2016年12月7日 更新

年末年始に食べすぎてしまったあなたに…インナーマッスルを鍛え脂肪燃焼とスタイルアップを目指す方法

年末年始に食べすぎてしまったあなたに…インナーマッスルを鍛え脂肪燃焼とスタイルアップを目指す方法

忘年会から始まり、クリスマス、カウントダウン、Happy New Year、新年会とイベント続きの年末年始はカロリーオーバーになりがちですね。新年を迎え一息つくころになって、自分の体型の変化に気づきます。薄着になる季節に慌てないために、今から準備を始めましょう。

準備運動

準備するものは、ヨガマットなどクッション性のある薄手の敷物。
布団のような厚みがあるものは体が沈んでしまうので、あまりおすすめしません。

まず、膝を曲げ、仰向けに寝転がります。膝の角度は90度くらい。
トレーニングを行うときは呼吸を止めずに、鼻から吸って口から吐く呼吸法を行います。
この呼吸法を取り入れることで、怪我の防止とトレーニング効果を高めることができます。

呼吸法を習得しよう

鼻から息を吸って口から吐きます。
最初、お腹を引っ込ませながら息を吐き続けます。そして吐ききった後、お腹は引っ込めたまま、鼻から息を吸って口から吐く呼吸を続けましょう。
これを10回繰り返します。

首のストレッチ

上記の呼吸を行いながら、首の後ろを伸ばしていきます。
鼻から息を吸って口から吐きながら、首だけ起こし、首の後ろを伸ばしましょう。

お家でできるお腹ぺったんこトレーニング

手のひらを下に向け、腕を床から45度程度上げておきます。
鼻から息を吸って口から吐きながらお腹を引っ込めながら、体を半分だけ起こし、そのまま5秒キープします。

このときに下腹部に力が入っていることを感じてください。
体を床に戻すときはゆっくりと倒しましょう。
そして再び、息を鼻から吸って、口から吐きながら体を起こす、これを5回繰り返します。

このトレーニングでは腹直筋を鍛えることができ、ぽっこりお腹を抑えてくれる効果が見込めます。
大事なことは、呼吸を止めず、息を吐くときにお腹を引っ込めて筋肉を縮めるイメージをもつことです。

天然のウエストニッパー・腹斜筋を鍛えよう

また同じようにマットの上に仰向けになり、膝を曲げます。
手を頭の後ろに組み、鼻から息を吸って口から息を吐き、お腹をぺったんこにしながら半分起き上がり、今度は右にねじり、1、2、3秒キープ。
そしてゆっくり床に戻し、続いて左にねじって、1、2、3秒キープ。

これを1セットとし、交互に10回、5セット行います。
腹斜筋、腹直筋、腹横筋を鍛えてスッキリしたウエストラインを作りましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
maki
代表兼エステティシャン トップセラピストカレッジ認定校講師・AEA上級エステティシャン・美容整体師・登録販売者・医薬品店舗管理者 体質改善と内面ケアのエステサロンと美容のエキスパート育成スクールを営んでいます。
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

makiさんの新着コラム

Body Care

bymaki

「失敗しないダイエット」は実現可能!?リバウンドさせないためするべきことは?

今まで多くのダイエット法が紹介されてきましたが、人それぞれ、結果の出た方法とそうでもなかった方法、さまざまあったかと思います。また、ダイエットは成功したけれどその後リバウンドしてしまったという経験はないですか?そう、世間で注目されている多くのダイエット法において見落とされているところは、リバウンドに対する対策法です。そこで今回は、ダイエット法ではなくリバウンドさせたくないときに行うべき方法をご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by癒野 のばら

今年はタイの食材「パクチー」でデトックスはじめませんか?

タイの食材といえば、パクチー。最近ではパクチー専門のレストランもありますね。 美容においては、まず体の中を綺麗に掃除することが一番大事といわれていますが、パクチーは本当にデトックス効果が抜群なのです。

Body Care

by西田 彩花

「かむトレ」って知っていますか?食事のときに意識するだけでほうれい線対策が可能!

ほうれい線やあごの下についた肉…これらは、表情筋や首まわりの筋肉の衰えが原因かもしれません。朝・昼・夜、ご飯を食べるときに「かむトレ」を実践してみてください。お悩みを解消できるかもしれません。

Body Care

by遠山 久美子

美しくなりたかったら腸を磨け!腸内環境を整えましょう♡

スキンケアやメイク、美しくなるためには必須アイテムですが、それにプラスして身体の中「腸」を整えるのがキレイの早道です。今回は腸の磨き方をお伝えします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す