2016年12月7日 更新

衝撃!美容のために実践していた「朝フルーツ」「朝スムージー」がシミやシワの原因に!?

衝撃!美容のために実践していた「朝フルーツ」「朝スムージー」がシミやシワの原因に!?

美容フリークな女性にほど、朝のフルーツやスムージーを実践しているという方は多いでしょう。日焼けが気になるこの時期には、美白を目的にビタミンC豊富な食品をたっぷり摂取したいものですよね。けれど、それが逆にシミやシワを増やす原因になっているとしたら……?!すぐに正しいビタミンの摂り方をチェックして、内側から輝くような美肌を手に入れましょう!

朝フルーツやスムージーは美容に逆効果なの?

朝にフルーツや生野菜をとったり、スムージーを飲んだりすることは、酵素の摂取につながり、午前中の体のデトックスに役立つと、美容フリークの中でもてはやされている健康法&美容法です。

また、ビタミンCは美白にも効果があり、紫外線の強いこの時期にはビタミンCの多いフルーツや野菜を美白のために!と積極的に摂取している方も多いですよね。

けれど、そのフルーツや野菜の中に、日焼けをしやすくしたり、美容の大敵である「シミ」や「シワ」を増やす成分が入っていることが明らかになったのです。特にビタミンCが多いと知られる柑橘系のフルーツの中にはその成分が多いものが!

次では、その問題の成分「ソラレン」についてくわしくご説明します。

日焼けをしやすくする「ソラレン」とは?

「ソラレン」は、紫外線への感受性を高める、かつ光によって活性化する性質を持った光毒性物質です。フルーツや生野菜に含まれるこのソラニンを摂取すると、紫外線を浴びたときにメラノサイトが刺激され、日焼けの原因となる黒色メラニンが多量に生成されます。また、メラニン細胞は「シミ」や「シワ」を引き起こしたりもします。

さらに、朝ソラレンを摂取した人は、摂取しない人に比べて2倍の日焼け量になったというデータも!

つまり光毒性物質「ソラレン」を摂取することで、日焼けをしやすくし、シミ・シワを増やし、炎症を引き起こしてしまうのです。

ソラレンを多く含むフルーツや野菜

ここでは、日差しの強い時間帯の摂取を避けたい、ソラレンを多く含む食品を見てみましょう。

●フルーツ
レモン・オレンジ・ミカン・グレープフルーツ・キウイ・イチジク
※柑橘類が多いですね

●野菜
セロリ・パセリ・アシタバ・大葉・三つ葉・ジャガイモ・キュウリ
※セリ科が多いですね

ソラレンが少ないフルーツや野菜

●フルーツ
リンゴ・スイカ・バナナ・イチゴ・桃・ブドウ・アロエ など

●野菜
大根・ゴボウ・人参・カブ・カボチャ・ネギ・レタス・キャベツ・トマト・モヤシ・レンコン・白菜
※大根は皮の部分にソラレンが多く含まれるので、朝食べる場合は皮をうすくむいて食べると良いでしょう。

柑橘系は夕方以降に食べればOK

ソラレンは摂取してから2時間後に紫外線吸収率がピークに達し、その後約7~8時間は体内で紫外線をどんどんと吸収していきます。例えば朝7時に摂取したとすると、9時~15時頃まで紫外線を吸収しやすくなるので、朝食べると日中の日差しが一番強い時間帯に効果を発揮してしまうというわけです。

かといって、柑橘系をはじめとしたソラレンを多く含む食品を摂ってはいけないというわけではなく、日差しが弱まった夕方以降に食べれば問題ありません。

また、ソラレンは約10mg以上摂取した場合肌に影響が出るといわれており、それはスムージーを約2杯(500ml)摂取したくらい。量を少なめにという手もありますが、日差しの強い夏は日中に摂取しないようにすると安心でしょう。

食べる紫外線対策!食べる美白!

「それでは朝摂取するフルーツは何を摂ったらいいの?」という疑問を解決する、特に紫外線対策や美白にオススメの食品をいくつかご紹介します。

●リコピンが豊富な食品:スイカ・トマト
スイカやトマトなどの赤い食品は、リコピンというカロテノイドを豊富に含み、抗酸化作用が強く、日光に対する耐性を上げることができます。

リコピンといえばトマトが有名ですが、実はトマトよりスイカの方がリコピンは豊富に含まれています。またトマトは加熱することでリコピンが増えますので、紫外線対策のために食べるなら加熱して摂るといいですね。

●βカロテンが豊富な食べ物:サツマイモ・ニンジン
オレンジ色の野菜や果物に多く含まれているβカロテンも紫外線対策に有効です。βカロテンが最も豊富に含まれている食品といえばサツマイモ。もちろんオレンジ色の代表格・ニンジンも、βカロテンが豊富に含まれています。ちなみに、紫色のサツマイモにも別の抗酸化物質が含まれていますので、紫外線対策には有効です。

