2016年9月6日 更新

【アーユルヴェーダ診断】あなたはどのタイプ?タイプ別キレイになれる秘密のレシピ

【アーユルヴェーダ診断】あなたはどのタイプ?タイプ別キレイになれる秘密のレシピ

アーユルヴェーダとは、約6000年もの間、古代インドから脈々と受け継がれてきた美容・健康・生き方のための叡智です。それには、病気にならない身体を作る、病気を治す、といったいわゆる「医学」的な側面はもちろんのこと、自分本来の美しさを認識し、さらなる美しさに近づくためのメソッドが詰まっています。今日はアーユルヴェーダが提唱する美しさとそのアプローチ方法をわかりやすくご紹介します。

◆アーユルヴェーダでみる3つのタイプとは?

AYURVEDA

アーユルヴェーダでまず最初に語られるのが「トリ(=3つの)ドーシャ(生命のエネルギー)」です。

宇宙は、オームと呼ばれる微細な振動から生まれ、そこから空が生まれ、空に動き(動)が加わり風になり、風に熱(激)が加わり火となり、火に重たさ(重)が加わり水が生まれ、水に闇(暗)が加わり地が生まれました。

そうして、空・風・火・水・地の五元素が生まれ、それらが万物、たとえば人の身体や心はもちろん、時間や季節、物質や状態を生み出したといわれています。

アーユルヴェーダでは、それらを組み合わせ、空・風の性質をヴァータ、風・火の性質をピッタ・水・地の性質をカパと呼んでいます。

人それぞれこのトリドーシャのバランスは様々で、季節にも応じて常に変化しやすいこのドーシャバランスをその時々で観察しながら、生まれながらのその人が、もっともその人らしいところに戻るためのきめ細かい処方が行われるのです。

実は、これを知っているのと知っていないのとでは、食べ物の栄養効果も、ダイエットの効果も、すべてが大きくかわってくるのです。

◆「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」それぞれの特徴とは?

ヴァータ:空・風の性質と特徴

Understanding the Effects of Wind and Weather for Shooting Accurately - Spotter Up

ヴァータ(空・風)の性質から想起するとわかりやすいのですが、風は冷たく、乾いており、いつも絶えず動いています。そのため、乾燥していたり、荒々しい特徴の軽・冷・乾・荒・動の性質から成っています。また、不規則、変動性という特徴もあります。

・体格:全体的にやせ形の方が多い。極端に背が高かったり、低い人もこのタイプ。
・性格:
(良)活動的、好奇心旺盛、創造的/独創的、柔軟
(悪)飽きっぽい、落ち着きがない、優柔不断、影響を受けやすい

ピッタ:風・火の性質

The Data Center JournalData Center Facilities And Protecting Them From Fire Hazards - The Data Center Journal

ピッタ(風・火)の性質から想起されるとおり、火は熱をおび、激しく、移り気で、時に攻撃的です。それは熱・鋭・流・変・液風としてあらわされ、体格や身体的特徴、性格にも表れてきます。

・体格:中肉中背で標準的な体型。女性の場合はグラマラスな体型の人も多いのがこのタイプ。肌は温かく、柔らかく、つやがいいのも特徴。体は柔軟で手足の関節も柔らかい。暑さに弱く、汗っかき。
・性格:
(良)情熱的、知的、集中力が高い、チャレンジ精神旺盛、リーダーシップを発揮
(悪)過集中、完璧主義、自分にも他人にも厳しい、手厳しい、攻撃的、見栄っ張り

カパ:水・地の性質

Water Splash free Desktop Wallpapers

カパ(水・地)の性質からもわかるとおり、何者にも揺らがない安定感があり、穏やかなのが特徴。重・冷・遅・油・緩であらわされる。

・体格:一般的に体格がよく、大柄/骨太。食欲旺盛で太りやすい。肌は色白でツヤがあり、しっとり冷たく滑らか。目が大きく、まつ毛も長い。歯も大きく、歯列もキレイに整っている。
・性格:
(良)穏やか、慈愛に満ちており、献身的で尽くすタイプ。持久力がある、我慢強い、物事をコツコツと辛抱強くやり通す
(悪)おおざっぱ、鈍感、執着が強い、のんびりマイペース

◆タイプ別キレイになれる秘密のレシピ

いろんなことでいっぱいっぱいになってしまうヴァータさんへ♡

3 Tips to Flatulent Free Living:

頭がくるくる回転して、色々なことが気になるヴァータさん。
気配りに疲れたり、やらなきゃいけないことに追われていっぱいっぱいになったら、ふと立ち止まることが大切。

地に足をつけて、大地のエネルギーを感じてください。
食事もスナックや葉物のお野菜ではなく、どっしりと大地のエネルギーがいっぱいつまった根菜やチーズやヨーグルトなどの重めのもの、体を温める素材の生姜やピリッと辛みのあるもの、どっしりとした安定感のあるものを食べることがおすすめ。

