2016年12月7日 更新

顔の形で入れ方が違う!?正しいチーク術で魅力的な表情に

顔の形で入れ方が違う!?正しいチーク術で魅力的な表情に

メイクに欠かせないものの一つが、チーク。お顔の広い部分に塗るものだからこそ、表情を大きく左右するといえるでしょう。でも、もしかして「なんとなく」塗っていませんか?実は、顔の形によってチークを入れるべき場所が違うのです。あなたの魅力をもっと引き出せそうなチークの入れ方をレクチャーします。

なんとなくチークを入れていませんか?

お顔の表情を大きく左右するといえるチーク。
塗るのと塗らないのとでは、メイクの仕上がりが変わってきますよね。
それだけチークは重要なアイテムなのです。

でも、チークは塗るだけだから、となんとなく入れている方はもったいないですよ。
実は、顔型によってチークを入れるべき場所が異なるのです。

あなたのお顔は卵型ですか?
それとも面長ですか?
自分の顔型に合ったチークの入れ方をマスターしてみましょう。
あなただけの魅力を、もっと引き出せるかもしれません。

あなたは何型?顔型別チークの入れ方

卵型の方は王道チーク

卵型の方は、一般的な王道のチークの入れ方がよく似合うでしょう。
笑ったときに一番高くなる場所、頬骨の最も高い部分からこめかみにかけて、丸く斜めに入れましょう。
横幅は、目頭より1センチほど外側から黒目の外側辺りまで入れるのがベターです。

面長の方は下の位置に入れるのが肝!

面長の方は、卵型の方のように頬骨に入れると、縦長感が強調されてしまう可能性があります。
ポイントは、頬骨の最も高い部分より少し下の位置に入れること。
水平に、横長に、楕円形になるように塗りましょう。

黒目の下から横に長く入れると、お顔の横幅が出てキレイに見えます。
また、お顔の外側に入れてしまうと縦長で大きいお顔に見えてしまうので注意が必要です。

丸顔の方シャープな印象に

丸顔の方は、シャープな印象を作ると、コンプレックスを解消できるかもしれません。
入れる場所は卵型の方と同じで、頬骨の最も高い位置からこめかみにかけて塗るのですが、塗り方に注意しましょう。
幅を狭めて斜めに入れると、シャープに見えるようになりますよ。

頬の内側に太く入れてしまうとお顔が誇張して見える可能性があります。
スッと鋭角に、チークを入れてみましょう。

逆三角形の方は柔らかさを出してあげましょう

キツい印象に見られがちな逆三角形型の方は、チークで柔らかい表情に見せてみましょう。
頬の少し高めの位置に、広く大きく円形に入れてみましょう。
黒目の下部分、若干内側寄りから塗ると、柔らかく見せる効果が期待できます。

低めの位置に入れると、シャープな顎が強調されて、余計にキツい印象になるかもしれません。
元々丸みがある部分を活かしてチークを入れるのです。

ベース型の方はエラを上手に隠すこと

ベース型の方は、エラとこめかみが張って見えてしまいがちです。
それをチークで上手に隠してみましょう。

頬骨の高い部分から耳方向へ斜めに、楕円形になるように入れます。
エラ部分にチークを入れてしまうと、ベース型を強調してしまう可能性があります。
エラ部分を避けて入れ、優しい女性らしさを目指してみてはいかがでしょうか。

下膨れ型の方は輪郭を強調しないようにするのがポイント!

下膨れの方は、ベース型の方と同様に頬の横幅が気になりがち。
チークは、頬の少し高めの位置に入れるとよいでしょう。
目線が上にいって、下膨れが気にならなくなるかもしれません。

チークの形は、横長に入れてみるのがベター。
下膨れの方は、下側が気になってしまうので、上側にチークを広めに入れて、コンプレックスをカバーするのです。
逆に、頬の下の方に入れてしまうと、輪郭が強調されてしまうかもしれないので要注意です。

全ての顔型に共通するのはブラシに気を使うこと

チークを買うと、ブラシがセットされている場合があります。
しかし、付属のブラシは小さめで、ムラができてしまいがちなので、使いやすいブラシを買っておくとよいでしょう。

また、チークをブラシに取った後で、一度ティッシュオフするとよいです。
お粉がつきすぎたブラシで塗ってしまうと、立体感を上手く表現できずのっぺりとしたお顔になってしまうかもしれないからです。

ブラシ選びやブラシを使う際のひと手間で仕上がりが変わる可能性があるので、惜しまず実践してみてください。

自分の特徴を理解して上手にチークを入れましょう

顔型に不満や悩みがある方は多いのではないでしょうか。
メイクはそれを上手く隠すことができるツールです。

チークはお顔の広い部分に入れるものなので、顔型の見せ方を左右するといえるでしょう。
悩みを持っている方は、チークの入れ方を変えてみてはいかがでしょうか。
コンプレックスをカバーでき、あなたの魅力をもっと引き出せるかもしれません。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
顔の形で入れ方が違う!?正しいチーク術で魅力的な表情に
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by千葉 祐子

この秋は唇で魅了する♪唇ケア&リップメイク

秋色をメイクにとり入れるのにポイントとなるリップメイク。きれいなニュアンスを決定づけるのは健康的な唇です。トレンドのリップメイクを取り入れるなら普段、後回しにしがちなお手入れにも気を配ってワンランク上の仕上がりを目指しましょう!

by西田 彩花

目指すはゴールデンプロポーション!メイクで理想的な顔になれる方法とは?

全てのパーツのバランスが理想的だといわれる「ゴールデンプロポーション」。それぞれ顔の形やパーツの位置は違いますが、メイクでこのゴールデンプロポーションに近づくことができるのです。その方法をご紹介します。

by西田 彩花

ハイライトもシーン別に使い分けて!TPOに合わせた選び方・塗り方

顔をパッと明るくさせる効果があるハイライト。メイクに取り入れている方も多いのではないでしょうか。ハイライトは様々な種類があり、艶感や色味も、商品によって異なります。これからは、TPOに合わせてハイライトを選び、塗り方も変えてみませんか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す