●アーモンド
「若返りのビタミン」「食べるアンチエイジング」ともいわれるビタミンEを最も多く含んでいるのがアーモンド。また、アーモンドにはケルセチンという、紫外線から肌を保護する成分も豊富に含まれています。

アーモンドをそのまま摂取する以外にも、アーモンドバターやアーモンドミルクなどもオススメ!朝スムージーを作るときにアーモンドミルクを使うと、味の邪魔をせずに美肌・健康効果が得られるのでおすすめです。

●ソラレンを含まずビタミンCが豊富な食べ物:ピーマン・ブロッコリー・イチゴ

ビタミンCは午前中に摂取していけないというわけではなく、より日焼けをさせてしまうソラレンを含まずにビタミンCを含む食品を摂るのであればOKです。それは、ピーマン・ブロッコリー・イチゴなど。また、ブロッコリーなどの緑の野菜の多くは、肌に大切な葉酸やビタミンA・C・Eを含んでいます。

●エラグ酸を豊富に含む食品:ザクロ・クランベリー
化粧品に含まれる美白成分でも有名なエラグ酸は、ポリフェノールの一種で、抗酸化に優れ美白効果があります。

スキンケアでも要注意!

ソラレンはお肌につけるのもNGです。

一昔前に、レモンやきゅうりの輪切りをそのまま顔に乗せてパックにする美容法が流行りましたが、これはとても危険なこと。パックの後日光を浴びると、皮膚が水膨れができたり赤く晴れ上がったり、さらに日焼けを促進させてしまったりすることもあるので要注意です。

また、オレンジやレモンなど柑橘系のエッセンシャルオイルには「光毒性」という特徴があります。これらのエッセンシャルオイルを肌に塗った後に日光を浴びるのは、シミの原因になるため良くないとされていますので、外出前に使用するのは避けましょう。紫外線は窓からも差し込んできますので、日中家にいて外出しないという場合でも、日中に使用する際には注意しましょう。

おわりに

食べる時間帯や効果的な摂取の仕方、さらにそれぞれの効果を合わせて選ぶことで、食品が持つ美容メリットをうまく取り入れることができますね。「美肌や健康のためにやっていたことが逆効果になっちゃった!」ということにならないよう、その特徴を知り、摂取していくようにしましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
林 美保
美容家・エステティシャン・ネイリスト 美容ジャーナリスト エステサロン“SolJewl”オーナー エステスクール“Beaus'Beau Professional Academy”オーナー 現在二本のTVCMに出演中です! 美容家としてTVや雑誌など数多くのメディアに出演。また、自らがエステティシャンとして芸能人などの美を支える傍ら、美容家を育てるエステスクールを主宰...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

林 美保さんの新着コラム

Skin Care

by林 美保

女性のアレを味方にするだけ!0円でできる毎日の美活術

季節の変わり目や紫外線の強い時期、乾燥の激しい季節に限らず、お肌の調子が良かったり悪かったり安定しない状況、女性ではほとんどの方が感じていらっしゃるのでは?これは「ゆらぎ肌」や「敏感肌」なんて言葉で片付けるのは安易すぎるかも。季節のせいでも、肌質の問題でもない。でもいつもと同じお手入れをしているのに、効果が感じられないのは、女性の生理周期が関連しているかもしれません。一方、生理周期を意識して味方にするだけで、少しのケアがいつも以上に効果を発揮してくれたり、トラブルを事前に防いだり、普段のケアから一歩プラスの美肌術ができますよ!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by水野 志音

夏本番!食べる日焼け止め?ブロッコリースーパースプラウトとは?

夏本番!!海にプールにBBQ、フェス、楽しいイベントが盛りだくさんですね。でも、日焼け止めをこまめに塗っていても、気づいたら日焼けの跡がくっきり!?なんて経験があるはず。今回はそんなときにおすすめしたい、食べて紫外線ケアができる今話題のスーパーフードの1つ、ブロッコリースーパースプラウトについ...

by坂井 美穂

モデル・国際薬膳調理師が教える!美肌に効く♡簡単フレンチ薬膳レシピ

中医学ではシミやくすみの原因は血の汚れと水の澱みと考えます。シミが出来たら血が汚れているサインかも!? 血がキレイになればシミもだんだんと目立ちにくくなってくるかもしれません。国際薬膳調理師である坂井美穂が、漢方薬でも使われている食材を使った美肌へと導くレシピをご紹介します。

Skin Care

by遠山 久美子

美肌を作る「常在菌」を増やしてキレイになろう!

人間の体には、とてもたくさんの常在菌がすんでいます。肌にはおよそ1兆個、腸には100兆個も存在しています。その中でも美肌に関する「皮膚常在菌」「腸内常在菌」を紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す