけることによってボリュームがアップ。

ここでもまつ毛美容液ののうれしい効果が!!
日常的に使うことでまつ毛のハリやコシがキープできていれば、カールの持続力もあがっているはずです!

人気のカラーマスカラ

カラーマスカラは全部ではなく目尻側につけると、さりげなくておしゃれ。
下まつ毛だけに付けるのもキュートですね。
同系色のカラーアイライナーと合わせると目が大きく見える効果も期待できます。
ぜひカラーマスカラに挑戦してみてください。

最後に

マスカラがきれいに仕上がっていると、全体のお顔の印象も上がります。
バレンタインデートなど特別な日は、アイメイクのポイントをまつ毛において、メイクを楽しんでくださいね☆

コスメの知識をもっと知りたい方は日本化粧品検定をうけてみませんか?
検定に関する知識は日本各地で学べます。
函館の日本化粧品検定協会認定校です。
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日本化粧品検定協会公式コスメコンシェルジュインストラクター 日本化粧品検定協会認定校コスメライセンススクール函館校代表講師 1995年より美容の仕事に携わり、美容サロンを経営しながらレッスンの講師を務める。 2015年より化粧品検定協会認定校コスメライセンススクールを開校。 本当に使える美容の知識と技術を身につけるスクールを開催中。 ★コスメや美容について学びたい方、大歓迎...
今シーズンはコレ!バレンタインデートにも…♡女子力はまつ毛で魅せる!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

千葉 祐子さんの新着コラム

by千葉 祐子

目元の魅力を立体でつくる!ナチュラルまつ毛をつくるコツ

ナチュラルなのに存在感のあるまつ毛は印象的な目元をつくる要となります。まつ毛はアイメイクの中で唯一立体感を出せるメイクです。今回はまつ毛のメイクに注目です。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

モテメイクに必須!?思わず触りたくなるモチ肌の作り方

モテメイクをするうえで重要なのがベースメイク。思わず触れたくなるような肌は、異性にとって魅力的だといわれています。そこで、ご紹介したいのがモチ肌です。その魅力からメイク方法までをお伝えします。

by西田 彩花

小顔に見せる肝はシェーディングとハイライト!光と影を操るメイクをマスターし...

小顔に憧れる女性は多いのではないでしょうか。骨格が違うから、と諦めていた方も、メイクで小顔に見せるのは可能かもしれませんよ。その肝は、シェーディングとハイライトを上手に使うところにありました。

Skin Care

by辻岡 奈保美

【2017春夏新作】先手必勝!時間を味方にする「KANEBO」のスキンケア...

2017年春、「KANEBO」が提案するスキンケアのメインテーマは「一月(ひとつき)のリズム」。適切なタイミングでケアをする「時間美容」を取り入れて、感動的な美肌を手に入れようというもの。また、メイクアップの考え方は「たおやかで凛とした普遍的な美しさ」。特に「肌」と「ライン」を重要要素としてつ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す