2016年12月7日 更新

シーズン到来!ブライダルゲストの洗練ファッション&メイクビューティーマナーの三か条とは?

シーズン到来!ブライダルゲストの洗練ファッション&メイクビューティーマナーの三か条とは?

あっという間に2月も終わり、春の足音が聞こえてくるシーズンの到来ですね。それとともに増えるのが結婚式や披露宴の招待状だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、ブライダル業界のプロでもある筆者が、一体どのような服装やメイクが他者とは一味違う洗練された美しさに見えるのかをお伝えします。

   

これだけは押さえておくと安心!ブライダルゲストのファッションNGマナーとは?

その1.全身白・全身ピンクはNGと心得よ

既に有名なルールですが、白はウェディングドレスの色、ピンクは花嫁がカラードレスとして好む色ですから避けるのが常識とされています。

また、遠目で白に見えるほど淡いペールカラーも避けましょう。
写真を撮った際には、ほぼ真っ白に写ってしまい冷や汗をかくことになりかねません。

当日は花嫁がもっとも美しく輝く日ですから、明らかに花嫁のドレスと被ると想定できる色は避けたほうが無難ですし、このルールは年配の方もよくご存知ですから、例えばもしあなたが新婦の友人なら、新郎のご親族から、あなたばかりでなく、新婦までその常識を疑われかねません。

ですが、どうしても着たいというときは、前が完全に閉じられるジャケットやボレロなどを着て、下半身のみ色が見えるようにすると、許容範囲となりますよ。
また、和装の場合は、白はやはり避けるべきですが、ピンク地はほとんど問題なくなります。

もちろん、ブライズメイドのカラー指定、ドレスコードとして白やピンクを指定されたときは例外ですから安心してくださいね。

その2.黒は必ず試着して購入し光り物を沢山あわせて着ると心得よ

黒色のドレスについてですが、実は二、三の意味であまりおすすめはできません。
一つ目は、黒は葬祭を思わせる色で華やかさにも欠けること、二つ目は古来より黒留袖は婚礼の日、親族が着る色だからです。

また、実は黒は布や縫製の違いなど、その品質が遠目にも素人にわかりやすいという特徴もあるので、もし選択の余裕があるならば、やはりそもそも避けるほうが無難です。

ですが、黒のシンプルなフォーマルドレスは一着あると便利なのもたしかですよね。
そこで黒のフォーマルドレスを選ぶコツ、着るコツを三つお伝えします。

・シルクなど明らかに光沢のある素材を選び、必ず試着をして自分の体型にしっかりと合うデザインを選ぶ
・顔まわりに光を集めるクリスタルやパール系のアクセサリーを多用する
・羽織るジャケット、ボレロ、ショールなどを明るい色にする

この三つを守っていれば、ブラックフォーマルドレスもブライダルの席で華やかに美しく着こなせますよ。

その3.ちょっと待った!夜なら肌を出してよいという説には落とし穴があると心得よ

よくある説として、出席する披露宴やウェディングパーティーの時間帯が夜ならば、肌の露出が多くてもOK、なぜなら欧州など西洋マナーでは肌の露出の多いイブニングドレスが正装だからという説がありますが、これは眉唾と考えてよいでしょう。

なぜなら本正装のイブニングドレスは、肩を出していても足元はロング丈、つまり全身を見たときの肌の露出バランスが取れているからこそ正装といわれているからです。

花嫁のカラードレスのようなロングデザインのイブニングドレスならば、たしかにオフショルダーやビスチェドレスも上品に仕上がりますが、招待された列席者がそのようなロングドレスを着ることはないはずです。
つまり脚も肩も出すことになり、TPOに合った装いとは到底いえないのです。

目安としては、日中ならば半そででもかまわないので、スリーブのあるひざ上程度までのドレスや、ノースリーブならば上質のサロペットのように足首まで隠れる装い、そして夜ならノースリーブでもかまわないですが、いつでも羽織れるジャケット・ボレロ・ショールを手元に用意しておくことが無難です。

またスカートスタイルの場合の丈ですが、ひざ上からひざ丈程度が適当です。
(購入時の目安として、身長160cmの標準体型の場合、着丈93cm以上はほぼ膝が隠れ、着丈90~92cm程度は膝にかかる程度、着丈89~88cmより短くなると膝上程度となることが多いようです)

膝が完全に出るようなミニスカートドレスは、1.5次会のように親族が列席しないようなカジュアルスタイルで着るほうが無難であると思っておいて間違いないでしょう。

オマケとして、靴もつま先があいていたり、バックストラップスタイルの、いわゆる肌が見えるものは正装ではありません。

招待状にウェディングパーティーと書かれていたり、1.5次会とされていたりする場合でなければ、パンプススタイルなどを選んだほうがよいと覚えておきましょう。
ちなみに、もちろん素足はNGです。ストッキングを必ず着用してください。

どうすればいい?ブライダルの洗練ファッション&メイクのちょっとしたコツって?

