2016年12月7日 更新

下腹部のポッコリが気になる方必見!(その1)丹田を締めるコツと効果とは?

下腹部のポッコリが気になる方必見!(その1)丹田を締めるコツと効果とは?

体の姿勢を整えるパーソナルトレーニングを行っているとき、マダムの一番の悩みの中に「ウエストまわりの増加」が挙げられます。ウエストまわりが増えるということは、つまり丹田がゆるゆる。いくらでも食べ物が入り、内臓が下垂してしまうという結果に。そこで、いったん丹田を締めるコツをつかんでしまえば、骨盤が締まってウエストが年々肥えることを抑えられます。また、年齢を重ねますと、体全体が縮んで骨盤の位置が変化することで、お腹がポッコリとでてきてしまうということも起こります。でも、この二つの「老化」を阻止すべく今日からしていただきたいことは意外と簡単。ただし毎日続けないといけないという難しさがあります。

絞りたいなら丹田締めずにどこ締める?

筆者のところには、「なにをやっても太って困るのよ!」と嘆いてお越しになるマダムたちもおられます。
そこで、「丹田」を締めるコツをレクチャーするのですが、あまりの簡単さに本当にほかの運動はしなくていいのか、と不安になる方も多いです。

ですが、もちろんほかの運動を否定するわけではないですが、まずは徹底して丹田を締めるコツをつかむ呼吸をなさってみてください。

丹田ってどこの部分?

お腹の筋肉は4層構造になっているのはご存じですか?
一番下にあるのが腹横筋、その上にあるのが二つの腹斜筋、そして一番上が腹直筋。

人は年を重ねると、どんどん一番下にある腹横筋を使うことを忘れてしまいます。
ほんの少しの小さな筋肉ですが、呼吸法で呼び起こしていきましょう。
この腹横筋の下の部分が、すなわち「丹田」なのです。

筋トレとは違う腹横筋エクササイズ

まず、膝を立てて仰向けで寝ます。
そして足を床から数センチ離すだけ。

「え、これだけ?」と思った方は、実際に行ってみた際に、お腹の上に手をあててみてください。
お腹がぺたんこの状態で足を上げることができるでしょうか?

ポッコリお腹(腹直筋)が上がってしまう方は呼吸でコントロール

年齢を重ねていけばいくほど、重力にしたがって内臓は下がっていくものです。
ですが、腹筋の中でも一番奥にある腹横筋をきゅっと締められれば、ポッコリお腹を防ぐことは可能です。呼吸でお腹をペタンコにしながら、なるべく腹横筋を使って、もう一度足を上げてみましょう。

腹筋ベルトを身につけてポッコリお腹回避

「腹筋ベルトを身につける」というと、販売されているダイエット器具のように聞こえますが、要するに、先述した「締まった腹横筋」のこと。

腹横筋自体は薄いものなのですが、内臓をしっかり包みこむ膜がセットになっています。
この筋肉を締めるコツをつかんでしまえば、内臓が前に出てきてしまったり、あるいは下がってポッコリと下腹が出ることがなくなるのです。

骨盤も締められます!

骨盤の中でも「腸骨」という部分は、年々開いてしまうといわれている部分。
つまり、腹横筋が使われなくなることで内臓が下がり、脂肪がつき、そして血液の循環が悪くなった結果、どんどんお腹まわりにぜい肉がたまってきてしまうのです。
なので、それを内側から締めることができる「丹田(腹横筋)」をぜひ目覚めさせてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
アウェイク鎌倉主宰 ヨガインストラクター ラフィール代官山パーソナルトレーナー
下腹部のポッコリが気になる方必見!(その1)丹田を締めるコツと効果とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

橋本はづきさんの新着コラム

Body Care

by橋本はづき

長袖で見えないからって油断してませんか?冬こそ二の腕を引き締めておきましょう!

厚着の季節ほど油断してしまい二の腕から背中のラインがだぶついてしまうのではないでしょうか。寒い季節は背中が丸まってしまいがち、だからこそ代謝が落ちて背中のお肉が一層増えるのです。来年の薄着の季節にあせらないように今から代謝もアップする、肩や二の腕のラインを美しくするエクササイズはじめましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by森田 博美

翌日には-1kg!?「湯治」という古代からの民間療法の美容効果とは

湯治(とうじ)とは、温泉地に一定期間滞在して特定の疾病を温泉療法で改善していくという平安時代から行われている民間療法です。ここ最近その効果が見直され、健康だけでなく美容にも素晴らしい効果があることがわかってきました。その効果についてお話します。

Body Care

by石本 哲郎

プロが伝授!女性が自宅で行う筋トレの効率を10倍にするコツ!

女性は男性に比べて筋力が弱く、また普段から運動する機会も少ないため、いざ思い立って筋トレをしても思うような効果が得られないことが多いですよね。そういったときに必要になるのが、ポイントをおさえたトレーニングです。ここでは、自宅で行う筋トレの効率を10倍上げるコツを、ボディメイクのプロが伝授します!

Body Care

by二木 ひろえ(ヤスミン)

毎日できる簡単な「あること」で魅惑のしなやかボディを手に入れよう!

女性らしいボディラインを目指すためには、骨盤を中心にしたエクササイズやヨガのようなインナーマッスルを鍛えるボディワークがおすすめです。 けれど、それは十分に分かっていても、忙しくて運動する時間がない!というあなたに朗報です! 実は、毎日できる簡単な「あること」をするだけで、体は劇的に変化す...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す