2016年12月7日 更新

「足の裏見せて!」にいつでも応えられる足に♪角質を解消するセルフケアをマスターしよう!

「足の裏見せて!」にいつでも応えられる足に♪角質を解消するセルフケアをマスターしよう!

あなたは「足裏を見せて」と言われたら堂々と見せることができますか?顔や髪は丁寧にお手入れするけど、足裏は普段人に見せることがないから……と、ほったらかしにしていませんか?足には、角質やにおい、その他さまざまなお悩みが存在します。その中で、簡単セルフケアで比較的対応できる 角質・乾燥についてお伝えします。

足裏の角質はカラダからのメッセージ

手や顔の乾燥肌は気になっても、足の乾燥には無頓着になっていないでしょうか。

乾燥は、主に秋から冬の間のお悩み症状でしたが、エアコンなど生活環境の影響により、一年を通して乾燥に悩む方が増えてきました。空気が乾燥していると、皮膚の水分が不足するので乾燥肌の原因になります。見た目にも潤いがなく、柔軟性やしっとりした感じが失われた状態になります。
また、古い角質が堆積してガサガサになった足裏には、大切なサインが隠れている可能性があります。

リフレクソロジーの概念では、角質のあるところの臓器に疲れが溜まっていたり弱っているという見方をするので、注意深く角質を観察すると、不思議なことに自分の悩んでいる症状と足裏の角質の関係がリンクしていることも。これは、角質が鎧の代わりになっていて、弱っている部分を守っているという見解なのです。

また、足裏の角質は、冷えの症状やリンパの流れが滞った結果ともいえます。むくみの症状が代謝の低下を招き、その結果皮膚のターンオーバーが遅くなり、角質がたまりやすくなります。
角質だけでなく、足のすねの皮膚が乾燥してカサカサして、白く粉をふいた状態になることもあります。かゆいからといって掻き続けるとさらに悪化させてしまいます。

つまり、これらの対策として、適したお手入れが必要なのです。

乾燥には保湿を

働く女性にとって必需品のストッキング。新しいストッキングをおろした時にすぐに伝線してしまうこと、ありませんか?
ストッキングを履くときにドキドキしてしまうような、かかとの重症ガサガサ状態の解消法は、まず第一に保湿をすることです。お風呂上りの、皮膚が比較的柔らかくなっている状態の時に、普段使いのボディークリームやオイルを塗り、ベッドに入るまで靴下をはいて、オイルやクリームを浸透させるだけでもだいぶ症状が和らぎます。

また、固くなった角質のお手入れには、尿素が効果的だといわれています。尿素には、タンパク質である角質(ケラチン)を分解する作用があるので、固くなった角質やガサガサに乾いた角質をなめらかにしてくれます。ただ、尿素入りのクリーム等を常用する場合は、症状や使用法により注意が必要です。購入時に薬剤師に相談するとよいでしょう。

おすすめアロマ精油

日本で売られているアロマ精油(エッセンシャルオイル)は、直接肌に塗ることができないため、基本はキャリアオイルに薄めて塗布します。

・ラベンダー、フランキンセンス、ローズウッドなど……肌の新陳代謝を促進する作用
・サンダルウッドなど……皮膚の軟化作用
・柑橘系の精油(柚子やオレンジなど)……冷えの症状を和らげる作用、角質タンパク質を分解する作用

キャリアオイル小さじ1杯程度(約5ml)に精油1滴をブレンドし、優しくすりこみながら足裏全体をトリートメントします。そうすることで血行の巡りがさらによくなるため、より効果的でしょう。

おわりに

もちろん中にはセルフケアで十分に解消できない事もあります。その場合は、フットケアのプロに頼んでみるとか、例えば角化症が進んで手におえない状態になった場合は、皮膚科のドクターに診てもらうか、その時その時で自分に合うお手入れのやり方を選択すればよいでしょう。まずは最初の段階として「セルフケアを丁寧に行う」ということを日々のルーティンに加えてみてはいかがでしょうか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
「足の裏見せて!」にいつでも応えられる足に♪角質を解消するセルフケアをマスターしよう!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

肌トラブルと胃腸の関係って?カラダを守るための内側からのケア

乾燥が深まる冬。冷たく乾いた空気が肌に触れると、乾燥などの肌トラブルなどの声が多く聞こえてくるようになります。基礎化粧品やコスメなど外側から荒れた肌をケアする前に、内側からのケアでもしっかり対策できるのです。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す