太白胡麻油を少し火にかけて温めて人肌に冷まし、オイルマッサージをするのも効果的です。いつも色々な人に向けてる関心を自分自身に戻してあげることで、心も体も安定させてあげましょう。

いつもがんばり屋の情熱的なピッタさんへ♡

The top 25 healthy fruits

いつもがんばり屋のピッタさん。
ピッタさんを助けてくれるのはのんびり、どっしりした「水・土」の性質をもつカパのものと、カーっとなった炎を鎮めてくれる「空・風」の性質をもつヴァータのもの。

ついいつもの癖でがんばりすぎてしまうからこそ、自分にも他人にも厳しくなっちゃうけど、そんなあなたに必要なのは、ゆったりのんびりすること。
いつもよりも少しぬるめのお湯に、好きな香りのアロマを垂らし、ゆったりした気持ちでのんびりすること。

カーっとさせるような辛めの食べ物は今日は我慢して、消化にいい甘味のある優しい味のものをゆっくり食べてみてください。
また、朝のフルーツは体も心も軽くしてくれるはずです。

めんどくさがり屋でのんびりなカパさんへ♡

穏やかでのんびりマイペースなカパさんも、たまに色々なことが面倒くさくなったり、億劫になったりと投げ出したくなるときがあるかもしれません。

そんなカパさんを助けてくれるのは、活動的なエネルギーをもつ「空・風」の性質をもつヴァータのもの。
そして、やる気を出させて突き動かしてくれる「風・火」の性質を持つピッタのもの。

動きたくない、やる気がない、なんだか気分が落ち込んでしまう…そんなときは、思いきって窓を開け放ち、お部屋の大掃除をしたり、着なくなったお洋服を処分するというのも、「動」の作用を働かせ、淀んだ色々なものを流してくれるので効果的。

いつもより1駅手前で降りて歩いたり、お散歩がてら少し遠回りして歩いてみるのもいいですね。
また、体が冷えやすい今の時期は特に、しっかり温めてあげることも大切です。
甘いものは避け、玄米や葉物のお野菜など軽めのものを腹八分目とることで、気持ちも身体も軽くなります。

最後に

アーユルヴェーダでは、トリドーシャ(3つの性質)で身体や心、物質や状況を読み解いていきます。3つのうちのどれかが極端に高まってしまい悪さをしたら、それ以外の性質で中庸させる、そんな風に古代インドに伝わる叡智を使って人々はバランスをとっていたのでした。

今日も、ご自身の心の声や状態をよく観察して過ごすことができますように!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Ayurveda and Yoga sAra主宰 アーユルヴェーダカウンセラー/ヨガインストラクター/ヒーリングセラピスト Myra Lewinに師事、ラージャヨガとアーユルヴェーダを学ぶ 全米ヨガアライアンスRYT200保持 the National Ayurvedic Medical Association (NAMA)正会員 大学卒業後、大手広告代理店にてマーケティング...
【アーユルヴェーダ診断】あなたはどのタイプ?タイプ別キレイになれる秘密のレシピ
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

sAraさんの新着コラム

Body Care

bysAra

知ってた?夏こそ要注意!すぐにはじめられる3つのむくみ対策

男性に比べて女性の方かむくみやすいと言われていますが、特に夏場と冬場は、カラダのむくみが顕著に出る「むくみシーズン」だということ、ご存知でしたか?万年むくみ=デブのはじまり、なんていう人もいますが、むくみが定着すると見た目にも気分としてもよくないですよね?今日は、そんなあなたに今すぐはじめられる3つのむくみ対策をご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by西田 彩花

寝るときにブラジャーつけていますか?「ナイトブラ」で美バストを手にいれましょう

寝るときにブラジャーをつけていますか?「ナイトブラ」は、女性にとってとても大切なもの。その必要性や選び方をご紹介します。

Body Care

by齊藤 みゆき

歩くことを味方につけて「体も心もスッキリ!」を目指そう

この時期は三寒四温といい、寒い日と暖かい日が7日周期で、寒暖を繰り返しながら春に向かっていくといわれています。温かい日はよいとして、寒い日に外出するのは億劫だったり面倒に思うこともありますよね。意識して動かないと運動不足になりがちなこの機会に、ウォーキングを意識してみませんか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す