というわけで、さきにNG心得三か条をご紹介しました。
基本的にはこれをおさえておけば、後はご自身の好きな似合うものを選びながら、華やかにお祝いの気持ちをこめて装えばよいですが、ここではどうすれば一味違う洗練された装いに見えるのか、そのコツをお伝えします。

その1.長身ならばIライン・小柄ならばAラインを基本とし使う色は2色までとせよ

実はこの心得は、亡きダイアナ妃のファッションコンセプトが基になっていますが、ダイアナ妃の、正装ながらも自身のセンスも加味されたファッションは当時おおいに世界中の女性のお手本になりましたね。

実は筆者自身がブライダルの現場で様々な装いを観察研究してきた中でも、洗練された方はこのセオリーに当てはまっていたことが多く、まさにダイアナ妃のセンスには脱帽です。
そしてそのセンスは現代のファッションアイコンプリンセスであるキャサリン妃にも受け継がれています。

長身の方がAラインを着ると、既製品の場合は丈が合いにくくラインが崩れたり、スカートがふんわり膨らんだプリンセスラインは不要に大柄に見せてしまいます。
長身の方はそのスタイルを活かしたタイトで上品なワンピースなどがオススメです。
サロペットが最も似合うのもこのタイプの方ですね。

平均的な身長の方は裾が流れるように広がるAラインがよく似合います。
ウエストマークしていないワンピースなども着方次第で似合いますね。

小柄な方も同様にAラインが似合いますが、スカート丈が長すぎないよう気をつけることと、ウエストマークしていないものは、過度に可愛らしい印象になってしまいますから気をつけましょう。

また、使う色はメイン1色、サブ1色の2色までが無難です。
特に体の縦中心は濃い目の色1色で統一するとスタイルが良く見えますよ。

その2.服のデザインはシンプルにアクセサリーはコスチュームジュエリーを活用すべし

前の項に色は最大2色が無難と記しましたが、服に限っていうと、デザインがシンプルなものほど簡単に洗練されて見せることができ、デコラティブになればなるほど、おしゃれで洗練された印象にするためには、センスを要します。

逆にアクセサリーはコスチュームジュエリーのような個性的なデザインで目を引くものを顔まわりにあしらうと、とても洗練された上流な雰囲気を演出できます。

また、女性の本正装のアクセサリーといえば、ブローチです。
最近はブローチブーム再来の兆しがあり、お手ごろで可愛らしいブローチが手に入りやすくなっていますから、お気に入りの一品を選んでみるのもいいですね。

また、わざわざ買わなくても、お母様やおばあ様のクローゼットに眠っているブローチがあれば、つけ方研究のためにも借りてみるのもいいでしょう。
ブローチのデザイン次第ですが、2つ一緒につけても素敵ですよ。

その3.ブライダルゲストのメイクは「普段よりちょっとだけ盛る」が基本と心得よ

装いが華やかなのにメイクがいつもと同じでは、アンバランスで顔が服に負けてしまいますから、メイクもいつもよりほんの少し盛ることでバランスを取りましょう。

たとえば、肌が美しく見える下地を丁寧につける、アイシャドウはいつもより丁寧にぼかす、少しラメを取り入れる、リップはほんの少しいつもより色を足すなど、ほんの少し・ちょっとだけ盛る程度でOKです。

また、効果的なのはまつげへの心遣いです。
普段エクステをしていない方は、目じりに少し部分付けまつげをつけるだけでも目の表情が変わりますよ。

ヘアスタイルも同様です。
プロに仕上げてもらえればベストですが、セルフで行う際は、少し巻いた髪をハーフアップにするだけでも普段と違う美しさが演出できますよ。

いずれにしても、自分で行う際、重要なのは「ちょっとだけ」感です。
舞台に上がるわけではないのですし、近距離で見た人が違和感がない程度を心がけることが、成功の秘訣ですよ。

いかがでしたか?
春はお祝い事も増えてくるシーズン。
思わず笑顔になる幸せのおすそ分けの恩恵にあずかりながら、洗練された美しさを磨くきっかけにもしてくださいね♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
@みきてぃ
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

@みきてぃさんの新着コラム

by@みきてぃ

シーズン到来!ブライダルゲストの洗練ファッション&メイクビューティーマナーの三か条とは?

あっという間に2月も終わり、春の足音が聞こえてくるシーズンの到来ですね。それとともに増えるのが結婚式や披露宴の招待状だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、ブライダル業界のプロでもある筆者が、一体どのような服装やメイクが他者とは一味違う洗練された美しさに見えるのかをお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

byPapp Hideko

<新婚カップル編>調理&食事の時間が心地よいハンガリー家庭のこだわり食生活...

前回に続いて、ハンガリーの一般家庭のお宅を少しのぞいてみましょう。今回もまた、美を作る上で欠かせないキッチンダイニング、そしてリビングまわりの心地よいインテリアを見ていきたいと思います。

by辻岡 奈保美

資生堂から新ブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」誕生!メーキャップ...

9月21日(水)、資生堂より新ブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」誕生!「PLAYLIST」は「資生堂ビューティークリエーションセンター」に所属する約40名のヘア&メーキャップアーティストの経験やノウハウが活かされたブランド。資生堂は「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニ...

Nail

byPapp Hideko

ビューティー・フォーラム in ブダペスト Moyraほか展示内容について...

コスメ、ネイルを始め、美容にまつわるあらゆる製品やショップが出展する美の祭典Beauty Expo・Beauty Forumですが、ハンガリーの首都ブダペストではどのように開催されているのでしょう。ネイルブランドMoyraのブースをはじめ、同イベントで開催された展示レポートを前編に引き続き後編...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す