2016年12月7日 更新

お肌の老化をストップ!注目したい「抗酸化」ともう一つの大切なケア

お肌の老化をストップ!注目したい「抗酸化」ともう一つの大切なケア

シミやたるみ、くすみなど、気になる肌老化を引き起こす原因の内、8割は「酸化」といわれていることはよく知られていますが、抗酸化にばかり気を使うのではなく、残りの2割にも目を向けてもう一つ合わせて行っておきたいケアがあります。食事などの生活改善からその対策法をご紹介します。

肌老化の原因の8割が紫外線なのは有名な話ですが…

紫外線によるお肌の酸化が老化の原因の一つといわれ、「抗酸化」を目的として熱心にケアをしている方はとても多いと思います。
しかし、この「抗酸化」と密接に関係しているもう一つのケアを行うことでさらなる効果が期待できます。

それは「お肌が焦げる老化」といわれる「糖化」を防ぐこと。
「抗糖化」ケアを同時に行うことで抗酸化力も高まり、また、肌老化の原因である残り2割もカバーすることができるのです。

「糖化」現象とは、簡単に説明するとタンパク質や脂肪が「糖」と結びついて劣化する反応のこと。
炭水化物やお菓子などの糖分を摂り過ぎていると余分な糖が体に蓄積され、シワ・たるみなどの老化現象、乾燥、しみ、黄くすみ、ニキビなどの肌荒れなど様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

ではこの糖化、どのように解消し、ストップさせればよいのでしょうか?

① 糖質の摂取量やタイミングに気をつける

まずは、炭水化物やスイーツが好きな方はとにかくその摂取量を減らすこと!
炭水化物を摂りたければパンやパスタなどは極力避け、栄養価の高い玄米などを摂取するようにしましょう。
また、お菓子を控えても、実はあまり甘さを感じないアイスやジュースなど冷たいものにも大量の糖分が…。
果物の果糖の場合ビタミンや食物繊維も一緒に摂取できるので、どうしても甘いものを食べたいときは果物を選ぶのがおすすめです。
そして、血糖値を上げないようにお食事のスタートはお野菜から食べること。これだけで糖の吸収が穏やかになり糖化を抑えることができます。

② タンパク質やビタミンA・C・Eを積極的に摂取する

コラーゲンの主成分であるタンパク質(卵、肉、魚など)、コラーゲンを合成させるのに必要なビタミンC(イチゴ、キャベツ、チンゲン菜など)の摂取で糖化に負けない丈夫なコラーゲンを作ることが大切。
肌老化を促進する血行不良にはビタミンE(鰻、ナッツなど)、肌荒れ解消にはビタミンA(人参、レバーなど)を摂取しましょう。

③ 運動をする

糖質の摂取がどうしても避けられない場合は運動することが大切です。運動を行うことで糖がエネルギーとして消費されます。糖を積極的に燃焼してくれる、筋トレなどの無酸素運動がおすすめです。


炭水化物や甘味料など、日々の食卓に当たり前のように並ぶ糖質。なかなかこれを0にするのは難しいですが少しの心がけと摂取のタイミングを見直すことで糖化は抑えることができます。ぜひ今日から糖化をストップさせ、老化知らずのお肌を手に入れましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
美容家・エステティシャン トータルエステティックサロン、美容整形外科インストラクターを経て、自身のサロンをオープン。 痩身をメインに『結果を出す』サロンとして会社員からモデル・芸能人まで、幅広い顧客のニーズに応えるかたわら、心理士として「美」を保つためのメンタルケアも行っている。 日本ホリスティックセラピストアカデミー マタニティセラピスト取得 日本能力開発推進協会ダイエットインスト...
お肌の老化をストップ!注目したい「抗酸化」ともう一つの大切なケア
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

上原 桃子さんの新着コラム

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by大島 有希

気をつけて!その習慣がブスのもと!?知っておきたいブルーライトの肌影響

このごろよく耳にする「ブルーライト」。パソコンや携帯から出る青い光のことで、目を疲れさせてしまうからと、ブルーライトカットの眼鏡なども多く販売されています。 実はこのブルーライト、目だけではなく、肌の老化も進めてしまうことはご存知ですか? 毎日使わないことのないパソコンや携帯。今回は、私た...

Skin Care

by坂口直子

肌と体のターンオーバーを促進させて化粧品の効果を高める方法とは?

どんなに優れた化粧品でも、効果を実感できるかどうかは自分次第。体の外側と内側との両方からアプローチして、ターンオーバーを促進させ、化粧品の効果を最大限に感じることができるようにお肌や体を整えましょう。

by花田 真理

正しく使用しないと危険がいっぱい!まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の正しい使い方...

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液は名前のとおり、まつ毛に使用する商品です。 使用する分には問題ありませんが、使い方を間違えると危険が潜んでいる商品です。 今回はその危険にさらされないようまつ毛ケア商品の使用方法と注意点についてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す